このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ガツ】は豚の胃袋って知ってた?美味しい食べ方やカロリーも紹介!

【ガツ】は豚の胃袋って知ってた?美味しい食べ方やカロリーも紹介!

投稿者:ライター 加藤展子(かとうのぶこ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2021年4月26日

焼き肉店やスーパーでも見かけるガツだが、何の肉で部位はどこにあたるのか知っているだろうか。ここではガツとミノの違いや、下ごしらえの仕方、美味しい食べ方なども紹介する。体重管理中に食べる場合のポイントも確認して、自宅でもガツを楽しもう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ガツの部位はどこ?ミノとの違いもチェック!

ガツはじつは豚の胃袋であり、ホルモン特有のにおいが少なく、コリコリとした食感が特徴だ。ホルモンとしてよく見かけるミノは牛の第一胃袋で、ガツとミノは部位が同じだが動物が異なる。牛には4つ胃があり、そのうちの1つであるミノは白く肉厚で歯ごたえがある。
ガツの名前の由来は、英語の「gut(s)」であるといわれている。「gut(s)」は日本語で内臓や腸、消化管などを意味し、牛や豚など限られた動物だけでなく動物全般に使用されている。牛の第一胃袋であるミノもまれにガツと呼ばれる場合があるが、基本的には使用されない。

2. ガツの下ごしらえと美味しい食べ方

ガツの下ごしらえの方法と美味しく食べる方法を紹介しよう。

ガツの下ごしらえ

ガツは内臓であるため、下ごしらえしておかないと独特なにおいが残ってしまう。圧力鍋を使えば簡単にできるので試してみてほしい。まず圧力鍋にガツを入れ、ひたひたになるまで水を注ぐ。次に長ネギの青い部分を入れ、5分程度加圧しよう。圧が抜けたら長ネギの青い部分を取り除き、ガツを取り出す。取り出したガツは水でよく洗い、もう一度圧力鍋で5分程度加圧すれば完成だ。下ごしらえが面倒なら、あらかじめ茹でたものを購入してもいいただろう。

美味しい食べ方その1.ガツの煮込み

ひと口大に切ったこんにゃく、長ネギの青い部分、スライスしたショウガ、下ごしらえしたガツを10分程度塩茹でする。ざるにあげてショウガを取り除き、流水で洗っておこう。次に水、酒、砂糖、みじん切りにしたショウガとニンニク、唐辛子を鍋に入れ加熱し、沸騰直前になったら塩茹でして流水で洗ったガツとこんにゃくを入れる。鍋にフタをして弱火で1時間加熱し、味噌と醤油を加えさらに味がしみるまで煮込もう。加熱時間が長いと感じるなら圧力鍋を使用してもいいだろう。できてすぐよりも、冷蔵庫で一晩おいたほうが味がしみてより美味しい。

美味しい食べ方その2.ガツ刺し

鍋に多めの水を入れ沸騰させたら、酒、長ネギの青い部分、ショウガ、下ごしらえしたガツを入れ、再度沸騰してから3分程度加熱する。ガツを取り出し流水で洗い、キッチンペーパーなどで余分な水分を拭き取る。これを薄いそぎ切りにし、醤油、ごま油、すりおろしたショウガ、すりおろしたニンニクと合わせて味がなじむまで混ぜ合わせればできあがりだ。

3. ガツのカロリーは高くて太る?

ホルモンはカロリーが高く太りやすい印象をもっている人もいるだろうが、部位によってカロリーが異なり減量向きのものもある。茹でたガツ100g当たりのカロリーは121kcalで、そのほとんどが水分であり、脂質も少なく糖質となる炭水化物は含まれていない(※1)。ミノは100g当たり182kcal(※2)、豚の大腸部分は100g当たり179kcal(※3)、ヒモと呼ばれる豚肉の小腸部分は171Kcal(※4)で、これらと比較してもガツはホルモンの中では比較的低カロリーであるといえるだろう。とはいえ、ガツも食べ過ぎると太るので、体重制限中は食べる量に気をつけたい。
また体重制限中に食べるなら、タレなどを用いずに塩コショウなどなるべくシンプルな味付けにするといいだろう。ガツは唐揚げなどにしても美味しいがカロリーが高くなるので、ガツ刺しやシンプルに焼いて食べよう。

結論

豚の胃にあたるガツは、生では食べられないため下ごしらえが必要となる。定番のホルモンの中では比較的低カロリーで脂質や糖質も少ないため、減量向きの食材といえよう。唐揚げなど揚げ物にしても美味しいが、カロリーが高くなるので、ガツ刺しなどがおすすめだ。タレなどをつけると高カロリーになりやすいので、あっさりと食べられるように味付けも工夫したい。
(参考文献)
※1 食品成分データベース 文部科学省
https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=11_11168_7

※2 食品成分データベース 文部科学省
https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=11_11094_7

※3 食品成分データベース 文部科学省
https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=11_11170_7

※4 食品成分データベース 文部科学省
https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=11_11169_7
  • 更新日:

    2021年4月26日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ