このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
焼豚のアレンジメニューが知りたい!おすすめの人気レシピを大公開!

焼豚のアレンジメニューが知りたい!おすすめの人気レシピを大公開!

投稿者:ライター 中島公美(なかしまくみ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

鉛筆アイコン 2021年5月 1日

豚肉を焼いて作られる料理の一種、焼豚は別名チャーシューともいわれ、ラーメンにトッピングされている大人気の食材だ。すでに味付けされた焼豚はそのまま食べても美味しいのだが、ほかの料理にアレンジしてもバツグンの美味しさを出してくれるのである。そこで今回は、焼豚のアレンジレシピを紹介する。簡単にできるメニューばかりなので、ぜひ参考にしてみてほしい。

  

1. 簡単アレンジ!ガッツリ大満足な焼豚丼

焼豚をアレンジしたメニューといえば、焼豚丼と想像する人も少なくないだろう。ガッツリ食べられて満足感が得られることもあり、男性からは大人気のメニューである。ここでは焼豚をアレンジした、簡単焼豚丼のレシピを紹介する。
まず、焼豚丼には欠かせないタレ作りから始めよう。醤油、みりん、酒を鍋に入れ弱火で煮詰めていく。このときタレが焦げないように、ときどき鍋底から混ぜるのがポイントだ。チャーシューは薄切りにカットしておこう。丼ぶりにごはんを入れて、薄切りにしたチャーシューをのせる。その上からタレをかけて、小ねぎや刻みのりをトッピングすれば完成である。
好みで味玉やマヨネーズなどをトッピングすると、よりガッツリとした食べごたえのある焼豚丼に仕上がるだろう。手軽にアレンジして作れる焼豚丼は、弁当にするのもおすすめだ。子どもたちもきっと喜ぶに違いないだろう。

2. 焼豚のアレンジおつまみサラダ

ここでは焼豚をアレンジしたおつまみメニューを紹介する。焼豚と長ネギはおつまみにピッタリの組み合わせで、タレを絡めたサラダにすると酒がよくすすむのである。では焼豚をアレンジして作る、ネギと焼豚のやみつきサラダのレシピを紹介していこう。
ネギは2mm幅くらいの斜め薄切りにカットする。焼豚は5mm幅の千切りにしておこう。次にサラダのドレッシングを作っていく。ボウルに醤油、鶏がらスープの素、塩コショウ、ごま油、白ごま、ラー油を入れてよく混ぜ合わせるのだ。そこにカットしたネギと焼豚を投入し、ドレッシングとよく絡めて器に盛れば完成である。
焼豚はもも肉より脂身が多い肩ロースのほうが、サラダにはおすすめだろう。ネギはシャキシャキとした食感を残すために、カットしたあとは水にさらしておくのがポイントである。また、ネギを和えるのは食べる直前がよいだろう。さらに好みで千切りにしたザーサイを入れると、より食感を楽しむことができそうだ。
ほかにも焼豚をアレンジして作る人気おつまみレシピがたくさんあるので、ぜひ作ってみてはどうだろうか。

3. 焼豚入りでジューシー!アレンジ卵炒め

焼豚をアレンジして作る一品料理を紹介しよう。焼豚とキャベツ、卵を炒めて作る料理は、野菜も入っているため栄養面でも安心できるおすすめの一品だ。焼豚は炒めることでジューシーさが増し、ごはんがすすむアレンジレシピになる。
作り方は、まず焼豚とキャベツを一口サイズにカットする。醤油、酒、オイスターソース、水少々を事前に混ぜ合わせておこう。熱したフライパンにカットしたキャベツと焼豚を入れて、キャベツがしんなりするまで炒めたら一度皿に取り出しておく。再びフライパンで油を熱し、よく溶いた卵を入れてふんわりまとまる程度まで炒めよう。先ほど取り出しておいた焼豚とキャベツ、さらに調味料も投入してよく炒める。調味料がしっかり食材に絡まったら、火を止めて器に盛り完成である。
焼豚はすでに味付けされた食材なので、そこまでアレンジを加えずシンプルに塩コショウだけでも美味しく食べることができるだろう。また、卵を入れたあとは火の通りが均等になるように、外側から内側に向かってゆっくり混ぜながら炒めることがポイントだ。相性がよいニラやきくらげを投入するのもおすすめである。

結論

そのまま食べても美味しい焼豚だが、ちょっとアレンジを加えるだけでさらに美味しい料理に様変わりするのだ。今回紹介したアレンジレシピは人気のあるメニューばかりなので、ぜひ家族や友人などにふるまってみてほしい。手軽に作れるレシピが多く、料理初心者にもおすすめである。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年5月 1日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ