このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
コスパよし!豚タンを美味しく食べよう。牛タンとの違いも紹介

コスパよし!豚タンを美味しく食べよう。牛タンとの違いも紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

鉛筆アイコン 2021年12月17日

タンといえば、牛タンを思い浮かべる人も多いかと思うが、コスパもよく注目されているのが豚タンだ。豚タンと牛タンは豚か牛かの違いだけではなく、味や食感にも違いがある。今回は、豚タンの食べ方を詳しく紹介していこう。

  

1. 豚タンとは?牛タンとの違いも確認!

豚タンとは、その名の通り豚の舌のことだ。豚タンも牛タンと同じく独特な歯ごたえや食感が人気でがある。元々はやきとんの店などで人気の部位だったが、最近では牛タンよりも値段が安く美味しいと人気を集めているのだ。

豚タンと牛タンの違いとは?

豚タンと牛タンとでは、味に違いがある。牛タンのほうが豚タンよりも脂肪分が多いので、濃厚な味わいだ。それに対して豚タンは、脂肪分が少ないので、さっぱりとした味わいが楽しめる。さらに牛タンは肉質が硬めだが、豚タンは、肉質が柔らかくどの部分でも食べやすいといわれているのだ。つまり、豚タンは柔らかくさっぱりとした味わいだがタン特有のコリコリ感が楽しめる。さらに価格も安いので、比較的食べやすいタンが豚タンなのだ。

2. 豚タンの上手な下処理方法

豚タンを美味しく味わうためには、下処理が大切だ。しっかり血抜きをしておかないと、臭みの原因になってしまうので、注意しよう。また、豚タンの皮が気になる人もしっかりと下処理をすることで、気にならなくなる。正しい下処理方法をチェックして、美味しい豚タン料理を作ってみよう。

下処理方法

豚タンのブロックをキッチンペーパーにのせて、水気を拭き取る。根元が左側になるように置いたら、根元の筋をそぎ落とす。包丁を斜めにあててそぐように切ろう。焼肉や炒め物にする場合は、5mmほどの厚さにカットするのがおすすめだ。豚タンを使う料理が決まっている場合は、調理法に合わせた厚さや形にカットしておくといいだろう。

3. 煮込みやシチューも!豚タンのおすすめ料理

豚タンは、焼肉以外にも煮込みやシチューなどさまざまな料理にすることができる。焼いても煮込んでも美味しいおすすめの豚タン料理を見てみよう。

豚タンシチュー

豚タンをじっくり煮込むシチューもおすすめの料理だ。事前にフライパンで豚タンに焼き色をつけてから、赤ワインを使ったデミグラスソースで煮込むのがポイントになる。時間をかけて煮込むことで、柔らかくなった豚タンはとろけるような食感を楽しめるだろう。

豚タンの塩煮込み

豚タンをシンプルに塩だけで煮込むのもおすすめだ。鍋に豚タンと水、塩を入れてじっくり煮込むことで、柔らかい食感に仕上がる。仕上げに辛子を添えて食べると絶品だ。シンプルな味付けなので、より豚タンの旨みや食感などを楽しみやすい料理になる。つまみとしても最高なので、酒のおともに味わってみてはいかがだろうか?

豚タンのねぎ塩ダレ

豚タンはやっぱり焼いて食べたいという人も多いだろう。そんな人にはねぎ塩ダレがおすすめだ。事前に豚タンをおろしにんにくや、酒、塩で漬けておくと味がしっかりとしみ込んで酒によく合う味わいに仕上がる。濃厚な味わいは、おかずとしてもつまみとしても最高だ。

結論

豚タンは、牛タンに比べてコスパもよく調理がしやすい。焼肉にするのはもちろん、煮込み料理などさまざまな料理に活用できるのも魅力だ。豚タンを調理する際は、しっかり血抜きなどの下処理を行うことで、臭みもなく美味しく味わうことができるだろう。豚タンは牛タンよりも栄養価が高く低カロリーなのも人気の理由だ。豚タンをいままで味わったことがなかった人も、手軽に味わえるのでぜひ食べてみてはいかがだろうか?
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年12月17日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧