このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

豚肉の紅茶煮の作り方を紹介!食材選びや下ごしらえも徹底解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 市川咲 (いちかわさき)

2019年11月24日

豚肉の紅茶煮は意外にも簡単な手順で作れることをご存じだろうか。実は料理が苦手な人でもトライしやすい一品なのだ。そこで、本記事では豚肉の紅茶煮の食材選びや下ごしらえ、簡単な作り方を紹介していく。「簡単だけど手が込んでいるように見える料理が作りたい」と思っている人は、ぜひ本記事を参考にしてもらえると嬉しい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 豚肉の紅茶煮を作る時の食材の選び方は?

豚肉の紅茶煮を作る際は、まずメインの食材である豚肉の選び方が重要になってくる。紅茶煮に向いている部位はもも肉やロースだが、それぞれ特徴が異なる。

もも肉は脂身が少なく赤身が多いので、タンパク質をたくさん摂取したい人や、低脂質な豚肉を使用したい人におすすめできる部位だ。一方、ロースは赤身だけでなく脂身もほどよいバランスで含まれている。比較的やわらかい部位でもあるのでやわらかい肉が好きな人や、豚肉ならではの脂身も楽しみたい人におすすめの部位である。

紅茶の選び方は?

豚肉の紅茶煮に使用する紅茶は、とくにこだわりがないであればアールグレイやダージリンなどのごく普通のティーパックを用意しよう。ちなみに、ほんのりとリンゴの香りがつくアップルティーや、さわやかな香りがするジャスミンティーもおすすめなので、香りをこだわりたい人はさまざまな茶葉を試してみるとよい。

2. 豚肉の紅茶煮の下ごしらえのポイントは?

豚肉を煮込み始める前に、いくつか準備しておきたいことがある。豚肉の下ごしらえをきちんとしておかないと、最悪の場合失敗することもあるので、ぜひ以下の項目も参考にしながら作ってみてほしい。

豚肉を叩いてやわらかくしよう

豚肉は加熱する前にすりこぎなどを使っ叩いておこう。そうすることによって、豚肉の繊維が破壊され、肉を噛んだ時のやわらかさを増すことができる。とくに、赤身の多いもも肉は時間が経つと固くなりやすいため、しっかりと叩くことをおすすめする。

タコ糸で豚肉を縛ろう

豚肉をそのまま煮込んでしまうと、煮込んでいる途中でバラバラになってしまうおそれがある。そのため、煮込む前にタコ糸を使って豚肉を縛っておこう。きつく縛る必要はなく、豚肉がバラバラにならない程度に縛るのがポイントだ。もし「わざわざ自分で縛るのは面倒」「初めて作るから縛り方に自信がない」という場合は、肉屋で豚肉を購入する際に縛ってもらうとよいだろう。

3. 豚肉の紅茶煮の簡単な作り方を紹介

豚肉の紅茶煮は、時間はかかるがとても簡単な手順で作ることができる。豚肉の下ごしらえが完了した後どのように作っていけばよいか、以下の項目で作り方を紹介していこう。

紅茶と豚肉を一緒に煮込む

まず、鍋の中に水を入れて沸騰させたら、ティーパックを鍋の中に入れて紅茶を煮出し、取り出す。次に、下ごしらえをした豚肉を鍋の中に入れて、30~40分ほど煮込む。煮込んでいる間アクが出てくるので、その都度おたまでアクを取り除こう。

豚肉を一晩つけ置きする

豚肉を煮込んだら、酢、醤油、みりんを加え、軽く混ぜてから火をとめる。鍋の中に豚肉を入れたまましばらく放置し、粗熱がとれたら煮汁と豚肉を保存容器か保存袋の中に入れて密封しよう。そのまま一晩つけ置きをすれば、豚肉の紅茶煮が完成する。つけ置きが完了したらタコ糸を外し、薄切りにスライスするのも忘れずに行おう。

好みでトッピングを加えるのもおすすめ

豚肉の紅茶煮はそのまま食べても美味しいが、プチトマトやサラダ菜などをトッピングして食べると、野菜も一緒に摂取できるのでおすすめだ。ヨーロッパ風のアレンジを加えたい場合は、マッシュポテトを作ってトッピングするのもよい。豚肉の紅茶煮、マッシュポテトをパンに挟んで食べるという方法もおすすめなので、興味のある人はぜひ試してみてほしい。

結論

豚肉の紅茶煮は「時間がかかる」「下ごしらえが大変そう」と思っている人もいるかもしれないが、ひとつひとつの作業はとても簡単だ。それに、酢の入った煮汁につけておけばある程度は保存がきくので、時間がある時にまとめて煮込んでおき、食べたい時に取り出すこともできる。作り置きができる便利な料理なので、本記事の作り方を参考にぜひ作ってみてはいかがだろうか。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ