このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
名古屋は喫茶店のモーニングが注目を集める理由

名古屋は喫茶店のモーニングが注目を集める理由

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2020年2月24日

愛知県名古屋市には地元ならではの食文化がたくさんある。そのひとつがモーニングだ。朝食で喫茶店やカフェへ行くと、モーニングと称した朝食セットが当たり前のようにメニューに並ぶ。このモーニング、定番の形がありつつも、最近ではトレンドを踏まえて新しい姿へと変化してきているものもあり、名古屋を代表する食文化として旅行客も楽しむことができる。モーニングの最新事情はどのようになっているのだろうか。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 名古屋人の喫茶好きが生み出すモーニング需要

喫茶店というと、全国的に見ると少しずつ姿を消しつつある飲食形態とも言える。大手チェーンのコーヒー店舗なども増え、気軽にコーヒーを飲める場所は喫茶店に留まらなくなったため、全体的な需要が低下している傾向にあるのは否めない。しかし、そんな逆風が吹きすさぶ喫茶店業界において、名古屋だけは違っているようだ。名古屋人は喫茶店を多用しており、お年寄りから若者、プライベートからビジネス利用まで、ありとあらゆる場面で喫茶店を利用する習慣がある人が多くいる。コーヒーの回数券を発行している店舗もあり、喫茶店が日常に溶け込んでいる街だと言えるのだ。1日に何度も利用する人もいて、朝は朝食とコーヒーをさっと済ませる場所しても利用されているため、独自のモーニングセットというメニューが根付いてきたのだろう。

2. 基本の名古屋モーニングの形

名古屋の喫茶店に入れば、モーニングを出しているお店に出会う事はそう難しくない。東京や大阪でモーニングを出している喫茶店はそう多くはないだろうし、仮にモーニング限定のメニューを提供していても、いわゆる名古屋のモーニングとは異なる場合も多い。

名古屋のモーニングの特徴はその安さだ。モーニングは基本的に朝方に喫茶店に行ってコーヒーなどのドリンクを頼むと、セットでパンとゆで卵、サラダなどが提供されるというもので、プラス料金として100円程度かかる場合もあれば、ドリンク代にもともと含まれている場合も多い。いずれにせよ、ほかのファストフードチェーンなどで朝食を食べるより安価でコーヒーとパンのセットを食べられるというわけだ。

忙しい朝の時間にちょっとだけ早く家を出て喫茶店に寄り、コーヒーと軽い食事をお腹に入れて仕事へ向かう...そんなスタイルが身についている名古屋人だからこそ、モーニングという制度が成り立つのかもしれない。

3. 名古屋モーニングの最新事情

モーニングといえばコーヒーにトーストとゆで卵が長らく定番の形として愛されてきた。さっと食べてすぐにエネルギーになるという意味では非常に理にかなったもののように思う。最近ではゆで卵やトーストが食べ放題になっているモーニングまで登場しているようだ。

また、喫茶店のみならずカフェ業態のお店でもモーニングが展開されることが多くなってきていて、フルーツサンドやヨーグルト、パンケーキなど、モーニングで提供される商品のバリエーションは増えている。その日の気分によって使い分けることもできるので、利用者としては日々のモーニングが楽しみになりそうだ。

もともとコスパのよい名古屋のモーニングだが、さらにコスパを追求した店舗や逆に少し値段は高くなっても上質なものを提供する店舗も増えてきているようだ。

結論

名古屋の食文化を語る上で外すことのできないモーニング。観光のため泊まりで名古屋へ行った際に利用することもあるだろうが、基本は地元の方が喫茶店を日常的に利用しているからこそ提供されているサービスの形だといえるだろう。サービスの形は時代が変われば変化していく。そういう意味では新しいモーニングが生まれるのも必然なのかもしれない。今後も名古屋のモーニング事情に注目してみたい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >