このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カニ玉の栄養や作り方を丸ごと解説!アレンジレシピも紹介!

カニ玉の栄養や作り方を丸ごと解説!アレンジレシピも紹介!

投稿者:ライター 筒井千菜実(つついちなみ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年5月 9日

カニ身と野菜が入った卵焼きに甘酢アンをかけた中華料理、カニ玉。酒のつまみにもなり、ごはんのお供にもなるメニューのひとつである。また、カニ玉はカニ身の赤、ネギの緑、卵の黄色と色鮮やかな見た目なので、食卓に並べると華やかさをプラスしてくれるのも特徴だ。今回は、そんなカニ玉のカロリーや作り方、アレンジレシピなどを紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カニ玉のカロリーと糖質は?

カニ玉の主なカロリー源は、卵と油だ。一般的なカニ玉であれば、1人前に使用される卵はふたつ。プラス、炒めるときの油を考慮したとしてもカニ玉のカロリー自体は高いとはいえないだろう。しかし、カニ玉は白ごはんやチャーハン、スープなどと一緒に食べられることが多いので、そうなると摂取カロリーはグッと高くなってしまう。一方で糖質はそこまで高くないと思われがちだが、実は少し高め。甘酢アンには、甘みを出すために砂糖を、とろみを出すために片栗粉が使われるからだ。卵料理なのでたんぱく質は豊富ではあるが、糖質も高めなのでダイエット中などには不向きな料理だろう。
この記事もCheck!

2. カニ玉を作る際の食材の選び方や下ごしらえについて

カニ玉の食材選びは比較的自由度高め。カニ身はカニ缶でもよいし、ボイルガニでもよい。ネギも見た目重視で小口切りでも、食感を楽しむために粗みじん切りでもよいのだ。下ごしらえのポイントひとつめは、卵はしっかりかき混ぜるのではなく、ふんわり仕上げるためにザックリと混ぜておくこと。ふたつめは、カニ玉に香ばしさの風味がプラスされるように、具となる食材は先に炒めておくこと。どちらとも単純な下ごしらえだが、やるとやらないとでは仕上がりが変わってくるので、ぜひ怠らないでほしい。
この記事もCheck!

3. カニ玉の材料を活用した献立を紹介

カニ玉といえば、カニと卵。そのカニと卵を使って副菜を作ってみよう。レシピひとつめは「カニ玉サラダ」。ボウルにカニと茹で卵を入れ、マヨネーズと塩、コショウで味付けをしたら完成。彩りで、トマトや枝豆などを入れるのもよいだろう。レシピふたつめは「カニの茶碗蒸し」。茶碗に好みの具材とカニ缶、水を入れ、みりんと醤油で味付けをする。そっと卵液を流し込み、蒸したら完成だ。エビも一緒に入れると、カニとの風味が相まって絶品海鮮茶碗蒸しとなるだろう。
この記事もCheck!

4. カニ玉にかけるアンのアレンジレシピ

カニ玉を作るうえで押さえておきたいポイントは、卵が固くなりすぎないタイミングで取り出すことと、アンに水溶き片栗粉を入れすぎないようにすること。どの工程も少しタイミングがずれるだけで、ふわふわ感のないカニ玉ができあがってしまう。また、カニ玉のアンは甘酢というイメージだが、いつものアンにちょっとアレンジを加えると一味違ったカニ玉を楽しめるのでおすすめだ。一般的にカニ玉のアンは、醤油、砂糖、酢、酒、顆粒のチキンスープの素、水、片栗粉で作られるが、酢を入れずにオイスターソースを入れることで、より中華な雰囲気へと仕上がる。さらに、醤油ベースにこだわらず、白出汁ベースにすることで、和テイストなカニ玉ができあがるだろう。
この記事もCheck!

5. カニ玉を活かして作る絶品天津飯の作り方

カニ玉と白ごはんを合わせた中華の王道料理、天津飯。絶品天津飯を作るには、カニ玉作りに気合いを入れなくてはならない。基本のカニ玉をごはんの上に乗せて天津飯を完成させるのももちろんよいが、たまにはアレンジの効いた天津飯も作ってみよう。たとえば、甘酢アンを塩ダレや醤油ダレにしてみたり、カニ玉に入れる具材をパプリカやコーンなどの洋風テイストなものにしてみたりするのはいかがだろうか。さらに、白ごはんをチャーハンにして、天津チャーハンとして食べるのもおすすめだ。味や風味が複雑になるが、意外と相性がよい。
この記事もCheck!

結論

カニ玉は、アレンジ次第でさまざまなテイストの料理に仕上がるので面白い。具材も冷蔵庫の中にある余りものを使えば、冷蔵庫の整理にもなり、新たな美味しい食べ方の発見にも繋がるだろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ