このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【鶏肉】の美味しい調理法まとめ。揚げる・焼く・蒸すのおすすめ料理3選

【鶏肉】の美味しい調理法まとめ。揚げる・焼く・蒸すのおすすめ料理3選

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月 4日

多様な調理方法があり、様々な料理に使われている鶏肉。部位や調理方法毎に違った食感が楽しめるのも鶏肉の魅力の一つだろう。ここでは、そんな鶏肉の食感に焦点をあて、食感別の鶏肉の調理方法や料理について紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 鶏肉を揚げてカリカリ食感を楽しむ

一口に鶏肉の揚げ物といっても様々なものがあるが、カリカリの食感を楽しみたいならオススメは「竜田揚げ」だ。通常の唐揚げは小麦粉をまぶして揚げるが、竜田揚げは代わりに片栗粉を使うため、よりカリカリに仕上がる。下味をつけ、軽く水気を取り、片栗粉をまぶして、180度の油で色がついてカリッとなるまで揚げれば、カリカリの竜田揚げの完成だ。

2. 鶏肉を焼いてジューシーさを味わう

チキンソテーは、皮はパリッと、中はジューシーな食感を楽しめる。上手く調理するポイントは、鶏肉の下処理として、筋切りとフォークで皮を刺し、次に鶏肉を下味の塩コショウなどと玉ねぎのすりおろしに漬けて揉みこむことで柔らかくしっとり焼き上げることができる。焼く際には、中火で加熱したフライパンに皮から先に焼き、焼き色がついたら裏返して弱火で中まで火が通れば完成だ。チキンソテーにはムネ肉を使っても良いが、うまく焼かないとパサパサになるので、モモ肉の方が焼きやすいだろう。

3. 鶏肉を蒸してサッパリヘルシーに!

鶏肉は蒸すことでよりサッパリした食感が楽しめる。蒸す場合は、なるべく脂肪分が少ない部位が向いており、ササミかムネ肉が良いだろう。たっぷりのお湯に、下味をつけた鶏肉を耐熱のビニール袋に入れて、低温でじっくり茹であげると蒸し鶏の完成だ。蒸した後は裂いてサラダに乗せて、棒棒鶏サラダとして食べるのも良いだろう。

結論

鶏肉は日本だけでなく色々な国で食べられているため、本当に様々な料理に使われている。今回は鶏肉がメインの料理を紹介したが、好みの味や食感で、好みの料理を選んで鶏肉を調理してみてはいかがだろうか。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >