このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【ボラ】の美味しい食べ方を紹介!丁寧な下処理がポイント

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年11月20日

独特の臭みを持っているといわれており、家庭の食卓ではあまり馴染みがないボラ。しかし、昔は祝いの席に用いられるなど、高級魚として扱われていた時代もある。今回は、そんなボラの食べ方について詳しく紹介する。じつは美味しい魚であるボラについて、ぜひ知っておいてもらいたい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 美味しいボラの選び方

ボラという魚を食べたことがあるだろうか。10月頃から寒い時期にかけて出回る魚で、成長の大きさによって名前を変える出世魚だ。ボラとして呼ばれるものは、体長30~50cmほどで、比較的大きな魚である。また、日本の三大珍味のひとつである「からすみ」は、このボラの卵巣を塩漬けにしたものだ。そんなボラの身は、味は淡白だが甘みや旨みが強く、透明感があり色合いが綺麗である。では、美味しいボラの選び方を紹介する。

美味しいボラの選び方、一つ目はしっかりとハリがあるもの、二つ目は、黒々としているもの。新鮮さが薄れてくると、白っぽくなるのだ。三つ目は、うろこが綺麗に並んでいてはがれていないものを選ぶことだ。また、大きいものほど脂がのっているといわれている。これらの選び方のポイントを意識して、ぜひ美味しいボラを一度食べてみてほしい。

2. ボラの美味しい食べ方

次に、ボラの美味しい食べ方を紹介する。じつはボラは、独特の臭みを持っているといわれており、食用として少しマイナスなイメージを持たれることがある。しかし、臭みが強いボラは、水質汚染された環境で生きているもの。そんな環境で生きているボラは、川のヘドロなども餌にしているために臭くなってしまっているのだ。水質が綺麗な場所にいるボラに臭みはなく、美味しく食べることができるだろう。

臭みがないといっても、ボラの美味しい食べ方にはポイントがある。それは、きちんと下処理をすること。ボラを購入したら、すぐにうろこや内臓などを取り除き、しっかりと水洗いをすれば、臭みは気にならなくなるだろう。また、ボラの美味しい食べ方には、もう一つ方法がある。それは、切り身を昆布や酢などを使って〆ること。臭みはさらになくなり、日持ちもするようになる。

3. ボラは刺身がおすすめ?

ボラは、いろいろな調理方法で食べることができる魚だ。中でも、おすすめは刺身で食べること。水質が綺麗な環境で育ったボラの刺身は、真鯛に似ているといわれることもあるほど美味しい。新鮮なものは、ぜひ刺身で食べてほしい。

刺身以外にも、おすすめのボラの食べ方がある。それは鍋。寒い時期に出回る魚であるので、鍋の具材としては最適だろう。ボラを入れた鍋は、美味しい出汁がでる。また、クセが少ないボラの身は火を通しても硬くならず、身離れもよく食べやすい。ほかにも、煮付けや塩焼きにしても美味しく食べることができるので、いろいろな調理方法でボラを堪能してほしい。

4. ボラのおすすめアレンジレシピ

最後にボラのおすすめのアレンジレシピを紹介する。

ボラのなめろう

漁師の料理であるなめろう。まず、ボラの刺身をたたいて細かくする。みじん切りにしたネギ、しょうが、青じそと味噌を加えたら、さらに細かくたたいて完成。新鮮なボラが手に入ったら、ぜひ試してみてほしいアレンジレシピだ。

ボラのムニエル

淡白でクセが少ないボラは、ムニエルに向いている。まず、ボラを酒に浸けて5分ほど置く。水気をとったら、塩コショウをして小麦粉をまぶす。フライパンにバターを入れて熱し、ボラの皮の面から焼く。焼き色が付いたら裏返し、ふたをして蒸し焼きにしたら完成。下味にカレー粉やスパイスを加えてアレンジすると、また違ったボラのムニエルを楽しむことができるだろう。

結論

ボラの食べ方について、参考になっただろうか。ボラを美味しく食べるためには、ボラ独特の臭みを丁寧な下処理によって取り除くことが重要だ。どんな調理方法にも合うボラは、料理のレパートリーを増やしてくれるだろう。ボラは、比較的安価で手に入れることができるため、魚料理を食べたくなったら、ぜひ試してみてほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ