このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
蒸し鶏におすすめのタレ8選!いつもの蒸し鶏を美味しく食べよう!

蒸し鶏におすすめのタレ8選!いつもの蒸し鶏を美味しく食べよう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

2021年4月12日

鶏肉の柔らかい食感を楽しめる「蒸し鶏」。ヘルシーで美味しいのは嬉しいが、毎回同じ味付けでは飽きてしまうことも少なくない。そこで今回は、蒸し鶏におすすめのタレを8種類紹介する。その日の気分に合わせて、蒸し鶏のタレを上手に使い分けるようにしよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 蒸し鶏に合うシンプルなタレ2選

まずは蒸し鶏の定番ダレである「ポン酢ダレ」と「ピリ辛中華風ダレ」の2種類を紹介する。これら2つは定番のタレなので、普段あまり蒸し鶏を食べない人にもおすすめとなっている。

その1.ポン酢ダレ

蒸し鶏とポン酢醤油の相性は非常にいい。市販のポン酢醤油をそのまま付けながら食べてもいいし、家にある調味料を使って即席でポン酢醤油を作るのもおすすめ。家でポン酢醤油を作るなら、醤油とお酢を小さじ1ずつ、だし汁を小さじ1/3、レモン汁少々を合わせて作るようにしよう。また、わさびやカラシなどの薬味と一緒に食べても美味しくなる。

タレ2.ピリ辛中華風タレ

タレに豆板醤を加えた「ピリ辛中華風タレ」で食べるのもおすすめだ。作り方はいくつかあるが、簡単なのは豆板醤・醤油・お酢・砂糖・ゴマ油を混ぜ合わせるだけというもの。材料こそシンプルではあるが、豆板醤のピリリとした辛味が楽しめる。また、こちらの中華風タレをアレンジしたい場合には、長ネギ・ショウガ・ニンニクなどをみじん切りにして和えてみるのもおすすめだ。

2. 蒸し鶏に合う濃厚なタレ3選

淡泊な味わいの蒸し鶏を濃厚なタレで食べたいという人もいるだろう。そのような場合には「味噌ダレ」「マヨポンだれ」「ゴマだれ」などを試すのもおすすめだ。これらのタレについて確認しよう。

その3.味噌ダレ

まずおすすめなのは、濃厚な味噌の味わいと香りが楽しめる「味噌ダレ」。味噌・みりん・砂糖・醤油・酒を鍋に入れて火にかける。それから軽くトロミがつくまで弱火で加熱すれば完成となる。出来上がった蒸し鶏にかけても美味しいし、蒸し鶏を付けながら食べても美味しい。醤油やポン酢ベースのタレとは異なる味わいなので、いつもと違った蒸し鶏を楽しむことができるだろう。

その4.マヨポンだれ

通常のポン酢ダレよりも濃厚なタレを楽しみたいなら、マヨネーズとポン酢を合わせた「マヨポンだれ」がおすすめだ。また、こちらは辛味がないため、子どもたちでも美味しく食べられる。作り方も簡単で、マヨネーズとポン酢醤油を合わせてから、塩で味を調えれば作ることが可能だ。マヨネーズを使う分カロリーが高くなるのがデメリットだが、それを気にしないならおすすめのタレといえる。

その5.ゴマだれ

蒸し鶏とゴマだれの相性もいいのでおすすめ。市販のゴマだれを簡単に食べられるし、材料にこだわって自家製ゴマだれに挑戦してもよい。自宅で作るなら、まずは白ゴマとゴマ油をフードプロセッサーで攪拌して白練りゴマを作ろう。それから、ボウルなどに白練りゴマ・お酢・醤油・砂糖・塩を入れて混ぜ合わせば完成する。ゴマの香りと味が口いっぱいに広がって、蒸し鶏がより美味しくなる。

3. 蒸し鶏に合うさっぱりタレ3選

蒸し鶏をサッパリと食べたいという人もいるだろう。そのようなときには「レモン醤油タレ」「ネギダレ」「めんつゆ香味ダレ」などを試してみてはいかがだろうか。一つずつ確認しておこう。

その6.レモン醤油ダレ

レモン汁をベースにした「レモン醤油ダレ」を使えば、蒸し鶏をサッパリと食べることが可能だ。レモン醤油ダレは、レモン汁大さじ2に対して醤油大さじ1と塩少々を合わせるだけでよい。また、ポン酢や白ゴマなどを加えて、アレンジするのもおすすめだ。なお、レモンの酸味が強い場合には、砂糖を加えてみよう。加熱するとしっかりと溶けるので、食べやすいレモン醤油ダレになる。

その7.ネギダレ

ネギをたっぷり使った「ネギダレ」で蒸し鶏を食べるのも美味しい。ネギダレを作るときは、まず長ネギ(白ネギ)をみじん切りにしておく。それからボウルに、長ネギ・醤油・みりん・ゴマ油・白ゴマ・コショウを入れて合わせれば完成となる。ネギやゴマがたくさん入っているので、爽やかな味と豊かな香りを楽しむことが可能だ。また、お好みで一味唐辛子やラー油などを入れても美味しい。

その8.めんつゆ&わさびダレ

めんつゆを使ったさっぱりダレもおすすめだ。めんつゆをそのまま使うと甘みが強いので、わさびなどと合わせるとよい。わさびのツーンとした刺激を楽しめるようになり、いつもの蒸し鶏が美味しく食べられる。また、めんつゆをベースに香味野菜と和えたり、梅肉と合わせたりしても美味しくなる。少ない材料で美味しく食べられるので、ぜひ覚えておきたいタレとなっている。

結論

蒸し鶏におすすめのタレには「ポン酢ダレ」や「ピリ辛中華風タレ」をはじめ、さまざまな種類がある。これらのタレは調味料から作ると大変だが、市販品を使えば比較的簡単に作ることが可能だ。蒸し鶏はシンプルな味なので、好みのタレを作って美味しく食べるようにしよう。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2020年10月15日

  • 更新日:

    2021年4月12日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ