このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
新感覚おかゆ「コンジー」とは?ニューヨークで人気の朝食

新感覚おかゆ「コンジー」とは?ニューヨークで人気の朝食

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月 9日

おかゆといえば、病人食か、はたまた旅館の朝食か…。そんなイメージをもつ健啖家のお父さんに、驚きのニュースが海の向こうからやってきた。ニューヨークで朝がゆが人気で、消化がよく食べやすいと話題を集めているという。フルーツやグラノーラ、ハーブなどがトッピングされた、その味はいかに!?

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. グルテンフリー&ヴィーガン!おかゆは完璧な朝食!?

ニューヨークでは、ココナッツミルクなどの植物性ミルクでつくるおかゆ「コンジー」が、健康志向の人々の間で定番の朝食となりつつあるようだ。日本人になじみのある「おかゆ」とはかけ離れた味であることは確かだが、消化がよく身体に優しい点は共通している。

フルーツやグラノーラをトッピングしたり、ターメリックなどのスパイスでアレンジしたりと、ビジュアルもアサイーボウルのようにカラフル。ココナッツミルクが米の風味に驚くほど調和し、甘めの味でも違和感なくいただけるという。グルテンアレルギーの人にも安心で、動物性食品を使用しないのも人気の理由だ。

2. トッピングのバリエーションは無限!コンジーを試してみよう

コンジーはおかゆの要領で手軽に作ることができる。実際に一度作ってみて、気になる味をチェックしてみよう。

まずは、1人分の材料として、ココナッツミルク(120g)、米(50g)、好みのフルーツやグラノーラ、ハーブやスパイス、ナッツなどを用意する。鍋に水(120cc)と米を入れ、柔らかくなるまで15〜20分程火にかける。ココナッツミルクと好みで甘味(砂糖やアガペシロップ)をプラスしてさらに煮る。器によそって、仕上げにフルーツなどをトッピングすれば完成である。SNS映えも意識して美しく盛り付けたい。

結論

京都の有名料亭の朝がゆは、明治初期に祇園で夜遊びした旦那衆に朝食として振舞ったのが発祥のきっかけだとか。さぞや五臓六腑に染み渡ったことだろう。残業明けのお父さんの身体も、ほっこり温かく癒してくれるおかゆ。妻と子供には甘いコンジーを用意して、自分には白がゆと梅干し。そんな朝食もあり得る。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >