このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【管理栄養士監修】チュロスのカロリーと糖質|栄養図鑑

【管理栄養士監修】チュロスのカロリーと糖質|栄養図鑑

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年1月20日

最近ではスーパーなどでも販売されるようになった、大人気スイーツのチュロス。シナモンシュガーがたっぷりとかかっており、ザラザラした甘い舌触りと、サクッとした生地がたまらない。そんなチュロスのカロリー・糖質量、カロリーオフレシピについて紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 絶品スイーツチュロスのカロリー

スペイン発祥のスイーツ、チュロス。独特な形状から日本でも人気となっている。遊園地などで販売されている印象が強く、特別感があるチュロスだが、最近ではスーパーなどでも販売されるようになった。食べる機会が増えたチュロスだが、カロリーが高いのが特徴だ。
カロリーは、大きさなどにもよるが、1本あたり150〜240kcalといわれている。分量に対してとてもカロリーが高いのがおわかりいただけるだろう。チュロスをより美味しくするシナモンシュガーの量次第ではもっと高くなる場合もある。

2. チュロスに含まれている糖質量

チュロスの生地はバターや牛乳、強力粉で作られ、最後にシナモンシュガーがたっぷりかかるため、必然的にカロリーも糖質も高くなる。チュロスの糖質量は1本あたり約22gといわれており、比較的高糖質だ。チョコレートやカスタードクリームを付けて食べるとさらに高くなる。

4. チュロスのカロリー&糖質オフレシピ

手軽に食べることができて美味しいチュロスは高カロリー、高糖質なスイーツだ。ダイエット中などでカロリー摂取や糖質摂取を控えたい場合は、次のようなレシピで作ったチュロスがおすすめだ。

豆腐チュロス

ホットケーキミックスと豆腐だけで生地を作る、カロリーオフレシピ。豆腐は滑らかにすりつぶす必要があるので、絹ごし豆腐がおすすめだ。少し柔らかい食感のチュロスになり、大幅にカロリーを抑えることができる。

おからパウダーチュロス

強力粉の一部をおからパウダーで代替したチュロス。小麦粉で作るよりも糖質が抑えられるのが魅力だ。一風違った風味のチュロスになるがそれがまた絶品。シナモンシュガーの分量を減らすことでさらにカロリーを抑えることができる。和と洋を掛け合わせた新感覚のチュロスを味わうことができるだろう。

結論

大人気スイーツのチュロスは、大きさの割に高カロリー・高糖質なスイーツでもある。材料や作り方によっては生クリームたっぷりのショートケーキよりも高カロリーになることも。美味しさを堪能しつつ、カロリーオフ、糖質オフするなら、豆腐やおからなどの材料で作るのがおすすめだ。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ