このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【業務スーパー】のチーズはコスパ良し!おすすめのチーズ4選を紹介

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年12月21日

業務スーパーでは、さまざまな色や形のチーズが販売されている。業務スーパーといえば大容量のイメージがあるが、小分けのチーズも豊富に取り扱われている。この記事では、業務スーパーでおすすめのチーズと、日持ちしないチーズの上手な保存方法を解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 加熱用なら【ブレンドチーズ】がおすすめ

業務スーパーには大容量でお得なチーズがたくさんあるが、中でも使いやすくておすすめなのが400g入りのブレンドチーズ。一般的なピザ用チーズよりも大きめのフレーク状で、加熱すると溶けるのでピザやグラタンなどにおすすめ。値段は約400円と安く、量も多いので一度購入すればしばらく使えるだろう。
味はチーズ特有のクセや香りが弱く、食べやすいのが特徴。2種類のチーズがブレンドされているので味が濃厚で、食べごたえのある商品だ。加熱するととろけるが、時間が経つと少し固まってしまうので注意が必要。できるだけ熱々のうちに食べきろう。ほかのチーズと合わせてチーズフォンデュにするのもおすすめ。

保存方法

ブレンドチーズは量が多いので、一度開封したら冷凍保存がおすすめ。ジッパー付きの袋に小分けにして入れ、冷凍庫に入れて1時間ほど経ったら袋をもんでチーズをほぐしておこう。使うときは解凍の必要はなく、凍ったまま加熱すればOK。

2. 【スライスチーズ】は業務スーパーが格安!

スライスチーズはサンドイッチやハンバーグなど、いろいろなシーンで活躍してくれる便利なチーズ。業務スーパーには複数種類のスライスチーズが置かれているが、中でもおすすめなのが業務用のスライスチーズ。15枚入って約220円とお得で、ほかにもとろけるチーズやモッツアレラチーズなどがある。どれも薄めのスライスチーズだが、しっかりしたチーズの味わいが感じられて美味しい。

保存方法

スライスチーズも冷凍保存可能。業務スーパーのスライスチーズは1枚ずつ個包装になっているので、そのままジッパー付きの袋に入れて冷凍する。スライスチーズは加熱せずに食べられるタイプもあるが、一度冷凍したものは凍ったまま加熱してから食べるのがおすすめ。自然解凍すると、味や食感が変わってしまう可能性が高い。

3. アレンジいろいろ【パルメザンチーズ】

チーズの中でも比較的高価なのが、粉末状のパルメザンチーズ。パスタなどによく使われる粉チーズで、小さいものでも400円前後することが多い。しかし、業務スーパーで売られているパルメザンチーズは85gで約230円、227gの大容量タイプは約500円とかなり手ごろな価格だ。香りはそれほど強くないが、しっかりとコクがあって美味しい。注ぎ口の部分も大小2種類あるので、使い分けができて便利。

保存方法

粉チーズはボトルのまま冷凍可能。乾燥やにおい移りが気になる場合は、ボトルごとジッパー付きの袋に入れておけばOKだ。長期間放置してしまうと固まってしまう可能性が高いので、気が付いたときに軽くふってほぐしておくとよいだろう。

4. いろいろなフレーバーが楽しい【ロルフ ベビーチーズ】

ロルフのベビーチーズは4個入りで約80円と安く、いろいろなフレーバーがあるので飽きずに楽しめるだろう。プレーンのベビーチーズをはじめ、明太子・生ハム・枝豆・アーモンド・カマンベール・トマト&バジルなどさまざまな種類が売られている。
どれも格安で購入でき、ハムを合わせたりちくわに入れて食べたりとアレンジがきく。そのまま食べても美味しいので、おやつや朝食にもおすすめのチーズだ。1袋4個入りなので、数日あれば十分食べきれるだろう。容量の多いチーズは食べきれるか不安という人にも、ピッタリの商品だ。

結論

今回は業務スーパーでおすすめのチーズを紹介した。大容量で安いチーズはもちろん、少量でも安くて美味しいチーズがあることが分かった。チーズは種類によっては冷凍保存ができるので、冷凍できるものは大容量で購入しても問題ないだろう。ただし、開封後は長時間冷蔵庫で保存するとカビが生える可能性があるので、使いきれない分は早めに冷凍することをおすすめする。
※価格は2019年12月時点の情報
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ