このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
オレオチーズケーキの作り方を紹介!焼いても焼かなくても美味しい

オレオチーズケーキの作り方を紹介!焼いても焼かなくても美味しい

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2021年2月11日

今回はオレオチーズケーキの作り方を紹介しよう。たとえば生クリーム入りで濃厚なオレオチーズケーキや、焼いて味わうベイクドオレオチーズケーキ、生クリームなしで作るオレオチーズケーキ、カップ入りのオレオチーズケーキなどだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 生クリーム入りで濃厚!オレオチーズケーキ

レシピサイトにも多数掲載されているオレオチーズケーキ。syunkonカフェごはんというレシピ本の著者である山本ゆりさんのブログにもレシピが掲載されている。ここでは生クリーム入りで濃厚なオレオチーズケーキの作り方を紹介しよう。オレオを土台に使い、焼く必要のないチーズケーキだ。
まずジッパー付きの袋にオレオを入れ、めん棒で叩いて細かくし、溶かしバターを加えてよく混ぜ合わせる。クッキングシートを敷いた型にオレオをすき間なく敷き詰める。スプーンで押し固め、冷蔵庫で30分ほど冷やして土台を作る。次に生地を作っていく。袋にオレオを入れてめん棒で砕く。好みで粗めに砕くと、ザクザクとした食感を楽しめる。
次にボウルにクリームチーズを入れてクリーム状になるまでよく混ぜたら、砂糖とレモン汁を加えてさらに混ぜ合わせる。砕いておいたオレオを加えて混ぜ、生クリームを数回に分けて入れ、混ぜ合わせる。冷やしておいた型に生地を流し入れる。トッピング用のオレオを手で粗めに砕き、生地の上にのせラップをかけて冷蔵庫で1〜2時間くらい冷やす。
生地が固まったら切り分け、皿にのせればオレオチーズケーキの完成だ。オレオののサクッとした食感となめらかなクリームチーズの相性がよく、とくにコーヒーや紅茶と一緒に食べると美味しい。

2. 焼いてしっとり:ベイクドオレオチーズケーキ

次にオーブンなしでもできる卵焼き器で焼く、ベイクドオレオチーズケーキの作り方を紹介しよう。焼いたオレオチーズケーキを細長くカットして、かわいくラッピングすると、ちょっとしたプレゼントにおすすめだ。まずポリ袋にオレオを入れて、めん棒で叩いて細かく砕き、溶かしバターを加えて混ぜる。
ボウルにクリームチーズを入れてクリーム状になるまで混ぜ、卵と砂糖、レモン汁を加えてさらに混ぜ合わせる。薄力粉をふるい入れて混ぜ合わせる。耐熱容器にチョコレートを割り入れ、600Wの電子レンジで1分ほど加熱してチョコを溶かし、ボウルの生地を少し加えて混ぜる。
クッキングシートを敷いた卵焼き器に、砕いておいたオレオを敷き詰めて生地を流し入れる。チョコ生地を間隔をあけてスプーンでのせ、竹串で円を描きマーブル模様にする。アルミホイルでふたをし弱火で15分ほど加熱し、火を止めて10分くらいおいて余熱で火を通す。
粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やし固める。最後に好みの大きさに切り、皿に盛り付ければベイクドオレオチーズケーキの完成だ。下のほうが焦げやすいので、ごく弱火で焼くことがキレイに仕上げるポイント。

3. 生クリームなしでも大丈夫!オレオチーズケーキ

次に生クリームなしでヨーグルトを使ってできる、オレオチーズケーキの作り方を紹介しよう。暑い夏に食べるのにぴったりのオレオチーズケーキだ。まずゼラチンを分量の水でもどす。クリームチーズと砂糖をボウルに入れ、泡立て器で撹拌する。さらにヨーグルトとレモン汁も加えて撹拌する。
型にオレオを敷くが、砕いても砕かなくても構わない。ゼラチンを耐熱容器に入れ、電子レンジで溶かす。溶かしたゼラチンにクリームチーズを少量加えて混ぜ、残りのクリームチーズに入れて、氷水で冷やしてとろみを付ける。型に流し入れ、冷蔵庫で3時間ほど冷やす。
固まったら切り分け、皿に盛り付ければオレオチーズケーキの完成だ。ポイントは最初にクリームチーズと砂糖を合わせること。先に合わせると、なめらかになり粒が残らない。焼いて食べるオレオチーズケーキも美味しいが、暖かな部屋で食べるのにもぴったりのひんやりスイーツだ。

4. カップ入りオレオチーズケーキ

最後にカップ入りで1人用サイズのオレオチーズケーキの作り方を紹介しよう。ふわふわと軽い口あたりのオレオチーズケーキで、パクっと食べやすいサイズだ。まず下準備としてオーブンは170~180℃に予熱し、オレオは割っておく。バター・卵・クリームチーズは常温に戻す。
コーンスターチ・薄力粉・ベーキングパウダーは合わせてふるっておき、型にカップをセットしておく。作り方はボウルにバターを入れてハンドミキサーでほぐし、砂糖を加えて白っぽい色になるまで泡立てる。クリームチーズを加えて、ダマにならないようになじむまで泡立てる。
卵を数回に分けて加え、ふるっておいた粉を加えてゴムベラで切るように混ぜ、レモン汁を加えてなじむまでさらに混ぜる。生地を絞り袋に入れ、カップに7分目くらいまで絞り出す。絞り袋がなければスプーンで入れてもOK。砕いておいたオレオを上に飾る。オーブンで15分くらい焼き、型から取り出して粗熱をとれば、オレオチーズケーキの完成だ。

結論

焼いても焼かなくても、どちらの食べ方でも美味しいオレオチーズケーキ。細長く切ったり、カップで作ったり、いろいろな形で楽しめるのも特徴のひとつだ。クッキーのサクッと感とクリームのやわらかい食感がたまらないスイーツを作ってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年2月11日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ