このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【スクランブルエッグ】の豆知識3選!プロ並みの作り方から保存方法まで

【スクランブルエッグ】の豆知識3選!プロ並みの作り方から保存方法まで

投稿者:ライター 筒井千菜実(つついちなみ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年3月 7日

朝食の王道、卵料理の王道であるスクランブルエッグ。簡単に作れて美味しいので子どもから大人まで人気を得ている料理だ。しかし、ホテルで出てくるようなトロトロとしたスクランブルエッグを作るとなると案外難しい。また、手軽にできるということでつい作り過ぎてしまうこともあるだろう。そこで今回は、スクランブルエッグの美味しい作り方や、保存方法などを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スクランブルエッグが余ったらどう保存すべき?

仕上がりがペースト状なことから余っても保存がきかないというイメージのスクランブルエッグ。しかし、正しい方法で保存をすれば、作り立ての美味しさを保つことができる。スクランブルエッグは、冷蔵、冷凍どちらの方法でも保存可能だ。しかし、保存する前に確認しておかないといけないポイントがある。それは「火が完全に通っていること」と「冷めた状態であること」だ。

トロトロで半熟の状態が美味しいスクランブルエッグだが、保存する場合はしっかり火を通そう。半熟のまま保存をすると、菌の繁殖を促進させてしまう恐れがある。半熟のスクランブルエッグを保存する場合は、再度過熱ししっかりと火を通すことをおすすめする。また、温かい状態で保存をしてしまうと、保存中に水分が出て、そこから菌の繁殖に繋がってしまう。最悪の場合、カビが発生してしまうこともあるのでしっかり粗熱がとれてから保存しよう。

スクランブルエッグの正しい冷蔵保存方法は、皿や保存容器にスクランブルエッグを入れ、ラップで巻き、空気が触れないようにする。空気に触れることで酸化を起こしてしまうのでしっかり密閉しよう。一方でスクランブルエッグの正しい冷凍保存方法は、ラップでスクランブルエッグを巻き、ジッパー付きの保存袋などに入れ、空気に触れないようにする。
この記事もCheck!

2. 体重を気にしている人にも!おすすめのスクランブルエッグの食べ方

食べやすさが特徴のスクランブルエッグ。卵の1個や2個ペロリと食べてしまえる。卵1個あたりのカロリーはそれほど高くないが、食べ過ぎてしまうとあっという間に高カロリー摂取に繋がってしまう。また、スクランブルエッグは、卵焼きや出汁巻き卵と違って牛乳を使用するのでほかの卵料理と比べてカロリーはやや高めだ。

しかし、卵には老廃物の排出を促してくれるといわれている「メチオニン」や血圧を下げる働きをもつ「コリン」、筋肉の活性化に役立つといわれる「タンパク質」など身体に必要な栄養素が豊富に含まれているのも事実。スクランブルエッグの食べ過ぎはよくないが、適度な量なら積極的に食べてほしい料理なのだ。

しかし、それでもカロリーが気になるという人のために、おすすめのスクランブルエッグのカロリーオフレシピを伝授する。一般的にバターや牛乳を使ってスクランブルエッグを作るが、カロリーオフレシピでは代わりに豆腐を使う。豆腐をレンジで温め、水気をしっかりきり、潰す。そこに卵と少量の牛乳を加え普段通りに焼いていく。豆腐でカサ増しにもなるし、カロリーも大幅に抑えられるのでおすすめだ。

この記事もCheck!

3. プロが作ったような仕上がりに!絶品スクランブルエッグの作り方

ホテルのようなトロトロのスクランブルエッグをいざ家で作ろうとすると案外うまくいかないものだろう。ここでは、プロが作ったようなスクランブルエッグの作り方を紹介する。

まず、美味しいスクランブルエッグを作るには卵選びが重要だ。卵は新鮮なものほど殻の表面がザラザラしている。さらに卵を手に取ってみたとき、中身に動きを感じたら鮮度が落ちている証拠。卵をふったときに中身が動かないものを使うようにしよう。また、割ったときにも新鮮な卵かそうでないかの区別をすることができる。新鮮な卵は黄身が盛りあがっているのが特徴だ。鮮度の落ちている卵と比べてみるとその差は一目瞭然。割ってみてこんもりしている黄身であれば新鮮な卵であるといえる。

次に卵液を作る工程についてだ。ボウルに卵、牛乳、塩、コショウを入れよくかき混ぜる。ここにマヨネーズを少し加えることでよりトロトロのスクランブルエッグが完成する。混ぜるときも白身と黄身が完全に混ざりきるまでかき混ぜよう。そうすることで仕上がりの見栄えが変わってくる。最後は炒める工程だ。フライパンを中火で温めたらバターを溶かす。バターが溶けたら卵液を流し入れる。この際、火は常に弱火。軽くかき混ぜながら卵を固めていこう。好みの固さになったら火を止め皿に盛りつければ完成。
この記事もCheck!

結論

スクランブルエッグは晩ごはんにあと一品欲しいときや、忙しい朝でも手軽に作ることができる。さらに火力や混ぜ方などのポイントを意識することにより、店で出てくるようなスクランブルエッグを作れるので、ぜひ家でも参考にして作ってみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >