このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

やっぱり高い?豚バラ肉のカロリーを紹介!栄養や糖質も

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年8月 2日

脂身が濃厚で旨味たっぷりの豚バラ肉。値段も手頃なため、豚肉の部位の中でも数多くのファンを獲得している。ただ、脂身が多いため、やはりカロリーは気になるところだろう。なんとなくカロリーが高そうであることはわかっていても、実際に数値で把握している方は、意外と少ないのではないだろうか?豚バラ肉のカロリー及び糖質量、主な栄養素についてこれから詳しくお伝えしよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 豚バラ肉に含まれる栄養素

豚バラ肉には、たんぱく質と脂質のほかに、ビタミン、ミネラルが含まれている。たんぱく質は、筋肉や各臓器、皮膚、爪、毛髪など私たちの身体を構成するのに必要不可欠な栄養素だ。

脂質も、大切なエネルギー源となる栄養素であるし、体内で重要な役割を果たすホルモンや細胞膜を構成するのに必要な栄養素でもある。ただし、脂質はカロリーが高いため、必要以上に摂りすぎると、体重増加の原因になりかねないので、その点は注意が必要だ。

ビタミンの中では、ビタミンB群が豊富に含まれている。中でも特にビタミンB1の含有量が多い。ビタミンB1は、エネルギー代謝に関与するビタミンで、不足すると疲れがなかなかとれなくなるので気をつけよう。ミネラルの中では、亜鉛、鉄分、カリウムなどが豊富に含まれている。

2. 気になる豚バラ肉のカロリー

さて、気になる豚バラ肉のカロリーだが、文部科学省の食品成分データベースによると、豚バラ肉は、100g当たり、およそ395kcalと、豚肉の各部位の中で、最もカロリーが高い。ちなみに100g当たりの豚肉の各部位のそれぞれのカロリーは、豚肩ロース肉が253kcal、豚ロース肉が263kcal、豚もも肉が183kcal、豚ヒレ肉が130kcaとなっている。ほかの部位に比べると、豚バラ肉のカロリーは、はるかに高く、なんと一番カロリーの低い豚ヒレ肉の3倍以上もある。

これだけ高カロリーなのは、やはり豚バラ肉は、脂肪が非常に多いことが主な理由となっている。ちなみに、ショートケーキ100g
(1個)当たりのカロリーは、およそ344kcalなので、豚バラ肉はそれよりも高カロリーということになる。

カロリーについては、豚バラ肉もショートケーキも、どちらも高カロリーであることに違いはないが、糖質量については、大きな違いが生じる。糖質制限されている場合は、豚バラ肉よりも、ショートケーキを断然控えるべきだろう。その理由について、これからさらに詳しくお伝えしよう。

3. 豚バラ肉は低糖質

豚バラ肉とショートケーキは、どちらも高カロリーだが、糖質量を比較した場合、豚バラ肉が100g当たりおよそ0.1gであるのに対して、ショートケーキは100g当たりおよそ43.0gと、ショートケーキの方が、圧倒的に糖質量が多い。

そもそも豚バラ肉をはじめ肉類の糖質量は極めて低い。糖質量0.1gというこの数値により、豚バラ肉に含まれている糖質は限りなくゼロに近いと考えてもよさそうなレベルだ。

そのため、糖質量だけで考えた場合、豚バラ肉は、糖質制限中に食べても差し支えないと考えられる。ただ、やはり高カロリーなので、食べ過ぎには気をつける必要があるだろう。

結論

豚バラ肉のカロリーや糖質について、ご理解いただけただろうか?数値で知ると、改めてそのカロリーの高さに、思わず目を見張らせてしまった方もいるかもしれない。ただ、人間の体にとって必要な栄養素が豊富に含まれているので、高カロリーだからといって、極端に敬遠せずに、これからも豚バラ肉を食生活に上手に取り入れていただきたい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ