このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
圧力鍋で筑前煮を作ってみよう!時短で簡単とメリットだらけ!

圧力鍋で筑前煮を作ってみよう!時短で簡単とメリットだらけ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年10月14日

筑前煮の作り方にはいくつかあるが、圧力鍋があるなら話は簡単だ。圧力鍋ならではのメリットを利用し、美味しい筑前煮を簡単に作ろう。本記事では、圧力鍋を使った筑前煮の作り方について説明していく。圧力鍋が手元にある人は、ぜひ試していただきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 筑前煮は圧力鍋で作れば失敗知らず!

筑前煮に限らず、煮物一般を圧力鍋で作る際には、メリットがいくつもある。もし圧力鍋を持っているなら、筑前煮作りにぜひ使ってみよう。

短時間で火を通せる

圧力鍋のふたを閉じて加熱すると、内部の圧力があがるため、温度が100℃を超える。そのため、より短時間で食材に火を通せるようになる。

ガス代を節約できる

短時間で加熱が終わるといっても、加熱時の火加減自体は変わらず、圧力鍋の内部の温度が高くなるだけだ。つまり、ガス火の使用時間が短くなるため、結果的にガス代の節約につながる。

食材を柔らかく煮込める

圧力をかけて高温で煮込む結果、食材が通常の鍋と比べて柔らかくなる。固い食材でも短時間で食べやすく仕上がるため、便利だ。

圧力鍋にはこのようなメリットがある。圧力鍋を使えば、筑前煮を短時間で簡単に作れる。失敗もほぼないため、安心して使っていこう。

2. 筑前煮の作り方!圧力鍋があれば簡単!

筑前煮作りに圧力鍋を使うとはいうものの、面倒な工程が必要というわけではない。

食材選び

筑前煮に使う食材はさまざまだ。定番である鶏肉やこんにゃく、ごぼうやにんじんのほかにも、里芋やたけのこなどが候補となる。圧力鍋を使うなら、比較的固めの食材を使うのもありだ。根菜類やたけのこなどを積極的に使ってみてはどうだろうか。

圧力鍋で調理

ひと口大に切り分けた食材を圧力鍋に入れ、さらに調味料を加える。しょうゆや塩、砂糖、酒、みりんなどを加えれば間違いなし、ほかにも好みの調味料を加えるのもアリだ。あとはふたをして加熱すればよい。5分程度加熱し、あとは火を止めて余熱で火を通せばよい。

加熱時間が長過ぎると、食材が煮溶けてしまう可能性もある。塩梅を把握するのが難しいかもしれないが、最初は失敗を覚悟で何度か試してみるのがおすすめだ。

3. 筑前煮を圧力鍋で美味しく作るコツとは?

圧力鍋で手軽に筑前煮を作れるといっても、食材によって適した下処理がある。丁寧に行えば筑前煮がより美味しくなるので、ぜひ下処理をしていただきたい。

鶏肉の下処理

もも肉の端には、脂肪や筋が付いている場合がある。味や食感を損ねる原因になりうるので、下処理の段階で取り除いておこう。

食材の切り方

基本的に、食材の大きさを揃えるのがよい。とくににんじんやごぼうといった固い食材については、大きさを揃えないと火の入り方にムラが生じる。大きさが揃っていれば、どちらも乱切りでOKだ。

こんにゃくについては、切るよりもちぎるほうがよい。ちぎると味がしみ込みやすくなるためだ。とはいえ素手でちぎるのは難しいので、スプーンを使って削り取ると簡単だ。

アク抜き

食材によってはアクが強く、そのまま煮込んでもえぐみが残る場合がある。とくに顕著なのはこんにゃくだ。ちぎったあとは、塩もみをしたうえで下茹でをしておこう。なお、こんにゃくの種類によっては下茹で不要のものもある。

ほかにアクが強いのはごぼうだ。切ったあとは水にさらしておけば、アクを取り除ける。

かき混ぜ過ぎない

圧力鍋で加熱すると、食材が柔らかくなり、同時に崩れやすくもなる。あまりかき混ぜてしまうと食材が崩れ、食感を楽しめなくなってしまう。とくに加熱したあとは、あまりかき混ぜないように注意しよう。

下処理にひと手間かける必要があるものの、きちんと行った場合の美味しさは格別だ。とくにこんにゃくや根菜類については、丁寧に下処理をしていただきたい。

結論

圧力鍋を使えば、筑前煮を速く簡単に作れるうえ、ガス代の節約にもなる。食材の下処理の手間が必要ではあるものの、それさえ終わればあとはほぼ放っておくだけで完成する。好きな具材を入れ、栄養たっぷりの筑前煮を手軽に楽しんでいただければ幸いだ。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ