このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カロリーも忘れる美味しさ!ブルターニュのお菓子「クイニーアマン」

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年3月11日

フランス北西部・ブルターニュ地方は、「美食の宝庫」と呼ばれている土地だ。そのブルターニュ地方で生まれたお菓子「クイニーアマン」を知っているだろうか?日本でもあちこちで手に入るが、自分で作るとまた格別の味だ。バターをたっぷり使っているのでカロリーも少々気になるお菓子だが、まずはその背景と魅力を探ってみよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. クイニーアマンの由来は?

「クイニーアマン」というお菓子の名前を聞いて、「女王のような恋人」の意味だと思っていた人がいるそうだ。なるほど「アマン」はフランス語で「恋人」のことだが、「クイニー」とは?こちらはどうやら、「女王」の「クイーン」を頭の中で勝手に形容詞のような形に変化させていたらしい。もちろんこんな英語はないし、あったとしても「英語+フランス語」という組み合わせの単語はそうそうないのではないだろうか?
「クイニーアマン」とは、ブルターニュ地方の古来の言語であるブルトン語で「バターのお菓子」という意味である。「クイニー」が「お菓子」で、「アマン」が「バター」だ。だが、何の偶然か、「クイニー」の「kouign」はドイツ語で「女王」を示す「Königin」に似ていないこともない。しかし、このお菓子を形容するのに「女王のような恋人」というのは言い得て妙かもしれない。なぜかと言えば、「私はこんなに美味しいのよ!だから、カロリーなど気にせず心ゆくまで食べなさい」という高飛車な感じが漂う点だろうか。この「カロリーなど気にせず」という毅然とした態度が、いかにも女王らしいではないか。
フランス最大の半島であるブルターニュ地方は、海の塩も名産品の1つだし、放牧も盛んで、高品質の乳製品が生み出されている。その結果だろうか、ブルターニュではお菓子作りにも有塩バターが多用される特徴がある。バターの成分はほとんどが乳脂肪であるだけに、カロリーが高いのは当然だ。だが、カロリーが高いだけで栄養価の低いジャンクフードなどと違って、バターは栄養価も高いので、やみくもに遠ざけるだけではもったいないだろう。クイニーアマンにしても、そのカロリーを恐れることなく、恵みの栄養を堂々と受け取ろう。

2. クイニーアマン×ナッツは高カロリーだけど相性は抜群!?

日本に紹介された当初は、プレーンな味のものしか見当たらなかったクイニーアマンだが、その知名度が上がるにつれてバリエーションも増えてきた。生地にゴマや紅茶、フランボワーズやピスタチオなどを練り込んだもの。カスタードクリームやホイップクリームはもちろん、クリームチーズに各種ジャム、サツマイモのあん・リンゴのフィリング・イチゴソースを詰めたクイニーアマンなど、まさに百花繚乱。気のせいか、いっそう高カロリー化しているような感じもする。
中でも、特にクイニーアマンによく合う組み合わせがナッツだ。クイニーアマンのカリッとしてクニュッとした食感に、ナッツの香ばしさが合わさると、より変化がついて豪華にもなる。ナッツが加われば当然、カロリーも増すが、「カロリーなど気にせず心ゆくまで」食べたくなるだろう。

3. クイニーアマンはアレンジでカロリーオフできる?

クイニーアマンを一から手作りしようと思えば、それなりに手間がかかるが、いつものフレンチトーストをクイニーアマン風にアレンジすればラクだ。それに、こちらの方がカロリーも多少低くて済むだろう。まだクイニーアマンを知らない子どもに、このフレンチトーストを食べさせて、子どもが気に入れば本格的なクイニーアマン作りに挑戦してみてくれるよう仕向けるのも1つの手である。日々のおかずは引き受けていることでもあるし、お菓子作りは子どもが担当してくれたら嬉しいし助かる。
クイニーアマン風のフレンチトーストの作り方は、そう難しくはなく、フレンチトーストのでき上がり間近の段階で、キャラメリゼするだけで完成だ。キャラメリゼとはクレームブリュレやクレープシュゼットでもおなじみの技法で、砂糖を焦がしたり煮詰めたりして苦みや風味を出すものだ。ただし、やり過ぎると焦げ過ぎて、苦みがつくどころか「ただ苦い」だけになってしまうので、多少の慣れも必要である。フライパンにいっぱいのフレンチトーストをいっぺんにキャラメリゼして全滅させてはもったいないので、初めて挑戦するときは一切れ、二切れから始めよう。カロリーが気になる方は、キャラメリゼしない普通のフレンチトーストを選べる点も、家族みんなで食べるにはよい。
クイニーアマン風フレンチトーストにバニラアイスを添えた、写真のようなデザートもよいものだ。ただのフレンチトーストなら「おやつ」という感じだが、こうしてアレンジすると十分おもてなしのデザートになる。その分、カロリーがアップすることには、この際目をつぶろう。料理に手を取られてケーキを買いに行く時間はないし、お客がケーキを手土産に持ってきてくれるだろうと思っていたら、ケーキ以外のもので困ったという経験のある方はいないだろうか?そんなときでも、この「フレンチトースト クイニーアマン風」のデザートなら、冷凍食パンですぐに作れて便利だ。

結論

とても美味しいクイニーアマンを食べるときくらいは、カロリーを気にするのはやめよう。ナッツをプラスしたりアイスクリームを添えたりすれば、さらにカロリーは増すが、美味しさも倍増する。できあいのお菓子よりも手作りの方がヘルシーと考え、作って食べるときは堂々と食べたい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ