このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【アンチョビキャベツ】は簡単に作れて栄養も美味しさも満点の料理

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2019年10月 8日

アンチョビが意図せず手に入った際など、どうやって使うのがよいか悩むかもしれない。パスタやアヒージョなどに使うにも、ひと手間かかりそうな印象がある。そんな時には、キャベツと合わせて炒めてみるのはどうだろうか。本記事で、簡単な作り方やアレンジについて紹介していく。

1. アンチョビキャベツは、手軽なうえにキャベツの栄養をしっかり摂れる!

アンチョビキャベツの魅力のひとつは、栄養面だ。キャベツにはビタミンUをはじめとしたビタミンや、ミネラルなどが豊富に含まれる。そのため積極的に食べたい野菜なのだが、生のままだとかさが多く、やや食べにくい。しかし、加熱すればかさが減り、量を食べやすくなるのだ。また、味付けにアンチョビを使えば塩気や風味がしっかりと付くため、主食や酒にも合わせやすい。そのうえ手軽に作ることができるため、アンチョビキャベツは栄養面でも手間の面でも嬉しい料理だといえる。積極的に作ってみてはどうだろう。

2. アンチョビキャベツの作り方は簡単、こだわるのもOK!

アンチョビキャベツの作り方はシンプルだ。キャベツを切って、にんにくと一緒にオリーブオイルなどで炒め、アンチョビそのものやアンチョビソースで味を付ければ完成だ。非常に簡単ではあるが、せっかくならこだわりたいという人もいるかもしれない。そこで、こだわりポイントをいくつか紹介する。

風味付けにスパイスを追加する

アンチョビだけの味付けでも美味しいが、スパイスなどを加えてさらに風味を付けても美味しい。定番は赤唐辛子などだ。ほかにも、たとえばクミンやカルダモンなどを加えてエスニックな風味にしてもよいし、ハーブ類を加えてさわやかな風味を付けるのもよい。アンチョビキャベツは簡単に作れる分、スパイスも試しやすいだろう。ぜひ好みの味を見つけていただきたい。

キャベツに焼き目を付ける

キャベツをしんなりする程度に炒めるのが定番だが、キャベツにあえて焼き目を付けて、香ばしい風味を出すこともできる。炒める場合には火加減が難しいため、たとえばガスバーナーで表面を軽く炙ると簡単だ。また、そもそもキャベツを炒めず、代わりにグリルなどで焼いて火を通すという選択肢もある。ひと手間かかるため、時間に余裕のある人は試してみてもよいだろう。

3. アンチョビキャベツはパスタと組み合わせても美味しい!

アンチョビキャベツはそのまま食べても美味しいが、パスタの具材として使うとまた違った味を楽しめる。パスタを茹でている間にアンチョビキャベツを作り、パスタと絡めれば、キャベツの栄養を摂れ、しかも風味もボリュームもたっぷりの料理に仕上がる。パスタを茹でる際に塩を加える場合は、アンチョビの量を控えめにすれば塩気のバランスが取れる。アンチョビの風味はやや減るものの、十分に美味しく食べることができるだろう。また、余裕があれば、先述のようにスパイスなどを加えて風味を変えてみるのもおもしろい。エスニックなパスタなども美味しいはずだ。

結論

アンチョビキャベツは、アンチョビの簡単な使い道でもあり、キャベツを美味しく食べるのにも向いている。調理自体は簡単だが、味付けや焼き目にこだわることもできるため、意外と仕上がりの幅は広い。さらに、パスタと組み合わせても美味しく食べられる。アンチョビが手に入ったら、気軽にアンチョビキャベツを試していただきたい。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ