このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
菊芋の味噌汁を作ってみよう!栄養豊富な皮はむいてはいけない?

菊芋の味噌汁を作ってみよう!栄養豊富な皮はむいてはいけない?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2021年1月15日

寒くなってきたこの時期は、味噌汁の美味しさと温かさが恋しくなるだろう。そんな味噌汁に菊芋を入れてみてはどうだろうか。今回は基本的な菊芋入り味噌汁からアレンジメニューまで紹介する。ぜひ、多くの人に参考にしてもらえたら、幸いである。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 菊芋の味噌汁の美味しい作り方

まずは、菊芋の味噌汁の基本的な作り方とさらに美味しく作るコツなどについて触れていく。

菊芋の味噌汁の作り方を紹介

材料は菊芋、出汁、味噌だ。菊芋をよく洗ってから一口大に切り、水にさらしてアクを抜く。鍋に出汁と菊芋を入れて火にかけて、沸騰させる。菊芋が柔らかくなってきたら、味噌を入れて溶かして完成だ。

美味しく作るコツを紹介

美味しく作るコツの1つは、味噌を入れたら再沸騰させないことだ。味噌を入れてから沸騰させてしまうと、味噌の風味と旨みが損なわれてしまう。もう1つのコツは、菊芋を水にさらしてアク抜きしておくことだ。アクが残っていると味噌汁の美味しさが損なわれてしまう。

2. 味噌汁に入れる菊芋の皮はどうする?

菊芋の味噌汁を作る場合は、菊芋の皮はどのようにすればよいのか。皮つきのままと皮をむいた場合の、味わいや栄養の違いなどを解説していく。

味噌汁に入れる菊芋の皮はどうするか

菊芋の皮には多くの栄養が含まれているので、なるべく皮つきのまま調理することをおすすめしたい。しかし口当たりが気になったり子どもが皮つきだと食べたがらないなどの理由がある場合には、もちろん皮をむいても問題ない。

味わいや栄養はどう変わる?

味わい

菊芋の皮はとても薄いので、無理にむかなくても味に支障はなく美味しくいただくことができる。

栄養

菊芋の皮には、食物繊維とポリフェノールが豊富に含まれている。厚生労働省の資料によると、食物繊維(※1)とポリフェノール(※2)の働きは次のようになる。
食物繊維は体内で消化や吸収をされることなく、小腸から大腸まで達することができる成分である。腸内環境を調えてくれることから便秘の予防に繋がり、ほかには血糖値の上昇を抑えてくれたり、血液中のコレステロール値の低下に役立つなど、さまざまなよい働きがある。食物繊維は日本人の多くは不足している成分であるため、積極的に摂ることをおすすめしたい。
ポリフェノールは、抗酸化物質の一種である。働きとしては、活性酸素を取り除いたり、酸化の働きを抑えるといった役割を担っている。
以上のことから、菊芋の皮は残した状態でも味に支障はなく、さらに皮つきのままのほうが栄養が保てるということが分かったので、可能な限りは皮つきのまま調理するとよいだろう。

3. 菊芋のアレンジ味噌汁

ここからは、菊芋の調理法を変えたり具材を新たに追加したりした、菊芋のアレンジ味噌汁の作り方について紹介していく。

菊芋のすりおろし味噌汁

材料は菊芋、出汁、味噌だ。菊芋はすりおろしておく。鍋に出汁を入れて煮立てたら、味噌を入れて味を調える。最後にすりおろした菊芋を入れて完成となる。菊芋はすりおろすと山芋に似たトロトロとした食感になり美味しい。菊芋は生のままでも食べられる食材になるので、最後に加えて味がしみればすぐに完成となる。

菊芋の豚汁

菊芋は歯ごたえと食感が楽しめる食材なので、ごぼうの代わりとしても使える。材料は菊芋、大根、にんじん、豚バラ肉、出汁、味噌、ゴマ油だ。菊芋は細切りにして水にさらして、大根とにんじんはいちょう切りにしておく。鍋に大根とにんじんと出汁を入れて、煮ていく。沸騰したら、菊芋と豚バラ肉を加える。味噌で味を調えて、ゴマ油をまわし入れたら、完成だ。

関西風雑煮

材料は菊芋、大根、出汁、白味噌、丸餅だ。菊芋は一口大に切り水にさらしておき、大根はいちょう切りにする。鍋に菊芋、大根、出汁を入れて煮立てて、食材が柔らかくなったら白味噌を入れる。食べる直前に丸餅をいれて、柔らかくなったら完成だ。菊芋と丸餅の代わりに、市販で売られている菊芋餅を使用してもよい。

乾燥菊芋の味噌汁

材料は乾燥菊芋、出汁、味噌だ。鍋に出汁を煮立てたところに、乾燥菊芋を入れる。菊芋がホクホクの状態に戻ったら、味噌を加えて完成となる。乾燥菊芋をそのまま入れるだけでよいので、包丁いらずでとても手軽に作れる味噌汁である。

菊芋チップスの味噌汁

材料は菊芋チップス、出汁、味噌だ。鍋に出汁を煮立てたところに、菊芋チップスを入れる。味噌を加えて味を調えたら、完成となる。乾燥菊芋と同様そのまま入れるだけなので、こちらも手間いらずの味噌汁となっている。

結論

本記事では、菊芋を使った味噌汁の作り方を紹介してきた。基本的な作り方からアレンジメニューまでさまざまあるので、好みの味噌汁を見つけてもらいたい。菊芋の美味しさが堪能できる味噌汁となっているので、家族みんなで味わい温まってもらえたら幸いである。
(参考文献)
※1出典:厚生労働省「e‐ヘルスネット食物繊維」
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/?s=%E9%A3%9F%E7%89%A9%E7%B9%8A%E7%B6%AD

※2出典:厚生労働省「e‐ヘルスネット抗酸化物質」
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-009.html
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年1月15日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ