このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

朝食の定番【スクランブルエッグ】正しい保存方法と解凍方法とは?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年2月12日

朝食の王道スクランブルエッグ。毎日朝食の際に作って食べるのが日課、という人もいるのではないだろうか。しかし、ぺースト状のスクランブルエッグは分量を把握しにくく、作りすぎてしまったということも。今回は、余ってしまったスクランブルエッグの保存方法について紹介していく。

  • Facebook
  • Twitter
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

1. スクランブルエッグは保存できる?

ペースト状で、保存ができるイメージのないスクランブルエッグだが、しっかりとした手順を踏めば美味しさをそのまま、保存を行うことが可能だ。また、スクランブルエッグを活用したレシピが多くあるため、賞味期限が近付いた卵をスクランブルエッグや、卵焼きにして保存するのもひとつの手といえる。
スクランブルエッグは、基本的には冷蔵保存か、冷凍保存を行う。
冷蔵保存の場合は、1~2日。冷凍保存の場合は1~2週間以内に食べきるようにする。保存方法がおろそかな場合は、保存中に菌が繁殖してしまう恐れがあるため、正しい手順で行う必要がある。
保存を行う前に、以下のポイントを確認しよう。
  • 火が完全に通っていること
  • 冷めた状態であること
半熟の状態で保存を行うと、菌の繁殖や冷凍焼けを起こしてしまう原因になる。火が通りきっていないと思うスクランブルエッグは、再度火を通してから保存作業に移るようにする。
また、スクランブルエッグがまだ温かい状態で保存作業を行うと、保存中に水分が出てしまい、そこから菌の繁殖につながる。最悪の場合カビが生える可能性もあるだろう。
この2点を確実に行ってから、保存作業に入る。

2. スクランブルエッグの保存方法

スクランブルエッグなどの卵料理は、常温で保存すると菌が繁殖してしまう。そのため10℃以下の環境下(冷蔵・冷凍)で保存を行う必要がある。
常温で放置する時間は2〜3時間が限度だ。夏場の気温の高い場合は、菌の動きが活発になるため、さらに素早く保存作業に入る必要がある。
冷蔵保存と冷凍保存の方法について説明する。
  • 冷蔵保存
    皿、もしくは保存容器に入れサランラップを巻いて保存する。このとき、しっかりめにサランラップを巻き、スクランブルエッグが空気に触れないようにしよう。空気に触れてしまうと酸化を起こし、鮮度が著しく低下してしまう。
  • 冷凍保存
    スクランブルエッグをサランラップにのせ、空気に触れないように巻く。その後ジップ付きの保存袋に入れ完全に空気を遮断する。

3. スクランブルエッグの解凍方法

スクランブルエッグは、そぼろや、サラダ、炒め物などの料理に活用することができるため、ほかの料理を作る工程で解凍していくこともひとつの手だ。また、冷凍状態のままでお弁当に入れても、食べるころには自然解凍されており、お弁当の保冷剤がわりも果たしてくれる。
冷蔵保存を施したスクランブルエッグは、冷えたまま食べることも可能だが、温めて食べたい場合は、電子レンジで温めよう。
冷凍保存したスクランブルエッグは、そのまま冷蔵庫に入れ、時間をかけて自然解凍するのがおすすめだ。電子レンジに入れ、温めながら解凍することも可能だが、その場合水分が過度に出てしまい、水分とともに旨み成分も逃げてしまう恐れがある。
解凍方法次第で、味が大きく変化するため、時間をかけてでも自然解凍をしたほうがよいだろう。

結論

スクランブルエッグは、活用性も高く、手軽に作ることができる。また、保存前のスクランブルエッグを作る段階で、マヨネーズを入れて作ると保存をしたあともふっくらとした状態を保つことができる。卵がかたくなるのを防ぐ、マヨネーズの作用を生かし、つねに美味しいスクランブルエッグを楽しむことができるだろう。スクランブルエッグを作る際は、ぜひ試してもらいたい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ