このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ケンタッキーの温め方を紹介!揚げたての美味しさを再現する方法は?

ケンタッキーの温め方を紹介!揚げたての美味しさを再現する方法は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年12月12日

その美味しさには定評のあるケンタッキーフライドチキンだが、ほかの揚げ物同様に、やはり揚げたての美味しさに勝るものはない。もちろん、持ち帰って多少冷めた状態でも、十分に美味しく食べられる。しかし、温め方次第で、自宅でも揚げたての美味しさを再現することが可能だ。そこで今回は、ケンタッキーの上手な温め方について紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ケンタッキーを温める前におさえておくべきこと

温かい状態で包装された密閉状態のフライドチキンは、中に熱や蒸気がこもって水滴がたまる。その水滴に、フライドチキンの旨味が奪われた状態になってしまう。そのような状態で、温め直すと、水滴と一緒に、フライドチキンの旨味も奪われることになるので、その分、美味しさが損なわれてしまう。
包装され密閉状態が長く続けば続くほど、温め直した際に、その分美味しさが損なわれてしまうと考えられる。持ち帰ってからも、多少冷めてはいるがまだ温かい場合は、わざわざ温め直すよりは、そのまま食べたほうが、美味しく食べられるということになる。
持ち帰っている間に完全に冷めてしまった場合は、温め直して食べるしかないが、揚げたての美味しさを再現したいのであれば、店からチキンをもらい受けた時点で、袋を開けて蒸気や熱の逃げ場を作っておくようにしよう。
そうすることで、蒸気や熱が適度に抜けて、水滴の発生を抑えることができる。そして、これから紹介する温め方を試すことで、揚げたての美味しさを再現することが可能になる。

2. ケンタッキーの温め方 公式サイト推奨の方法

電子レンジで温める方法

電子レンジで温める方法は、ケンタッキーの温め方としては、最も簡単な方法になるだろう。ラップをせずに、1ピースに対して、500Wで30秒~1分、1000Wの場合は20~40秒が加熱時間の目安となる。

オーブントースターで温める方法

こちらも電子レンジと同様に、簡単に温めることができる。1ピースずつアルミホイルに包み、180~200℃の温度で、5~8分加熱する。オーブントースターは、あらかじめ温めておこう。
どちらもケンタッキーの公式サイトで推奨されている方法なので、温め方としては、ほぼ間違いのない方法といえるだろう。

3. ケンタッキーの温め方 そのほかの方法

あらかじめ温め直すのを想定して、ケンタッキーを持ち帰る際に、蒸気や熱が中にこもらない状態にしておけば、以下のような温め方でも、揚げたての美味しさを再現することは、十分に可能だ。

フライパンで温める方法

アルミホイルを敷いたフライパンに、チキンをのせ、じっくりと弱火にかける。仕上げにアルミホイルを外してから、表面がカリっとするまでさらに火を通す。

魚焼きグリルで温める方法

あらかじめ予熱しておいた魚焼きグリルに、チキンをのせて、中火~弱火で3分程度加熱する。加熱し終わったら、クッキングぺーパーの上におき、余分な油を取り除いておこう。

蒸し器で温める方法

しっかりとラップで包んだチキンを入れて、5分程度温める。じんわりと中まで温まって美味しく食べることができる。

結論

揚げたての美味しさを再現するための、ケンタッキーフライドチキンの温め方について紹介した。どの方法も簡単なので、今後、フライドチキンを温める際には、ぜひ一度試してみてほしい。なお、ケンタッキーには、店にもよるが、あらかじめ温め直すことを想定した持ち帰り専用のチキンも用意されている。それらのチキンは、しっかりと冷ましてあるのが特徴のようだ。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ