このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ヨーグルト漬けに適した食材は?鶏胸肉やヨーグルトの漬け物も!

ヨーグルト漬けに適した食材は?鶏胸肉やヨーグルトの漬け物も!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年7月12日

ヨーグルトはシロップやフルーツと一緒にデザートとして食べることが多いが、料理にも活用できる万能な食材だ。海外ではヨーグルトを調味料の1つとして、普段からソースやドレッシングに使う国もある。ここではヨーグルト漬けにおすすめの食材や、ヨーグルトの活用術について詳しく紹介していきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ヨーグルト漬けに最適な食材の紹介や作り方

ヨーグルトはまろやかな口当たりと、ほどよい酸味が特徴の食材。とくに肉と相性がよく、肉質を柔らかくしたり臭みを取ったりするのに役立つ。肉の臭みを取る食材にはにんにくや生姜酒などいろいろなものがあるが、ほかの食材と合わせてヨーグルトを使うと相乗効果でより高い効果が期待できるかもしれない。

肉の中でもとくにヨーグルトと合わせて使われることが多いのが鶏肉。下味として使用したヨーグルトをそのまま使うことで、料理全体の仕上がりがまろやかになるのだ。ヨーグルトは料理の隠し味としても役立つ。

・タンドリーチキン

カレー粉やにんにくなどの調味料とプレーンヨーグルトを合わせたものに鶏肉を入れて漬けておく。時間が経ったら油をひいたフライパンで焼いて完成。

漬けておく時間は1時間がベストだ。ゆっくり時間をかけて味をしみ込ませることで、肉が柔らかくなる。下味をつけて冷凍しておけば、時間がないときでも焼くだけで立派なおかずがすぐに作れるのでおすすめだ。

・鶏肉の味噌ヨーグルト焼き

味噌とヨーグルトの発酵パワーで、腸活にも期待できそうなメニュー。鶏肉を味噌とヨーグルトを合わせたものに漬け込み、冷蔵庫で1時間ほど休ませてからフライパンで焼きあげる。焼くときは焦げ付きやすいので、注意しながら焼こう。ヨーグルトの力で鶏肉は柔らかくなり、味噌によってまろやかな風味を加えられる。

2. 安い鶏胸肉が大変身。ヨーグルト漬けの効果は?

鶏胸肉は安く買えるが、パサパサとした質感でもの足りなさを感じる人もいるだろう。せっかく安く手に入れても、美味しくなければ残念な気持ちになってしまう。

そんな鶏胸肉をヨーグルトに漬けておくと、もも肉のようにしっとりとし、食感がよくなる。これは、ヨーグルトの乳酸が肉の筋繊維をほぐして肉質を柔らかくする効果があるため。キウイやパイナップルなどにもたんぱく質を分解する酵素が含まれているが、果物より手ごろな価格で買えるヨーグルトがおすすめだ。

作り方は簡単で、ヨーグルトに鶏胸肉を漬けて、冷蔵庫で半日〜1日寝かせる。塩やにんにく、生姜などそのほかの食材と一緒に漬けると、味付けやソースも不要で便利である。時間が経ったらヨーグルトを落とさずそのまま焼くだけでOK。とても簡単な方法ではないだろうか。

鶏もも肉はジューシーさが魅力だが脂っぽくて苦手、胸肉はパサパサしていてもの足りないという人はぜひこの食べ方を試してみてほしい。

3. あと一品に便利!ヨーグルトで漬物も

漬物を作ってみたくても、難しそうで手を付けられない、においが気になるという人もいるだろう。ヨーグルトを使えば冷蔵庫のなかで簡単に漬物を漬けることができるので、初心者の人にもおすすめだ。

作り方は、まずセロリやきゅうりなどの野菜を用意して、好みの大きさにカットし塩をまぶす。ヨーグルトの全体重量に対し、5%の塩を加えて保存容器に入れ、野菜を入れる。

一晩なら浅漬け、2〜3晩漬けておけばしっかりと味のなじんだ漬物の完成だ。ヨーグルトと塩だけでも美味しい漬物はできるが、より本格的な味を求めるならちぎったパンを入れてみよう。酵母の力でより熟成された味わいの漬物に仕上がる。

結論

ヨーグルトは肉を柔らかくしたり、漬物を漬けたりと料理への活用の幅も広い。腸内環境を整える効果が期待されているヨーグルトは、まろやかな味を加えたり、食べやすくしたりと色んなメリットがあるのだ。ヨーグルトを活用すれば、誰でも簡単に料理上手になれる。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >