このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
豚キムチ炒飯の作り方とアレンジを紹介!パラパラにするコツは?

豚キムチ炒飯の作り方とアレンジを紹介!パラパラにするコツは?

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年5月24日

不動の人気を誇る豚キムチ炒飯。ほどよいキムチの酸味と辛さが豚肉とよく合い、食欲が止まらない。普段何気なく作っている豚キムチ炒飯も美味しく作るコツをつかむことで、より本格的な味わいになるだろう。今回はそんな豚キムチ炒飯の作り方とアレンジ方法について紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 豚キムチ炒飯の魅力

豚キムチ炒飯の魅力は、スパイシーで辛いのにあとをひく旨さが魅力だ。通常の炒飯よりも食欲をそそるとファンも多い炒飯レシピなのだ。豚キムチ炒飯は美味しいだけではなく、キムチのもつ健康効果が期待できるということにもある。それは乳酸菌だ。キムチには乳酸菌が含まれており、腸の調子を整えたりしてくれるのだ。乳酸菌は加熱すると効果が減ってしまうといわれているが、豚キムチ炒飯の場合は、キムチをササッと軽く炒めることで、乳酸菌の効果をあまり壊さずに、摂取することができるのだ。さらにキムチの唐辛子に含まれるカプサイシンは体温をあげて、体内の血流をよくしてくれるのだ。このようなキムチのもつ健康効果を効率的に摂取できるのも豚キムチ炒飯の魅力のひとつなのだ。

2. 美味しい豚キムチ炒飯の作り方とは

美味しい豚キムチ炒飯を作る際のポイントは、何といってもごはんをベチャっとさせずに炒めることだ。これはどの炒飯にも共通する最大のポイントで、ごはんはできるだけ水分量が少ないものを使用するのがいいだろう。さらに一気に炒めることで、1粒ずつパラパラに仕上げることができ、美味しい炒飯に仕上がるだろう。

■作り方

豚肉とキムチを一口大にカットしておく。さらにニラや白ネギなどを細かくカットしておく。豚キムチ炒飯に使うごはんは、冷ごはんや水分が少なめで炊いたごはんがおすすめだ。炊き立てのごはんではなく、このようなごはんを使うことで、パラパラとした美味しい炒飯に仕上がりやすい。フライパンにごま油をひき、にんにくのみじん切りを炒め、そこに豚肉を加えて炒める。さらにキムチやニラ、白ネギを加え、砂糖やしょう油で味を調える。最後にごはんと卵を加えて炒め、塩こしょうで味を調えたら完成だ。

3. 豚キムチ炒飯のアレンジ方法

■納豆やチーズをプラスする

意外な組み合わせだと思う人もいるかと思うが、豚キムチ炒飯に納豆やチーズを加えるのもおすすめだ。その理由は納豆やチーズはキムチと同じ発酵食品なので、相性がいいからだ。納豆を加えることで豚肉を使わなくてもボリュームが出たり、チーズを加えることでマイルドな味わいになったりする。

■温泉卵をプラスする

豚キムチ炒飯の場合、卵を一緒に炒めるのもいいが、温泉卵にしてあとからのせて食べるのもおすすめだ。温泉卵のとろりとした食感は、ピリ辛の豚キムチ炒飯とよく合う。卵を崩しながら、食べるのもまた楽しい。

■あんかけをかける

豚キムチ炒飯にあんかけをかけて食べるのもおすすめだ。あんかけは、鶏ガラスープの素にカニカマを加えて卵白を流し込み片栗粉でとろみをつける。ピリ辛の豚キムチ炒飯に優しい味わいのあんかけがプラスされ、手軽に本格的な店のような炒飯に仕上げることができる。

■炊き込んで作る

豚キムチ炒飯というとフライパンで炒めて作るのが定番だ。しかし炊飯器に材料を入れ炊き込んで作るのもいいだろう。忙しい人でも手軽に炊飯器にセットするだけでできるので、おすすめの時短料理だ。夕飯に炊き込んだ豚キムチ炒飯を味わってみるのもいいだろう。

結論

豚キムチ炒飯は、栄養も満点で旨みが多く含まれているので、食欲をそそる一品だ。基本的に冷ごはんなど水分が少ないごはんを使うことで、パラパラの仕上がりになる。さらにアレンジもたくさんあるので、いろいろな作り方で豚キムチ炒飯を楽しんでみてほしい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ