このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ユッケジャンクッパの魅力と作り方とは?ユッケジャンとは別物?

ユッケジャンクッパの魅力と作り方とは?ユッケジャンとは別物?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2021年2月25日

韓国料理といえばビビンバやダッカルビなどのイメージが強いが、忘れてはならないのがユッケジャンだ。ここではユッケジャンクッパを作るのに必要なユッケジャンとはどんなものかを改めて紹介する。また、ユッケジャンクッパを簡単に作りたいときに重宝するユッケジャンクッパの素についても紹介するため、家で作りたい人はぜひ参考にしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ユッケジャンとは?クッパとの違いも

韓国料理を語るうえでは欠かせないユッケジャンだが、実はどんな料理か知らないという人もいるだろう。ここではまずユッケジャンとは何かを説明する。

ユッケジャンといえばスープを指す?

ユッケジャンにはユッケジャンスープとユッケジャンクッパの2種類があるが、ユッケジャンとだけ書かれている場合はスープを指す。そもそもユッケジャンとは、牛肉と細切りにした野菜(長ねぎやもやしなど)、山菜(わらびやぜんまいなど)を辛めに味付けして作ったスープを指す。そのため、店でユッケジャンを頼むとクッパではなく、スープが出てくるため注意が必要だ。

ユッケジャンクッパとは?

クッパは韓国では定番の料理だ。クッパとは簡単にいえばスープごはん(スープの中にごはんを入れて食べる)を指す。韓国ではさまざまな種類のスープが飲まれており、スープの種類に合わせてクッパの種類も非常に多い。ユッケジャンクッパはその名の通り、ユッケジャンにごはんを入れて食べる料理だ。店によってはユッケジャンクッパの取り扱いがないかもしれないが、そんなときはユッケジャンを頼み、自分でごはんを入れてユッケジャンクッパにしよう。ユッケジャンクッパにする場合でもユッケジャンの味付けや調理法は変わらないため、まずはスープとして楽しみ、余ったらクッパにして食べれば2度楽しむことができる。

2. ユッケジャンクッパの素なら簡単に作れる!どんな商品がある?

ユッケジャンはスープ料理だが、具材を一度炒めてから煮なくてはいけないため少し手間がかかる。しかし、どうしても自宅でユッケジャンクッパを食べたいならユッケジャンクッパの素を活用しよう。ここでは市販されているユッケジャンクッパの素を紹介する。

丸美屋食品「ユッケジャンクッパの素」

ふりかけやレトルト食品で有名な丸美屋食品からユッケジャンクッパの素が販売されている。牛肉ともやし、ぜんまいが素の中に入っているため、ごはんさえあれば簡単に作れるのも大きなメリットだ。作り方も簡単で、丼にごはんと素、水を入れレンジで温めれば完成だ。

モランボン「ユッケジャンクッパ」

焼き肉店であるモランボンから販売されているユッケジャンクッパの素だ。こちらも牛肉や野菜が入っているため、ごはんがあればすぐに作れる。ちなみに、入っている野菜がもやしと長ねぎ、椎茸、ぜんまい、にらと種類が多いため見た目も豪華だ。封を切らずにそのまま湯せん、またはボウルに出してレンジで温めて作る。温めた素をごはんにかければ完成だ。

KALDI「ユッケジャンクッパ」

さまざまな輸入食品を扱うKALDIでもユッケジャンクッパの素が売られている。牛肉と人参、椎茸、もやし、にら、ぜんまいとこちらも具沢山だ。ユッケジャンの辛みはコチュジャンで出すことが多いが、ラージャンと豆板醤で辛みを出しているため味わいがほかの素と異なる。レトルトパックごと湯せんするか、ボウルに出してレンジで温めるかのどちらかで加熱することができる。最後にごはんにかければ完成だ。

3. 身体あったまる!ユッケジャンクッパの作り方

ユッケジャンを手作りすれば具材も辛みも自由自在だ。ここではユッケジャンクッパの基本的な作り方を紹介する。

ユッケジャンに必要な材料は?

ユッケジャンに必ず入れてほしいのは牛肉だ。そのほかの具材はとくに決まりはないが、もやしとにら、ぜんまいは入れることが多い食材だ。好みで人参やしめじ、長ねぎなどの食材を入れてもよい。野菜をたっぷり入れると食べごたえが増すだけでなく、スープに野菜の旨みや甘みがしみ出すため、より美味しいユッケジャンになる。また、味付けは酒や醤油など基本的な調味料を使うが、独特の辛みを出すにはコチュジャンが必須だ。

ユッケジャンクッパの作り方

野菜はすべて細切りまたは千切りにしておく。おろしにんにくと醤油、酒を混ぜ合わせたら牛肉を加えしっかりともみ込む。鍋にごま油を入れ熱したら牛肉を炒める。人参など火の通りにくい野菜から順番に加えて炒めたら、鶏ガラスープとコチュジャンを加えて強火で煮込む。煮立ったら弱火にし、ふたをして10分ほど煮込む。塩、こしょうで味を調えればユッケジャンの完成だ。丼など大きめの器にごはんをよそったら、ユッケジャンをかける。これでユッケジャンクッパは完成だ。仕上げに白すりごまを散らせばごまの香りがほのかに香り食欲をそそる。

結論

ユッケジャンといえばスープを指す。ユッケジャンクッパとはユッケジャンスープをごはんにかけた料理だ。スープにしみ出た旨みをごはんが吸収するため、旨みと辛みを一度に堪能することができる。市販のユッケジャンクッパの素とごはんがあれば家でも気軽に味わうことができる。また、ユッケジャンを手作りしてユッケジャンクッパを作るのもおすすめだ。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年2月25日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ