このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

遊園地でも人気のおやつ!絶品チュロスの美味しい食べ方

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年5月 1日

チュロスは、星形の細長円柱状で、表面にシナモンシュガーがふんだんにかかっているスイーツ。冷凍チュロスが絶品と話題となったことでも注目を浴びているスイーツである。チュロスは、食べ方を少し工夫することで、ひと味違った絶品チュロスを楽しむことができる。今回はチュロスの本場であるスペインと日本の食べ方の違いや、チュロスの美味しい食べ方について紹介していく。

1. 人気スイーツ、チュロスの特徴とは

チュロスはスペイン発祥で、昔からスペインの定番スイーツとして食べられていた。
日本では映画館や遊園地などで販売されており、定番というより少し特別感のあるスイーツという位置付けだ。日本では、チュロスにシナモンと砂糖が混ぜられたシナモンシュガーをまとわせて食べるのが一般的。しかし本場のスペインでは、チョコを溶かしたホットチョコレートに付けて食べることが多い。また、日本ではスイーツとしてのみ食べられているチュロス。しかしスペインでは、スイーツとして以外にも、お酒などの飲み会の席の〆の一品としても食べられている。

2. 海外では短い?チュロスの切り方

日本で食べられているチュロスは、長い棒状をしている。しかし本場のスペインでは、円のような形状をしており、日本のチュロスと少し形状が違う。またスペインでは、15㎝程度に短くカットされたチュロスが提供されるところもある。日本のチュロスと違い、チョコレートに付けて食べたり、ほかの食材と一緒に食べたりすることもあるため、短いほうが食べやすいそうだ。
日本でもスペイン風の切り方を真似て食べてみてもいいかもしれない。

3. 日本で浸透していない!チュロスの美味しい食べ方

日本ではシナモンシュガーを付けて食べるのが一般的なチュロスだが、海外ではいろいろな食べられ方をしている。ここでは日本にはまだあまり浸透していない、チュロスの美味しい食べ方について紹介していく。

・チョコレート

スペインでチュロスを食べるときの定番ともいえる食べ方。冬はホットチョコレートに付けて身体を温めながら食べる。多くの国々でも愛されている食べられ方だ。

・カスタード

カスタードクリームに付けながら味わう食べ方。少し甘みのあるチュロスにカスタードはまさに最高の相性といえる。カロリーが高くなりすぎるので注意が必要だ。

・生クリーム

ケーキのように生クリームや、フルーツをのせる食べ方。生クリームの甘み、フルーツの酸味などが合わさり絶品となる。

4. ダイエット中でも大丈夫!チュロスのカロリーオフの食べ方

日本のチュロスはシナモンシュガーをふんだんに使用するため、どうしてもカロリーが高くなってしまう。ここでは、ダイエット中でも美味しく食べることができるチュロスの食べ方について紹介していく。

・ノンシュガーチュロス

チュロスにつけるシナモンシュガーを取り除くカロリーオフの食べ方。甘みは少し減ってしまうが、チュロス本来の味を楽しむことができる。本場スペインのチュロスもシナモンシュガーを付けない食べ方なので、本場のチュロスを楽しんでみてほしい。

結論

さまざまな食べ方を楽しむことができるチュロス。シナモンシュガーやチョコレートを付けて食べるのは絶品ではあるが、摂取カロリーが高くなってしまう。1日に何個もチュロスを食べたり、頻繁に食べたりすることは避けたほうがよいだろう。前後の食事も考えチュロスを食べてほしい。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ