このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ネギ塩チャーハンの作り方を紹介!いろいろな食材との組み合わせあり

ネギ塩チャーハンの作り方を紹介!いろいろな食材との組み合わせあり

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年12月 2日

今回は、ネギ塩チャーハンの作り方を紹介する。紹介するレシピは3種類。豚バラ肉を使用したガッツリと満足度の高いネギ塩豚バラチャーハンや、ちょっとしたごちそうにぴったりのとろりネギ塩あんかけチャーハン、暑い夏に食べるのにおすすめのさっぱりネギ塩レモンチャーハンだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 豚バラでガッツリ満足!ネギ塩豚バラチャーハン

豚バラ肉を入れたネギ塩チャーハンの作り方を紹介しよう。ネギと豚バラ肉、ごま油の香ばしさに食欲をそそられる一品だ。用意するのは豚バラ肉・ネギ・溶き卵・ごはん・塩・こしょう・ごま油だ。ネギは白い部分と青い部分に分けてから、それぞれみじん切りにする。豚バラ肉は食べやすい大きさに切る。
ボウルにネギの白い部分とごま油・塩こしょうを加えてなじませ、豚バラ肉を加え、タレにもみ込むように合わせて10分ほど漬けておく。熱したフライパンにごま油をひき、豚バラ肉を入れて炒める。肉に火が通ったら、いったん皿に取り出す。フライパンに油を足し入れて強火にかけ、溶き卵とごはんの順に加えて炒め合わせる。
ごはんがパラパラとしてきたら豚バラ肉を戻し入れ、塩こしょうで味を調える。器に盛り付けて青ネギを散らせばネギ塩チャーハンの完成だ。少ない材料でササッと作れるので、時間のない日のランチにぴったり。いつものチャーハンとは違う味を楽しみたいときに、ネギ塩味がおすすめだ。

2. ちょっとごちそう風に!とろりネギ塩あんかけチャーハン

次にネギ塩味のあんかけチャーハンの作り方を紹介しよう。シンプルなネギ塩味のチャーハンに、とろーりとしたあんかけがよく合う一品だ。用意するのは、ごはん・卵・かにかまぼこ・ネギ・ごま油・塩・鶏がらスープの素・片栗粉・水だ。ネギは小口切りにし、卵はボウルにを割り入れて混ぜておく。
かにかまぼこは食べやすい大きさにさき、溶き卵に加えて混ぜる。耐熱容器に、ネギ・塩・鶏がらスープの素・片栗粉・水を入れて混ぜ、ふんわりとラップをかけて600Wのレンジで2分ほど、とろみがつくまで加熱し、混ぜてネギ塩あんを作る。フライパンにごま油をひいて熱し、溶き卵を流し入れる。
全体を大きく混ぜながら、半熟状になるまで中火で火を通す。最後にフライパンを火からおろし、器にチャーハンを盛り付けて卵をのせ、ネギ塩あんをかければ完成だ。かにかまぼこの代わりに、かまぼこやちくわ、しめじのようなきのこを入れても美味しい。好みで全卵ではなく卵白のみで作るのもありだ。

3. 夏におすすめ!さっぱりネギ塩レモンチャーハン

最後にネギ塩レモン味のチャーハンの作り方を紹介しよう。ここではホットプレートを使用して作る方法を紹介する。用意するのは、ごはん・卵・長ネギ・パプリカ・ロースハム・油・鶏がらスープの素・こしょう・レモン汁・しょうゆ・サラダ油だ。長ネギとパプリカ、ロースハムは粗みじん切りにし、卵は割りほぐしておく。
ホットプレートに油をひき、溶き卵を入れて炒め、長ネギ・パプリカ・ロースハムを加えてサッと炒める。次にごはんを加えて、ほぐすように炒め、鶏がらスープの素とこしょうを入れて味を調える。続けてレモン汁としょうゆを加えて炒め合わせる。最後に器に盛り付ければ、ネギ塩レモン味のチャーハンの完成だ。
器にレタスをひき、その上にネギ塩レモン味のチャーハンをのせ、カットレモンを添えると見た目がオシャレになる。また、ホットプレートのまま食べてもよい。温かな状態で味わえるのが魅力のひとつだろう。家族団らんで食べる休日のブランチにいかがだろうか。

結論

簡単にパパッと作れるネギ塩チャーハンの作り方を紹介した。今回は豚バラ肉を使用したり、あんかけにしたり、レモン味にするレシピを紹介したが、使う食材はエビやいか、桜エビ、チャーシューなど、好みのもので作る方法もありだ。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ