このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

スティッキートフィープディングってどんなデザートか徹底解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年4月 3日

スティッキートフィープディングは、イギリスを代表する伝統的なスイーツである。文字通りスティッキー、つまりねっとりとした食感が特徴だ。どっしり系が多いイギリスのスイーツの中でもとくに国民に人気がある。またキャサリン妃の好物としてもよく知られている。ちなみに、プディングといっても、日本のプリンのようなものではないという。いったいどんなスイーツなのだろうか。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スティッキートフィープディングとは?

スティッキートフィープディングは、日本では目にすることが滅多にない。初めてその名前を目にした人も多いだろう。名前からすると、とにかくコテコテで甘すぎるくらいのデザートが想像されるかもしれない。じつは意外と素朴なもので、一言でいえば、デーツ(なつめやし)を使った蒸しケーキである。その上に、茶色い、ねっとりとしたトフィーのソースがかかっている。
形は自由で、丸や四角の小さなケーキ型で作られることもあれば、大きく作ったものを切り分けられることもある。またこのケーキは、バニラアイスクリームとの相性がよいようで、添えられていることがよくある。カスタードクリームがかかっていることもある。イギリス国内では、パブなどで気軽に食べることができる。
デーツを使ったデザートというと、意外に思うかもしれないが、イギリスでは身近なもの。日本で売っているようなしっかり乾燥したデーツだけではなく、半生で要冷蔵のタイプも販売されている。
ちなみに、イギリスでは、スイーツ全般のことをプディングと表現することが多い。そんな習慣も一緒に覚えておこう。

2. スティッキートフィープディングの作り方

現在、スティッキートフィープディングのレシピは多種多様である。ケーキの甘みをつける甘味料だけで見ても、ブラウンシュガー、糖蜜、メイプルシロップ、ゴールデン・カスター・シュガー、黒糖などさまざまだ。ここでは、基本的な作り方を見てみよう。
  • 粗めに刻んだデーツを水と一緒に煮てペースト状にする
  • バター、砂糖、卵、薄力粉、ベーキングパウダーでスポンジのケーキ生地を作り、1のデーツのペーストと混ぜ合わせる
  • 型に入れたら、オーブン皿に湯を注ぎ、ケーキを蒸し焼きにする
  • ソースは、生クリーム、砂糖、バターを鍋に入れ、火にかけて作る。褐色になってとろみがつくまで、かき混ぜながら加熱する
  • 焼き上がったスポンジ生地に温かいソースをかけて、できあがり。カスタードクリームをかけるか、バニラアイスクリームを添えると味わいにバリエーションがつく

3. スティッキートフィープディングの発祥について

スティッキートフィープディングの発祥については諸説ある。よくいわれているのが、ピーターラビットで知られる湖水地方だ。その中で有力なのが2説あり、ひとつはカートメルという町の「ヴィレッジショップ」が初めて作ったというもの。もうひとつが「シャロウ・ベイ」というホテルのシェフが生み出したというもの。最近では、1971年に出版されたほかの地方のシェフのレシピに載っていたとか、じつはカナダ発祥という説まで飛び出している。いずれにしても1970年代生まれと歴史が浅いようである。

結論

今回は、イギリスでは大人気のスイーツを紹介した。スティッキートフィープディングは、よく干し柿と似ているといわれる食感と風味を持つデーツが入っているので、日本人にも違和感のない味だといわれる。現地では、パブで食べるのがおすすめだが、お土産にするなら、スーパーで手に入れることができる。食べるときは、レンジで温めて、そのねっとりとした食感をしっかり再現させよう。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ