このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ポッピングボバ】とは?新食感が楽しめる韓国発のジュースを紹介!

【ポッピングボバ】とは?新食感が楽しめる韓国発のジュースを紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 池田絵美(いけだえみ)

2020年3月29日

ポッピングボバ(Popping Boba)とは韓国で話題のプチプチとした食感が楽しめるコーティングジュースだ。見ためがカラフルで若者を中心にSNSに画像や動画を投稿する人が増えている。フレーバーはストロベリー・マンゴー・ピーチ・キウイ・ブルーベリー・ライチなど人気があるようだ。今回はタピオカの次にくるといわれているドリンク、ポッピングボバの特徴や味、価格、食べ方について紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ポッピングボバってどんなもの?

まずポッピングボバの特徴を紹介しよう。ポッピングボバは、韓国発のコーティングジュースだ。でんぷん・海藻由来の膜でジュースがコーティングされており、ツルッとした丸い粒がタピオカやイクラのような見ためだ。口に含み噛んでみるとプチッパチッと弾けるのも特徴のひとつといえるだろう。中から溢れ出すのは濃厚な味わいのフルーツジュースで、たとえるならかき氷のシロップのように甘みが強めだ。

フレーバーの種類はストロベリー・マンゴー・ピーチ・キウイ・ブルーベリー・ライチ・グリーンアップル・ヨーグルト・パッションフルーツなど、バラエティー豊かにラインナップされている。購入できるのはカルディの実店舗やオンラインショップ、ネットショップ、スーパーの韓国食材コーナー、スイーツ店などだ。

カルディで販売されているストロベリー味のポッピングボバの原材料を調べてみると、果糖・イチゴ果汁・デンプン・海藻エキス・香料などが使用されている。カルディのオンラインショップには3歳以下のお子さんや高齢者の方は喉に詰まらせる可能性があるので注意が必要と掲載されている。

2. ポッピングボバの味わいや値段

次に紹介するのは、ポッピングボバの味わいや値段だ。日本ではまだ浸透しきれていないポッピングボバだが、すでに飲んだ人はSNSに感想や画像、動画をアップしているようだ。実際に飲んだ人の感想を調べてみると「キレイで美味しく映える」「味の種類が多いので混ぜて飲むとキレイ」「プチッとはじける食感が楽しい」「タピオカの次にくるのはポッピングボバかもしれない」といった声がみられた。

ほかにも「3種類くらい購入しテーブルのうえに並べておくだけでもかわいい」「見た目はタピオカっぽいけど食べた食感はイクラに近い」「甘いものが恋しいときに飲むドリンクとして最適」という感想がある。ポッピングボバの価格だが、カルディのオンラインショップで販売されているものは、2019年12月現在で1個(90g)あたり税込149円だ。

3. ポッピングボバの食べ方

最後に紹介するのは、ポッピングボバの食べ方だ。カルディのオンラインショップで購入したストロベリー味のポッピングボバのフィルムをはがして開けると、シロップに漬かったキラキラと輝く球体が入っている。見ためはまさにイクラだがストロベリーの香りがして不思議な感じだ。

YouTubeに投稿してある動画を見ると、そのままスプーンですくって食べている人もいる。もちろん、そのまま食べても美味しいが、ヨーグルトにかけたりアイスクリームにトッピングしたり、炭酸水に入れて飲んだり、ポッピングボバの上にホイップクリームをのせて味わったり、フルーツと一緒に器に盛り付けたり、楽しみ方は自由な発想でOK。

中にはジャムのかわりにトーストの上にのせて味わっている人もいるそうだ。ほかにも中身がジュースなので冷凍してシャーベットのようにして味わっている人もいる。ちなみにポッピングボバ自体がジュースなので、ミルクティーやほうじ茶に入れてタピオカドリンクのように飲むのは合わないかもしれない。

結論

食べるジュースともいわれるポッピングボバの特徴や味、食べ方について紹介した。日本ではまだ浸透していないポッピングボバだが、本場の韓国では若者を中心に人気を集めているようだ。新たなドリンクを飲んでみたいときに、ポッピングボバを候補にあげてみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >