このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
クロワッサンたい焼きの発祥は?冷凍パイシートで手作りできる!

クロワッサンたい焼きの発祥は?冷凍パイシートで手作りできる!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年6月10日

たい焼きというとフワフワとしっとりとした生地が特徴であるが、2013年頃からはたっぷりのバターを使った生地に餡を包んだ「クロワッサンたい焼き」が登場している。普通のたい焼きとは違うカリカリとした食感は、専門店が出るほどの人気だ。ここではクロワッサンたい焼きについて詳しく紹介していきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. クロワッサンたい焼きの発祥や価格

クロワッサンたい焼きは、たこ焼きで有名な銀だこが展開している「銀のあん」というたい焼きブランドのものである。銀のあんは薄皮たい焼が定番商品であるが、2013年からはクロワッサンたい焼きが登場し、人気メニューとなっている。

クロワッサンたい焼きは、24層に重ねた生地を2枚の鉄板に挟んで高温で一気に焼きあげて作る。こうして作られたクロワッサンたい焼きは、カリッとサクサクした仕上がりだ。

銀のあんでは、通常の薄皮たい焼きを150円、クロワッサンたい焼きを210円としている。薄皮たい焼きはあずき、クリーム、ショコラの3種類に対し、クロワッサンたい焼きはあずきとクリームの2種類のみだ。また、これ以外にも季節限定で変わりメニューに出会えることもある。

銀のあんのクロワッサンたい焼きに使われている餡は、北海道産小豆を使用して作られた自家製餡。薄皮たい焼きよりも価格は高いが、サクサクとした生地を楽しめるクロワッサンたい焼きは人気メニューである。

2. 手作りしてみよう!クロワッサンたい焼きの作り方

じつは、自宅でたい焼きを作れる「たい焼きプレート」なる調理器具が存在する。たい焼きプレートを使えば、自宅でもクロワッサンたい焼きを作れるのだ。

クロワッサンたい焼きを作るのに必要な材料は、生地用の冷凍パイシート、そして中に詰める餡である。餡は粒あんやこしあんなど好みのものでよい。また、カスタードクリームやリンゴのコンポートなど、小豆餡にこだわらずいろいろなものを試してお気に入りの組み合わせを見つけてみよう。

パイシートを使ったクロワッサンたい焼きの作り方は、意外と簡単だ。まず冷凍のパイシートを解凍し、打ち粉をしてから麺棒で伸ばす。たい焼きプレートの大きさに合わせてカットしてプレートに乗せ、餡を入れたらもう1枚の生地を被せる。そのままプレートを閉じてもよいが、たい焼きの形に沿って生地をカットしてもよい。プレートを閉じて、両面を返しながら焼いたら完成だ。

冷凍のパイシートはいろいろな使い方ができるので、冷凍庫に常備しておくと便利である。いつものお菓子作りに飽きたときは、餡を挟んで焼くだけのクロワッサンたい焼きにチャレンジしてみよう。

3. 体重制限中でもOK?クロワッサンたい焼きのカロリーは?

クロワッサンたい焼きは、サクサクな生地には脂質が多く含まれ、餡には砂糖が多く使われている。生地の違いからも普通のたい焼きに比べるとカロリーが高いと予想できそうだが、実際はどのくらいのカロリーなのかを調べてみよう。

まず、普通のたい焼きのカロリーは1個あたり約220kcalとなっている。一方でクロワッサンたい焼きのカロリーは、1個あたり約340kcal。店での作り方やサイズによって異なるが、平均的にはこのくらいと予想されている。

クロワッサンたい焼きは、普通のたい焼きに比べると約100kcalも多い。1日あたりの間食の目安は100kcal〜200kcalとなっているので、1個食べるだけでも150kcal弱オーバーしてしまうのである。

クロワッサンたい焼きは糖質や脂質を多く含むため、体重を気にしているなら注意をしておきたい。1回に食べる量はもちろん、間食にクロワッサンたい焼きを食べたときは、カロリー控えめの食事にするなど食事の内容や量にも十分に注意を払おう。

結論

クロワッサンたい焼きは、銀だこと同じ会社の運営している銀のあんのメニューであるが、人気の広まりによっていろいろな店で食べられるようになっている。また、たい焼きプレートさえあれば、冷凍のパイシートを使って自宅でクロワッサンたい焼きを再現することも可能だ。カロリーには十分に気を付けながら、美味しいクロワッサンたい焼きを楽しんでみよう。
*価格は2020年5月のもの、税込み価格。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ