このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

生クリームはデリケートで腐りやすい!賞味期限はどのくらい?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 平原あさみ(ひらはらあさみ)

2019年5月21日

スイーツやケーキ作りに欠かせない生クリームやホイップクリーム。生クリームとホイップクリームは同じものだと思っている人も多いのではないだろうか。ここでは意外と知らない生クリームとホイップクリームの違いやそれぞれの賞味期限、そして保存方法について紹介していきたい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 生クリームとホイップクリームの違い

・生クリームとは?

まずは生クリームとホイップクリームの違いについて見ていこう。生クリームとは、動物性脂肪を原料としたもので、生乳のみを使用している。生乳から乳脂肪分だけを遠心分離機で取り出し、濃縮して作られるのが生クリームだ。

・ホイップクリームとは?

一方で、ホイップクリームとは植物性脂肪を主な原料とした生クリームの代替品のことを指す。なかには、動物性脂肪に植物性脂肪を加えたものや、植物性脂肪だけのものもある。ホイップクリームは生クリームと異なり、乳化剤や安定剤などの添加物が含まれていることが多いのも特徴だ。

・味の違い

生クリームは口当たりがよく、風味をしっかり感じることができる。ホイップクリームは、生クリームに比べるとあっさりして旨味に欠けるが、これは好みの問題でもあるだろう。ホイップクリームは生クリームに比べて安価であり、家庭でよく使用されている。

2. 生クリームの賞味期限はどのくらい?

生クリームは添加物を使用していないため、賞味期限が短いというのが特徴である。未開封のものでもだいたい10日前後となっており、一度開封してしまうと一気に劣化が進み2~3日で使い切らないといけない。生クリームの取り扱いは牛乳と同じようなものと考えておくとよいだろう。

3. ホイップクリームの賞味期限はどのくらい?

ホイップクリームは生クリームと異なり、添加物が含まれていることが多い。賞味期限が長いため、日持ちするのがポイントである。ホイップクリームは開封前であれば1か月程度のものがほとんどだ。しかし、開封後は品質が劣化していくため、2~3日で使い切るように注意しよう。

4. 生クリームを長く楽しみたければ、ホイップして冷凍しよう!

お菓子や料理に使う生クリームだが、なかなか使いきれず捨ててしまった経験がある人もいるのではないだろうか。しかし、連日でお菓子作りをすることはあまりなく、料理に使う量もそれほど多くはない。どのように使おうか悩んでいたら、とりあえず冷凍してしまうことをオススメしたい。

・冷凍するときのポイント

まず、生クリームを冷凍するときのポイントは、ホイップしてから冷凍することである。ホイップしてから冷凍しないと、油分と水分が分離して泡立てることができなくなり、結局は捨てることになるかもしれない。

・冷凍したホイップの使い道

砂糖を入れてホイップを作ると解凍してもなめらかである。そのままスイーツのデコレーションに使ったり、コーヒーやココアに浮かべたりするのもおすすめだ。砂糖を入れずにホイップしたものは、口当たりがぼそぼそして形状が悪くなるので、スープやシチューなどの加熱調理に使用してみよう。

・おすすめしたい保存容器

冷凍保存する場合は、密閉したタッパや袋に入れて空気に触れないように保存しよう。生クリームの水分が蒸発したり、他の食品の匂いを付けないためである。シリコントレーや製氷皿に入れて取りやすくする方法もある。クッキングシートの上に1つずつ絞り出し、バットの上で冷凍してから袋に移すという方法もおすすめである。

結論

生クリームとホイップクリームの違いについてお分かりいただけただろうか。賞味期限でいえば開封前は生クリームとホイップクリームで大きな差があるものの、一度開封してしまうとどちらもすぐに使い切らなければならない。生クリームを長く楽しみたいのであれば、ホイップにして冷凍するという方法がおすすめだ。ホイップして冷凍保存をしておけば、お菓子作りや料理の幅が広がるだろう。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ