このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
鶏肉とバルサミコ酢で気分はイタリアン!美味しい料理教えます!

鶏肉とバルサミコ酢で気分はイタリアン!美味しい料理教えます!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

鉛筆アイコン 2021年7月14日

鶏肉の味付けとしておすすめなのがバルサミコ酢を使った味付けだ。バルサミコ酢と鶏肉を合わせることで、まるでイタリアンのような本格的な味わいを自宅で楽しめる。今回は、鶏肉とバルサミコ酢を使った絶品おかずを紹介していこう。

  

1. 鶏肉のソテーをバルサミコ酢ソースでイタリアンに変身!

鶏肉のソテーにバルサミコ酢ソースを使うことで、イタリアンのような味わいが楽しめる。ワインにもよく合うので、自宅での食事もきっと楽しくなるだろう。作り方もシンプルで簡単なので、これを機会に鶏肉のバルサミコ酢ソースを堪能してみよう。

作り方

鶏肉を油をひいたフライパンで皮からしっかりと焼いたら、フライパンの油を拭き取り、バルサミコ酢と砂糖を合わせたものを鶏肉に絡ませて煮詰めたら完成だ。

アレンジ方法

バルサミコ酢ソースに醤油やバターなどを加えて作るのもおすすめだ。醤油やバターを加えることで、より濃厚な味わいが楽しめる。また、砂糖の代わりにはちみつを使うこともできる。鶏肉を焼く際は、事前に塩こしょうで下味を付けておくのがいいだろう。

2. 鶏肉とバルサミコ酢は煮込みがおすすめ

鶏肉をバルサミコ酢で煮込むことで、ワインにもよく合う煮込み料理が完成する。冷めても美味しいので、弁当のおかずや作り置きおかずとしても重宝するだろう。

作り方

鶏肉に塩こしょうと小麦粉をまぶして油をひいたフライパンでこんがり焼く。それを鍋に入れてバルサミコ酢と水、醤油、赤ワイン、砂糖を加えて煮込む。ローリエとにんにくを加えることで、より風味がよくなる。また、弱火でじっくりと煮込むと美味しく仕上がる。さらに短時間で完成させたい場合は、圧力鍋を使うのもいいだろう。

アレンジ方法

鶏肉をバルサミコ酢を煮込む場合は、赤ワインの代わりに料理酒を使うこともできる。鶏肉の部位は、もも肉のほかに手羽元を使っても美味しく仕上がる。バルサミコ酢を使ってじっくり煮込むことで、鶏肉が柔らかくなり、旨みを存分に楽しむことができるのだ。

3. 鶏肉とバルサミコ酢の組み合わせは炒め物でも人気

鶏肉を炒める際にバルサミコ酢を使うことで、美味しくなるだけではなく鶏肉が柔らかく仕上がるので一石二鳥だ。今回は、そんな鶏肉とバルサミコ酢の炒め物を紹介しよう。

作り方

鶏肉をバルサミコ酢で炒める際は、鶏肉を一口大にカットし、玉ねぎやパプリカなど好みの野菜も食べやすい大きさにカットしておく。フライパンにサラダ油と潰したにんにくを入れて加熱したら、鶏肉を加えて塩こしょうで炒める。そこに野菜を加えてさらに炒めたら、最後にバルサミコ酢と醤油、砂糖、酒を合わせたものを加えて煮詰めたら完成だ。

アレンジ方法

バルサミコ酢や醤油のほかにバターを加えると、より濃厚な味わいが楽しめる。合わせる食材は、ズッキーニやトマトなどの夏野菜やきのこ類もおすすめ。アレンジがきくので、旬の食材を上手に組み合わせて鶏肉とバルサミコ酢の炒め物を味わってみるのもいいだろう。

よりヘルシーに仕上げることも

鶏肉を使った炒め物は、ほかの肉を使うよりもヘルシーに仕上がる。さらにカロリーをカットしたい場合は、鶏むね肉や鶏ささみを使うのもいいだろう。鶏むね肉や鶏ささみ肉は固くなりやすいので、薄く削ぎ切りにしてから炒めると美味しく仕上がる。鶏肉はどうしてもさっぱりとして淡泊な味わいになりやすいが、しっかりとした味のバルサミコ酢を合わせることで、食欲のそそる鶏肉料理に仕上がる。

結論

バルサミコ酢は鶏肉とも相性がよく、ソテーや煮込み料理など幅広く使うことができる。バルサミコ酢だけでも味付けが可能だが、醤油や砂糖などを加えることでより日本人好みの食べやすい味付けになる。さらに鶏肉は火が入ると固くなりやすいが、バルサミコ酢は鶏肉を柔らかくしてくれる効果も期待できるので、より鶏肉料理を美味しくしてくれるのだ。また、鶏肉とバルサミコ酢の組み合わせはワインとも相性がいいのも嬉しい。
この記事もcheck!
  • 公開日:

    2021年4月16日

  • 更新日:

    2021年7月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ