このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
かに玉あんかけの作り方を紹介!失敗しないためのポイントは?

かに玉あんかけの作り方を紹介!失敗しないためのポイントは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年9月23日

かに玉あんかけは人気の中華系おかずのひとつだ。ごはんにのせれば天津飯としても楽しめ、食欲をそそる。今回は、自宅でも本格的なかに玉あんかけの味が楽しめるおすすめの作り方を紹介するので、自宅にいながら本格中華の味を再現してみてもらいたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. かに玉あんかけを作ってみよう

かに玉あんかけはふわとろの卵にかにの風味が加わった贅沢な料理で、ごはんのすすむ一品だ。かに玉あんかけはそのままごはんにかけることで、天津飯としても味わえる。そんなかに玉あんかけを自宅で作る際は、使うかにの種類も人それぞれだ。かにの缶詰を使ったり、本物のかにの身をほぐして使うのもいいが、低コストなカニカマを使っても美味しいかに玉あんかけを作ることができる。その日の気分や予算に合わせ、使うかにの種類を変えても美味しく作れるのもかに玉あんかけの魅力だ。今回は自宅でも簡単に本格中華を楽しめる、かに玉あんかけの美味しい作り方を紹介しよう。

2. 定番のかに玉あんかけの作り方

材料

かに玉あんかけを作る際は、かに玉の材料とあんかけの調味料を2つに分けて用意する必要がある。かに玉の材料は、卵、かにのほぐし身缶(カニカマでも可)、グリンピース、酒、ねぎ、サラダ油、塩こしょうだ。あんかけ作りに必要な材料は、砂糖、醤油、酒、酢、水、鶏がらスープの素、水、片栗粉だ。

作り方

ねぎを小口切りにしておき、あんかけ作りの調味料をボウルで混ぜ合わせておく。フライパンにサラダ油を入れて熱したら、小口切りしたねぎとかにを入れて炒め、酒、塩こしょうを加えて味を調える。ボウルに卵を割り入れてよく混ぜたら、フライパンに流し入れ全体に火が入るように菜箸とフライパンを動かしながら加熱する。できあがったら器に移しておこう。次はあんかけ作り。合わせておいた調味料をフライパンに入れて煮立たせたら、水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。あんかけを卵にかけたら完成だ。

3. アレンジかに玉あんかけをチェック

ケチャップ味のかに玉あんかけ

かに玉あんかけの中でもケチャップ味が好きな人も多い。赤いあんかけが食欲をそそるアレンジかに玉だ。作り方は鍋に水と酢、鶏がらスープの素、砂糖、ケチャップ、酒、しょう油、塩、片栗粉を入れてあんを作っておく。フライパンを熱してサラダ油を入れたら、かにやねぎ、たけのこなど好みの具材を入れて炒め、溶き卵に塩こしょうを加えて混ぜたものを流し入れて焼く。焼きあがったら皿に盛り、あんかけをかけてグリンピースをトッピングしたら完成だ。

野菜かに玉あんかけ

野菜をたっぷり食べられるかに玉あんかけもおすすめだ。野菜をたっぷり入れたふわふわ卵にあんかけをかけることで、子どもでも気兼ねなく野菜をたくさん食べられる満足レシピになる。作り方は、ボウルに卵を割り入れて、薄口醤油、塩で味を付けておく。長ねぎや椎茸、人参、たけのこなど好みの野菜を食べやすくカットしてフライパンで炒め、かにと一緒に卵液に加える。フライパンに多めのサラダ油を入れ、卵液を流し入れて焼きあげる。あんかけは、鍋に出汁と薄口醤油、みりん、砂糖、塩を入れて煮立たせる。そこに水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、卵にかけたら完成だ。

4. 美味しいかに玉あんかけを作るポイント

美味しいかに玉あんかけを作るポイントは、卵の固さだ。卵はふわとろに仕上げるために、焼きすぎないのがおすすめだ。また、あんかけはダマにならないように、水でよく溶いた片栗粉を使用して、好みの濃度に仕上げよう。使うかにはかに缶やカニカマなどを使用すると、手軽に作ることができる。

結論

かに玉あんかけは、かにの入ったふわとろ卵にあんかけをかけることで食欲をそそり、口の中でとろけるような味わいが楽しめる。自宅でもかに缶やカニカマを使うことで、低コストで簡単に作れる中華料理として人気だ。かに玉あんかけを作る際のポイントをおさえて自宅で本格中華の味わいを楽しんでみてもらいたい。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ