このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

忘れられない甘み!ブラウニーを最大限に楽しむ美味しい食べ方とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 平原あさみ(ひらはらあさみ)

2019年5月 5日

チョコレートをベースに作られた、アメリカ発祥のスイーツブラウニー。チョコレートの濃厚な甘みと、しっとりと焼きあげた生地が絶妙にマッチする一品だ。スーパーやコンビニなどでも購入することができるブラウニーだが、皆さんはどのような食べ方をしているだろうか。今回は、ブラウニーを最大限に楽しむ食べ方について紹介していこう。

1. アレンジの幅も広い!ブラウニーの特徴とは?

ブラウニーは、チョコレート・グラニュー糖・薄力粉といったシンプルかつ少ない材料で作ることができる。あまり失敗のないチョコレートスイーツということもあり、バレンタインデイなどでも重宝される。発祥の地、アメリカでは家庭で手作りし、ティータイムなどで食べる習慣がある。

ブラウニーはそのまま食べても絶品だが、最近ではくるみやりんごなどを入れたアレンジした食べ方も人気だ。ブラウニーに加えられた材料の旨みや食感などがプラスされ、より味わい深いブラウニーへと変貌する。

ふだんはスタンダードなブラウニーを食べるという人は、少しアレンジされたブラウニーを食べてみるとよいだろう。新鮮味があっていつも以上に楽しみながらブラウニーを食べることができる。地域によっては全く違う形状のブラウニーが主流となっているので、日本と海外のブラウニーを比較してみるのもよいだろう。

2. 相性バツグン!ブラウニーを美味しく食べる追加の一品

濃厚な味わいのブラウニーは、生クリームやアイスクリームといった追加の一品で味の幅をさらに広げる食べ方ができる。また、ブラウニーと一緒に楽しむ飲み物も風味や旨みを引き立たせてくれる。ここでは、ブラウニーの旨みを引き立たせるおすすめの一品を3つ紹介していく。

紅茶

紅茶の独特な風味とブラウニーに含まれたチョコレートの味わいが最高にマッチする。紅茶は種類により、さまざまな顔をのぞかせるので、自分に合った紅茶を探してみるとよいだろう。

牛乳

どこの家庭にも常備されている牛乳。少し苦味のあるチョコレートに対し、独特な甘みを感じる牛乳はよりブラウニーの旨みを引き立たせてくれる。ダイエット中の人は低脂肪牛乳がおすすめだ。

生クリーム

多くのスイーツに重宝される生クリーム。ブラウニーとも相性がよく、甘みのあるブラウニーに対しさらに生クリームの甘みが追加される。甘いもの好きの人にぜひ実践してほしい食べ方だ。

3. ダイエット中の人必見!ブラウニーのカロリーオフする食べ方

ブラウニーはチョコレートをベースに作られているため、カロリーや糖質はどうしても高くなる。ここではブラウニーを低カロリーで食べる食べ方について紹介していこう。

ブラウニーを低カロリーで食べるには手作りが一番よいだろう。市販されているブラウニーは甘味料が多く使用されている場合があるからだ。手作りブラウニーの場合は、自分の好みに合わせてチョコレートや砂糖の分量を減らすことができる。この減らす行為がカロリーオフへとつながるのだ。

さらに低カロリーで抑えたい場合は、砂糖を一切使用しない作り方がおすすめ。その場合、材料に甘みが特徴的なバナナなどの果物を追加するのがよい。オーブンで焼きあげるとき、カットした果物を生地にのせるだけで手軽にできる。果実に含まれた本来の甘みが砂糖の役割を果たしてくれ、フルーティーなブラウニーへと仕上がる。ダイエット中の人にはぜひ実践していただきたい食べ方だ。

結論

最近では多くの種類のチョコレートが販売されている。甘み・苦み・風味などに違いがありさまざまだ。ブラウニーに使用するチョコレートも少し変えてみることで、いつもとはひと味違ったブラウニーを楽しむことができるだろう。さまざまな食べ方を実践してみてほしい。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ