このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カレーピラフの正しい保存方法。冷凍のコツと解凍方法も解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2019年12月 2日

ピラフにはさまざまな種類があるが、カレーピラフはカレーが好きな人や子どもにも大人気の味だ。ここでは、カレーピラフを作りすぎたときや余ってしまったときにどのように保存をすればよいのか、解凍方法と併せて紹介していきたい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カレーピラフの正しい保存方法

カレーピラフは、生の米を炒めてカレー味のスープで炊きあげた料理である。炊きあがったごはんにカレー粉で味をつけるパターンもあるが、これはピラフではなく正確にはカレーチャーハンの部類にあたる。
カレーピラフを保存するときは、炊き込みごはんと同じように考えておくとよいだろう。すぐに食べる場合は冷蔵庫で保存が可能だ。ただし、2〜3日後に食べるのであれば冷凍保存をおすすめする。
注意したいのがカレーピラフはにおいが強いという点だ。冷蔵庫や冷凍庫に保管しているほかの食品にカレーのにおいが移らないように工夫しなければならない。
以下の項で、冷蔵保存と冷凍保存の方法を見ていこう。

2. カレーピラフを冷蔵保存するには?

カレーピラフを保存する際は、1人分または1食分ずつ小分けにして保存しておくと食べるときに便利だ。まずはラップを広げて中心にカレーピラフを置いて、四方を包んでいく。そして、ほかの食品ににおいが移らないように、ジッパーつきのの保存袋やふたつきの保存容器に入れておこう。
なお、ふたつきの容器にそのままカレーピラフを入れてしまうと、においや色が容器に移ってしまう可能性がある。容器の中にラップを敷いてから、その上にカレーピラフをのせるようにするとよい。
ちなみに、ラップではなくアルミホイルを使ってしまうと電子レンジで加熱することができなくなる。アルミホイルを使った場合は、別の容器に移し替えてから電子レンジに入れよう。

3. カレーピラフの冷凍保存はどう行う?

余ったカレーピラフをしばらく食べる予定がないときには、冷凍保存をしておくことをすすめたい。
冷凍保存であれば、ある程度旨みや栄養をキープしながら冷蔵保存よりも長い期間保存することが可能になる。弁当作りや休日の昼など、料理に手間をかける時間がないときには、冷凍保存してあるカレーピラフがあるととても便利である。

カレーピラフを冷凍保存するには?

カレーピラフを冷凍保存する場合は、まずは冷蔵保存と同じようにラップに小分けに包もう。冷凍庫内にカレーのにおいが移ってしまわないよう、ジッパー付き保存袋やふたつきの容器に入れよう。
なお、家庭用の冷凍庫は開け閉めが多いので温度変化が比較的激しい。溶けたり凍ったりを繰り返していると食品の品質や旨みが低下してしまう点に注意したい。

冷凍保存したカレーピラフの保存期間は?

冷凍したカレーピラフの賞味期限の目安は長くて1ヶ月である。冷凍したものは明確に賞味期限を設定するのは難しいので、なるべく早めに食べきろう。保存した日をメモして冷蔵庫に貼っておくとよい。
あまりにも長い期間冷凍庫に入れておいたカレーピラフは、冷凍焼けしている可能性があるので食べるのをやめたほうがよい。カビが生えていたり、酸っぱいにおいいがしていたりしたら、もったいないが安全のために処分しよう。

4. カレーピラフを上手に解凍する方法

冷凍したカレーピラフを食べるときは、電子レンジで解凍するのが手っ取り早い。市販の冷凍食品であれば、ごはんがパラパラとしているのでフライパンなどで温めることもできるが、自宅で作ったカレーピラフの場合は固まってしまうので、フライパン加熱は難しい。 フライパンで加熱をすると、一度冷凍したカレーピラフでもより美味しく食べることができるのは確かだ。しかし、調理時間を短縮するためにまずは電子レンジで加熱をしてからフライパンでの加熱をおすすめしたい。

結論

カレーピラフは、冷蔵保存も冷凍保存も可能な料理である。次の日までに食べるのであれば冷蔵保存、しばらく日があきそうなときは冷凍保存と、まずはいつ食べるのかによって保存方法を選んでみよう。カレーピラフを冷凍保存したときは、解凍方法にも注意が必要だ。より美味しく食べたいときは、電子レンジで加熱してからフライパンで仕上げるという流れを試してみてほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ