このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

失敗しない絶品スイーツ!美味しいブラウニーの作り方とコツ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 平原あさみ(ひらはらあさみ)

2019年5月 2日

チョコスイーツとしてさまざまな国で人気を集めるブラウニー。アレンジレシピも豊富で、あまり失敗のないスイーツということから海外では頻繁に家庭で作られているそうだ。手軽に作ることができる絶品スイーツブラウニーだが皆さんは正しい作り方をご存知だろうか。今回は、簡単にできる絶品ブラウニーの作り方とコツについて詳しく紹介していこう。チョコレートスイーツを作りたいという人は必見だ。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ひと手間で絶品!ブラウニーに追加したい食材の選び方

ブラウニーはスイーツの中でも少ない材料で作ることができるのが特徴的だ。そこでここではひと手間加えることでひと味違ったブラウニーを楽しむことができる、追加食材の選び方について紹介していこう。

クルミ

生地の中にクルミを入れることで、ブラウニーに少し歯ごたえのある食感がプラスされる。チョコレートとクルミの風味を同時に楽しむことができ、まさに絶品。歯ごたえや食感が欲しい人、少し和風なブラウニーを食べたいという人におすすめな追加食材だ。

果実

ブラウニーはバナナ・レモン・オレンジなどさまざまな果実と相性がよい。果実を追加することでさらに甘みが増し、フルーティな味わいとなる。果実を加えることで子どもでもチョコレートの苦みを感じながらもブラウニーを食べることができるのでおすすめだ。

クッキー

生地の中にクッキーを入れることで、ブラウニーを噛みしめたときにサクサクとした食感を得ることができる。クッキーのバターの香りや、独特の食感を楽しむことができるのだ。手軽に試すことができる追加食材なので、一度実践してみてほしい。

2. 確実に抑えておきたい!ブラウニーの下ごしらえ方法

絶品のブラウニーを作るにあたり、下ごしらえはとても重要な工程だ。ここでは、最低限おさえておきたい3つの下ごしらえについて紹介していこう。

チョコレートを溶かしておく

スムーズに作業を行うためにも、チョコレートを湯せんで溶かしておこう。ボウルの中に刻んだチョコレートとバターを入れ、ゆっくりかき混ぜながら50℃程度のお湯で湯せんしていく。このとき湯せんの温度が高すぎると、チョコレートの成分も分解される恐れがあるので、ぬるま湯で湯せんしていくことが大切だ。

オーブンを温めておく

ブラウニーをオーブンで温める際は、オーブン内を180℃以上に保たなければならない。いざ焼きあげる際にオーブンを温め始めると時間がかかってしまうので、事前にオーブン内を180℃に温めておくことが大切だ。オーブンに事前に温める機能が付いていない場合は、180℃で空運転しておくとよいだろう。

パウダー類をふるっておく

ブラウニーを作る際に使用する、薄力粉やココアパウダーなどを事前にふるっておこう。パウダー類は細かくなることで、水分の吸収がよくなる特性がある。その特性を生かすことでふっくらとした生地のブラウニーに仕上げることができる。絶品のブラウニーを作るためにも行っておきたい工程だ。

3. 失敗なし!簡単ブラウニーの作り方とコツ

ブラウニーはスイーツの中でも手軽に作ることができるのが最大の特徴。ここではブラウニーの作り方を3つのステップで紹介していく。

生地作り

湯せんしておいたチョコレートに、溶いた卵を投入する。かき混ぜたあと、そこにグラニュー糖・薄力粉・ココアパウダーを入れさらによくかき混ぜていく。このとき砂糖などが全体に行き渡るようにしっかりと混ぜておくことがポイントだ。

焼きあげ

仕上がった生地を用意した型の上に流し込んでいく。くるみや果実などを入れたいときは、この時点で生地に入れておこう。予熱してあるオーブンに入れ、30分ほど加熱していく。

仕上げ

中まで火が通ったことを確認し、粗熱を取るため少しの間放置しておく。粗熱が取れたら型から外し、好みの大きさにカットしたところで完成だ。

結論

ブラウニーはチョコレートがふんだんに使用されているため、カロリーが高い傾向にある。ダイエット中の人や体重が気になる人はブラウニーを作る際に、砂糖の量を少なくすることをおすすめする。このブラウニーの作り方を参考にし、ぜひ絶品ブラウニーを作ってみてほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ