このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
蒸し鶏のタレの作り方は?さまざまな種類を自作してみよう!

蒸し鶏のタレの作り方は?さまざまな種類を自作してみよう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年10月15日

蒸し鶏はヘルシーで作るのも簡単だが、それ自体の味は薄い。そのため、どのようなタレを使うかが味を大きく左右する。自作できるタレにも美味しいものが多数あるので、せっかくならいろいろ作ってみよう。本記事では、蒸し鶏に合うおすすめのタレの作り方を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 使える万能タレ!蒸し鶏の中華風ピリ辛ネギソース

まずは、定番の中華風タレを作ってみよう。ピリ辛風味が蒸し鶏によく合う。

ポイントは豆板醤にごま油、ネギ

中華風タレといっても材料の選び方はさまざまだ。ベースとなるのはしょうゆや酢、砂糖あたりだ。しかし、中華風の味を付けるために重要な調味料がある。まず、豆板醤はピリ辛の味付けのためにぜひ入れたい。辛さだけではなく、味噌ならではの旨みも加えられる。ほかに、ごま油やネギもポイントとなる。これらを混ぜ合わせれば、タレの完成だ。いずれの材料もスーパーなどで簡単に手に入るので、中華風タレを作る場合にはぜひ揃えたい。

ほかの料理にも使える!

中華風タレは蒸し鶏以外の料理に使っても美味しい。たとえば鶏の唐揚げや魚の竜田揚げなど、揚げ物との相性がとくによい。もちろん、茹で豚やサラダなどあっさりした料理にも使える。もしたれを茹で鶏に使いきれなくても、心配は不要だ。

辛さをしっかり効かせれば、食べごたえも十分だ。とくに辛さが好きな人はぜひ作ってみよう。

2. めんつゆで手軽に!蒸し鶏をさっぱり和風香味タレで

蒸し鶏には和風のタレもよく合う。和風というと出汁の準備などが必要なイメージもあるが、もっと手軽にめんつゆを使って作ってしまうのがおすすめだ。もちろん、余裕があれば出汁から準備するのもよい。

めんつゆと香味野菜だけでも十分美味しい

めんつゆにはしっかりと味が付いている。とくに濃縮タイプならなおさらだ。出汁の旨みや甘さも含まれるため、ほかの調味料を加えなくても十分に美味しい。だが、香味野菜を加えるのはよい選択肢だ。塩分を抑えつつ、より豊かな香りを楽しめる。おすすめの香味野菜はネギ、茗荷、大葉あたりだ。いずれも細かく刻んでめんつゆに加えるだけでよい。

さらに味を加えるなら

めんつゆと香味野菜だけでもたれタレとして美味しいが、好み次第では調味料を加えるのもよい。その場合は、塩分をなるべく避けつつ、香り付けできるものを選ぶとよい。たとえば酢やごま油を少量加えれば、同じ和風でもより主張の強い味に仕上げられる。レンジなどで軽く加熱すれば、まろやかな味に落ち着けることも可能だ。

タレの味はめんつゆの種類によっても変わる。普段使わない種類のめんつゆを買って試すのも面白いだろう。

3. 子どもも大好きなマヨネーズを使って!蒸し鶏のマヨポンタレ

蒸し鶏のタレを簡単に、かつ子ども好みの味に仕上げたいこともあるだろう。その場合は、マヨネーズを使うのがおすすめだ。油分は増えるが、蒸し鶏自体があっさりしているため、油分のバランスを崩す心配は少ないはずだ。

おすすめはマヨポン!

マヨネーズを使ったタレにもいろいろあるが、とくにポン酢と組み合わせたマヨポンがおすすめだ。あっさりとした味に仕上がるため、蒸し鶏にもよく合う。マヨネーズと市販のポン酢を混ぜるだけでよいので、手軽なのも嬉しい。こだわるなら、ポン酢を自作するのもよいだろう。

すりごまで香り豊かに!

シンプルなマヨポンもよいが、ひと工夫して味を追加するのもよい。手軽かつ美味しく仕上げるなら、すりごまを加えてみよう。マヨポンに香ばしさが合わさり、蒸し鶏を贅沢な気分で食べられる。すりごまの量によって味を大きく変えられるため、好みに応じて調整してみよう。

マヨポンタレを使えば、たとえば野菜を添えてサラダ風にもできる。せっかくなら野菜も一緒に食べて、栄養をしっかり摂りたい。

結論

蒸し鶏に合うタレは、ピリ辛の中華風から和風、マヨネーズと幅広い。簡単に作れ、好みの味を見つけるのも難しくないはずだ。もちろん、ここで紹介した以外にも多数の美味しいタレがある。興味のある人は、さまざまなタレを試し、家族みんなで蒸し鶏を美味しく食べていただきたい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ