このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
豚肉とバルサミコ酢は相性バツグン!ソースから煮込みまで紹介!

豚肉とバルサミコ酢は相性バツグン!ソースから煮込みまで紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2021年3月10日

普段食卓で食べる機会が多い豚肉。バルサミコ酢を使って味付けをすることで、普段とは違った本格的な味わいが楽しめるようになる。バルサミコ酢はソースや炒め物、煮込み料理などにも使うことができるのだ。今回は相性バツグンな豚肉とバルサミコ酢の組み合わせを紹介していこう。

  

1. 豚肉ソテーにはバルサミコ酢ソースが人気!

ボリューム満点でみんな大好きな豚肉ソテー。バルサミコ酢を使うことで、より美味しく食欲をそそる味付けになる。作り方も簡単なので、豚肉ソテーを作った際はバルサミコ酢ソースを使ってみよう。

バルサミコ酢ソースの作り方

バルサミコ酢はぶどうを熟成させて作られているので、ほどよい酸味と甘みが人気の調味料だ。そんなバルサミコ酢を豚肉ソテーに使う場合は、醤油やはちみつと合わせて酸味と甘みが絶妙のソースで味わってみるのがおすすめだ。作り方は、豚肉を焼いたフライパンにバルサミコ酢と醤油、はちみつを加えて煮詰めるだけ。簡単に、とろみのついたバルサミコ酢ソースが完成する。あとは、焼いた豚肉ソテーにかけるだけだ。

美味しく作るコツ

バルサミコ酢のソースをフライパンで作る際、焼いた豚肉の油が多く残っている場合は拭き取ってから作るのがおすすめだ。油が多すぎるとしつこい味わいになってしまう。はちみつの代用として砂糖とみりんを代用することも可能だ。さらに粒マスタードを加えることで、大人好みのバルサミコ酢ソースになる。

2. 作り置きにもおすすめ!豚肉とバルサミコ酢の煮込み

最近話題の作り置きメニューにも豚肉とバルサミコ酢は活用できる。豚肉をバルサミコ酢で煮込むことで、豚肉が柔らかくなる。プロのような味わいの作り置きが完成するだろう。

作り方

豚肉をバルサミコ酢で煮込む場合は、豚肉の塊肉を用意し2cmほどの厚みにカットするといいだろう。さらにカットした豚肉は事前に油をひいたフライパンで焼いておく。あとは、鍋に豚肉と水、バルサミコ酢、赤ワイン、醤油、はちみつ、にんにく、生姜の薄切りを入れて煮詰めていけば完成だ。より時間を短縮したい場合は、圧力鍋を使うとよい。短時間で豚肉にしっかりと味がしみ込み柔らかく仕上がる。

どのくらい保存できる?

豚肉のバルサミコ酢の煮込みを作り置きとして作った場合は、冷蔵庫で5~6日保存可能だ。おもてなし料理としてもピッタリなので、前日から仕込んでおくこともできる。

アレンジ方法

豚肉をバルサミコ酢で煮込む際に、トマト缶を加えても美味しく仕上がる。さらに赤ワインがない場合は、酒を加えて作るのもいいだろう。豚肉以外にも玉ねぎやエリンギなどの野菜を一緒に煮込むのもおすすめだ。

3. ささっと簡単な豚肉とバルサミコ酢の炒め物

バルサミコ酢は豚肉の炒め物の味付けとしても大活躍してくれる。豚肉と野菜などを炒めてバルサミコ酢で味付けをするだけでしっかりと味が決まるので、忙しいときの味方だ。

作り方

シンプルな豚肉とバルサミコ酢の炒め物は、豚肉と好みの野菜をフライパンで炒めて、そこにバルサミコ酢をかけて炒め合わせるだけだ。油が多いとしつこい味になってしまうので、油が多い場合は油を拭き取ってからバルサミコ酢を加えて味付けするのがおすすめだ。

アレンジ方法

豚肉とバルサミコ酢の炒め物を作る際に、醤油や砂糖を加えて味付けをするのもいいだろう。醤油や砂糖を加えることで、より濃厚でしっかりとした味わいになる。合わせる野菜も定番のキャベツのほかに、ズッキーニやトマト、レンコンなどさまざまな野菜とも相性がいい。自宅の冷蔵庫にある野菜と豚肉を炒めた際に、バルサミコ酢で味付けしてみてはいかがだろうか。

結論

バルサミコ酢と豚肉は相性がよく、ソテーや煮込み料理とさまざまな使い方ができる。バルサミコ酢だけ使って味付けをするのもいいが、醤油や砂糖などを加えて味付けの変化を楽しんでみるのもおすすめだ。バルサミコ酢を使うことで、普段食べている豚肉も本格的な味付けになり、いつもとは違う味わいが楽しめることだろう。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年3月10日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ