このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カリフラワーの保存方法を解説!冷蔵と冷凍どっちが適切?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 市川咲 (いちかわさき)

2019年9月11日

「カリフラワーを買ったが余ってしまいそう」という時は、正しい方法で保存することによって、わずかではあるがカリフラワーを長持ちさせることができる。本記事ではカリフラワーを保存する時のポイントについて解説していくのでぜひ参考にしていただけたら嬉しい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カリフラワーの正しい保存方法

冬に旬を迎えるカリフラワー。キャベツや白菜と同じアブラナ科の一種で、スープやサラダなどさまざまな料理で使われている。そのため、カリフラワーを大量に購入してストックしている家庭もあるのではないだろうか。

しかし、カリフラワーは当然生ものなので、時間の経過とともに傷んでいく。そこで、本記事ではカリフラワーを少しでも長持ちさせるためのおすすめの保存方法を紹介していこう。

まず、生のカリフラワーを保存する場合は、基本的に冷蔵保存がおすすめである。冷蔵保存であればわざわざ解凍する必要もなく、すぐに調理できるのでとても手軽だ。ただし、カリフラワーを茹でた状態であれば、冷凍保存をしても問題ない。生のカリフラワーを冷凍保存すると解凍する際に変色してしまい、見栄えが悪くなってしまうおそれがあるので、できれば茹でてから冷凍庫に入れたほうがよい。

2. カリフラワーを冷蔵で保存する時のポイント

カリフラワーを冷蔵で保存する場合、密閉できる袋にカリフラワーを入れたうえで保存するようにしよう。野菜庫がある場合は、野菜庫にカリフラワーを入れておくことをおすすめする。

ただし、冷蔵保存をしたからといって長期間カリフラワーを保存できるわけではない。保存期間の目安は2~3日なので、それを考慮したうえでカリフラワーを冷蔵保存するようにしよう。2~3日以上カリフラワーを保存したい場合は、後述するカリフラワーの冷凍保存を参考にしてみてほしい。

ちなみに、カリフラワーは収穫したあとも蕾が成長し続けるという特性があり、傷んでくると徐々にすき間が見受けられるようになる。また、色も白から褐色へと変わっていくため、そうなる前に食べきるようにしよう。

3. カリフラワーを冷凍で保存する時のポイント

カリフラワーを冷凍で保存する場合は、まずカリフラワーを小さく切り分けて、下茹でをしよう。茹でるといってもホロホロになるまでじっくりと茹でてしまうと水分を多く含みすぎてしまい、解凍した際の食感が悪くなってしまうため、固茹でがおすすめである。

固茹で状態になったら、粗熱をとってラップを敷いた金属トレーにカリフラワーを並べ、金属トレーごと冷凍庫に入れよう。茹であがったカリフラワーを袋に入れていきなり冷凍保存してしまうと、凍るまでに時間がかかってしまい、解凍した際の食感が悪くなる可能性がある。そのため、平らな金属トレーに並べた状態で一気に凍らせるのがポイントだ。カリフラワーが凍ったら、密閉できる袋に移しかえて引き続き冷凍保存をしよう。

ちなみに、冷凍保存をしたカリフラワーは1ヶ月ほどもつが、それでも時間が経つにつれて味や食感の質は落ちていくので、やはりできるだけ早く食べきることをおすすめする。

4. カリフラワーを解凍する時に注意すべきことは?

冷凍したカリフラワーを解凍する時は鍋で加熱をする方法をとってもよいし、電子レンジで温めてもよい。下茹でをした状態のカリフラワーを冷凍保存した場合、解凍しただけではやや固さを感じると思うので、やわらかくなるまでしっかりと煮込んだり、蒸したりする必要がある。

カリフラワーをさらに茹でて温野菜サラダに入れたり、ほかの野菜と一緒に炒め物にしたり、さまざまな使い方ができるので、カリフラワーをよく使う人はまとめ買いをして解凍しながら使うと便利だろう。

余談ではあるが、冷蔵保存や冷凍保存ではなく、カリフラワーをピクルスにアレンジするのもおすすめだ。ピクルス液につけておくことで、冷蔵保存でも2週間ほど日持ちするので、覚えておくと便利である。

結論

カリフラワーは、冷蔵か冷凍で保存しておくのがおすすめだ。早めに食べきれそうな時は冷蔵保存、時間をかけてゆっくり食べたい時や、下茹でしたカリフラワーをすぐに使える状態にしておきたい時は冷凍保存といったように、その時の状況に合わせて保存方法を変えるとよい。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ