このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
たらこパスタの献立はどうする?おすすめなサラダやスープを紹介

たらこパスタの献立はどうする?おすすめなサラダやスープを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年11月10日

たらこパスタは美味しいが、一品だけでは味も栄養も偏ってしまう。そこで、サラダやスープを組み合わせて、たらこパスタがメインの献立を考えてみよう。たらこパスタと合わせたいおすすめな料理を紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. たらこパスタの日の献立は?さっぱり系のサラダが合う

たらこパスタには薬味程度しか野菜が入っていないため、献立にはぜひサラダを取り入れたい。濃厚な味のたらこパスタには、さっぱり系のサラダを組み合わせるのがおすすめだ。

大根サラダ

しゃきしゃきとした食感の大根サラダを献立に加えると、たらこパスタが食べやすくなる。和風のドレッシングをかけていただこう。しらすやじゃこをトッピングしても美味しい。

ささみや鶏ハムのサラダ

さっぱりした味わいながら、少量の鶏肉も加えて満足感の得られるサラダを献立に入れてはいかがだろう。とくに、ささみがさっぱりとしていて食べやすい。また、鶏むね肉で作った鶏ハムもサラダの具材におすすめだ。たっぷりのレタスや水菜などの葉野菜に蒸したささみか鶏ハムをトッピングとして盛り付けよう。

パプリカとグレープフルーツのサラダ

赤と黄色、2色のパプリカを使った彩り豊かなサラダを献立に入れると、食卓が華やかになる。さっぱりとしていて、たらこパスタともよく合う。

温野菜サラダ

にんじんやかぼちゃ、ブロッコリーなどの蒸し野菜を組み合わせた温野菜サラダもおすすめ。味噌マヨディップなどでいただこう。

2. たらこパスタの日の献立は?スープは野菜多めで

たらこパスタをメインにした献立には、具沢山なスープを加えて、さらにしっかりと野菜を摂ろう。たらこパスタがシンプルな料理のため、コンソメやトマト、和風などさまざまなスープと組み合わせることができる。サラダとは異なる食材を使えるとよい。

ポトフ

にんじん、たまねぎ、キャベツ、ブロッコリーなどの野菜や、じゃがいも、ウインナーなどを大きめに切ってコンソメで煮込んだ優しい味の具沢山スープ。冷蔵庫の残り野菜を使ってもよいし、アクセントとして少量の厚切りベーコンや鶏肉などを入れても美味しい。ポトフを選べば、スープを加えるだけで満足感のある献立になるだろう。

ミネストローネ

たらこパスタとはガラッと味の違うトマト風味のミネストローネもおすすめ。こちらもさまざまな種類の野菜を加えて仕上げよう。

豚汁

和風のたらこパスタには味噌汁も意外と合う。とくに根菜がたっぷり入った豚汁を献立に入れるのがおすすめだ。

かきたま汁

和風出汁と醤油ベースのスープに、にんじんやねぎ、ほうれん草、コーンなどの具材とふわふわの卵がよく合う。

あさりのスープ

あさりの出汁が効いたスープは、同じく魚介類であるたらこによく合う。にんじんやセロリ、きのこなどを加えてさっぱりと仕上げよう。

生姜のミルクスープ

たらこクリームパスタ以外に合わせたいのが、牛乳を使った優しい味のスープ。冷蔵庫の残り野菜を使って作ろう。生姜を効かせることでクリーミーながらさわやかな風味だ。

3. たらこパスタの日の献立は?あともう一品

野菜たっぷりのサラダや具沢山のスープをたらこパスタに合わせれば、十分満足できる献立になるだろう。さらにもう一品おかずを加えれば、おもてなしメニューにすることもできる。サッと作れて献立のバランスを整える一品を紹介しよう。

ほうれん草とコーンのソテー

ざく切りにしたほうれん草とコーンをサッと炒め合わせるだけの簡単料理。ベーコンをアクセントに加えると、さらに美味しく食べごたえのある一品に仕上がる。

アスパラとウインナーのソテー

パスタとアスパラを一緒に茹でてしまえば、あとはサッと炒めるだけでできる。

トマトと卵の中華炒め

炒り卵とトマトを炒め合わせてオイスターソースで味付けする。たらこパスタとはまったく異なる味のため、飽きずに楽しめる献立になるだろう。

なすのポン酢おかか和え

電子レンジで火を通したなすを、ポン酢と加熱したみりんを合わせたタレとかつおぶしで和えるだけ。小ねぎを散らしていただこう。シンプルな和風たらこパスタの献立にぴったりだ。

結論

たらこパスタのようなシンプルな料理には、和・洋・中さまざまな副菜やスープを組み合わせることができる。そのため、献立のバリエーションもかなり豊富なのだ。本記事を参考に、栄養や彩りを補いながら最後まで飽きずに食べられるような献立を、ぜひ考えてみてほしい。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ