このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

愛宕柿ってどんな柿?味やルーツ・選び方を徹底解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年7月10日

愛媛県で数多く生産されている愛宕(あたご)柿。釣り鐘状のほっそりとした実はほんのりと甘く、さわやかな食感を楽しめるが、みなさんはこの種類を見たことがあるだろうか。この記事では愛宕柿の味やルーツ、食べる際の注意点などを詳しく解説していきたい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 愛宕柿の味や形状は?

愛宕柿は、1個あたり300~350gほどあるやや大きめの柿。楕円のような縦長の形で、先端はほっそりと尖っており、鮮やかなオレンジ色が特徴的な品種だ。
表面だけでなく、皮をむいてから見えてくる果肉も鮮やかなオレンジ色をしている。やや硬い果肉で歯ごたえがあり、控えめで上品な甘さが印象的である。甘ったるい柿や柔らかい柿が苦手という人には、うってつけの品種といえるだろう。

2. 愛宕柿は渋柿の仲間

愛宕柿は、渋柿に分類することができる。
渋柿とは、名前の通り渋みのある柿のことで、そのままでは食べられないため、渋抜きとよばれる作業を行い、果肉に詰まっている甘さを引き出す必要があるのだ。渋抜きの方法は何通りか存在するが、愛宕柿の場合は炭酸ガスを使う方法や、ポリ袋を使って真空パック状態にする方法が用いられている。愛宕柿は、渋柿の中でもとくに渋みを抜くのが非常に困難なことで知られている品種だったが、真空パックをして渋抜きを行う方法を編み出してから、少しずつ生産量が増えていったようだ。

3. 愛宕柿の名前の由来やルーツを紹介

現在は、主に愛媛県で栽培されている愛宕柿。
全国に出回っている愛宕柿のうち約80%が愛媛県産であるほど、愛宕柿の生産に力を入れているが、じつは名前の由来は愛媛県ではなく、京都府が関連している。
名前の由来は諸説あり、京都府の愛宕山に奉納したことがきっかけという説や、京都府にある貴船神社に奉納した愛宕産の柿の実生が愛宕柿になった説などが有力だ。
愛媛県で愛宕柿が本格的に生産されるようになった時期は不明だが、1910年頃にはすでに栽培されていたといわれている。
また、愛媛県以外にも徳島県や岡山県、香川県といった地域も、愛宕柿の産地として有名だ。

4. 愛宕柿の食べごろはいつ?選び方や保存方法は?

一般的な柿は10~11月頃にかけて収穫の時期を迎えるが、愛宕柿の場合は11月中旬~12月中旬に収穫を迎える。柿の中では収穫時期がかなり遅いといえるだろう。
しかも、多くの愛宕柿はポリ袋で真空バックされた状態で販売されているため、1月上旬頃まで出荷している。柿というと秋の果実というイメージが強いが、愛宕柿は冬のはじめに楽しむことができる柿なのだ。

愛宕柿の選び方

できるだけ質のよい愛宕柿を選びたい場合は、以下のポイントを参考にしてほしい。
  • 色ムラがなく鮮やかなオレンジ色の実をしている。
  • ヘタの根元までオレンジ色になっている。
  • ヘタの先端がピンと張っており、生き生きしている。
  • ヘタと実の間に隙間がない。
色ムラがある、ヘタの根元が鮮やかなオレンジ色ではないなどの場合、実が綺麗に熟していない可能性が考えられる。そして、ヘタの状態が悪い愛宕柿は、それだけ栄養が隅々まで行き届いていないサインでもあるのだ。
また、ヘタと実の間に隙間があると虫や水が入り込みやすいため、早く傷む原因になりかねない。そのため、実の色やヘタの状態は必ずチェックしてから購入をしよう。

愛宕柿の保存方法

真空パックされている愛宕柿は、ポリ袋から出さなければ約1ヶ月保管することができる。ただし、商品によっては数日~1週間以内に食べきるように記載されているものもあるため、必ず消費期限を守って食べるようにしよう。
常温保存する場合は高温多湿の場所を避け、できるだけ涼しい場所で保管することをおすすめする。もしくは、ポリ袋に入れた状態で冷蔵庫に入れて保管をすると、長持ちしやすくなる。

結論

愛宕柿は渋みが抜けにくく、デリケートな品種だ。その分、繊細で品のある甘さを堪能することができる。また、冬の時期に楽しむことができるのも、愛宕柿の特徴といえるだろう。奥ゆかしい味わいを楽しむことができる柿なので、興味がある人はぜひ一度食べてみてほしい。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ