このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
すき焼きに使う割り下の作り方とは?アレンジ方法や関西風も紹介

すき焼きに使う割り下の作り方とは?アレンジ方法や関西風も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

鉛筆アイコン 2021年7月23日

すき焼きに使う割り下は、基本を覚えておけば簡単に作ることができる。さらに、めんつゆを使う方法やみりんを使わないアレンジを覚えておけば、割り下に必要な調味料が足りない時も安心だ。さらに割り下を使わない関西風のすき焼きの作り方も紹介するので、割り下を変えていろいろなすき焼きを楽しんでみてもらいたい。

  

1. 実は簡単!割り下の基本の作り方

すき焼きには欠かせない甘辛味の割り下は、基本を覚えておけば失敗なく作ることができる。市販のすき焼きのタレも販売されているが、これさえ覚えておけば、自宅で絶品の割り下を使ったすき焼きを楽しめるだろう。

割り下の作り方

割り下に使う調味料は、醤油、みりん、酒、砂糖などだ。この時、醤油とみりん、酒は1:1:1になるように作るのがポイントだ。事前に調味料をボウルに合わせてから使うといいだろう。砂糖の代わりにザラメを使うこともできる。また、濃いと感じる場合は、ここに水や出汁を足すこともある。好みに合わせて調節しよう。

自家製割り下を使ったすき焼きの作り方

自家製の割り下が完成したら、いよいよすき焼きを作っていく。鍋に牛脂を入れて熱してから、ねぎを入れて焼き色が付いたら取り出す。そこに牛肉を入れてさっと両面を焼く。牛肉に火が通ったら、割り下を入れてから肉を端に寄せ、白菜やしらたき、えのきなどのすき焼きのほかの具材を入れて煮たら完成だ。
また、関東風の作り方として、鍋に割り下を入れて熱し、肉や野菜をそのまま入れて煮込むというシンプルな方法もあるようだ。

2. めんつゆ使用やみりんなしも!割り下の人気アレンジ

めんつゆを使えば、簡単に割り下を作ることができる。割り下にめんつゆを用いる場合は、めんつゆと酒、水、砂糖を合わせて使う。また、めんつゆを水で割るだけでも、割り下の代わりとして使うことができる。肉や野菜から旨みが出るので、めんつゆだけでも美味しい割り下が完成するのだ。

焼肉のタレを使った割り下の作り方

焼肉のタレを使っても、すき焼きの割り下を作ることができる。作り方は、鍋にすき焼きの具材を並べたら、そこに焼肉のタレをかけてふたをして蒸すだけだ。野菜などの具材から水分が出てくるので、焼肉のタレが薄まって割り下のような味わいになる。

3. 割り下を使わない関西風すき焼きの作り方

割り下を使うすき焼きは関東風で、関西風のすき焼きの作り方とは異なる。関東風のすき焼きは事前に割り下を作っておくが、関西風は割り下を使用しない。では、関西風のすき焼きはどのように作るのか見てみよう。

関西風すき焼きの作り方

関西風のすき焼きの作り方は、まず、鍋を温めて牛脂を入れる。そこに牛肉を入れて両面が焼けたら、砂糖を入れる。さらに、その上から醤油と酒を加えるのだ。あとは、通常のすき焼きの材料を水分が出やすい順に入れていき、煮立ったら完成になる。

関東風と関西風の違い

関東風は事前に調味料を合わせて割り下を作っておくのに対して、関西風は鍋の中で調味料を合わせて作っていく。つまり割り下を使うすき焼きではないのだ。しかし、使う調味料は同じなので、すき焼きの味わいはよく似ている。関西風のすき焼きは調味料を足しながら味を調えるので、自分好みの味付けに加減しながら作ることができるのだ。

山形米沢牛のすき焼きの作り方

関東風や関西風があるのと同じように、地域によってすき焼きの作り方が違うことがある。米沢牛で有名な山形県のすき焼きは、野菜を先に鍋に入れてその上から肉を広げてのせる。さらに、上から割り下をかけて煮込むのだ。それぞれの地域のすき焼きの違いを味わってみてはいかがだろうか?

結論

すき焼きの割り下は割合を覚えておけば、簡単に作ることができる。また、めんつゆを使ったり、焼肉のタレを使う方法もあるので、自宅にある調味料で手軽にチャレンジしやすいだろう。また、割り下を使うのは関東風のすき焼きで、関西風は割り下を使わない。地域によってすき焼きの割り下の使い方はさまざまなので、自分の地域に合わせたすき焼きの作り方を楽しんでみてもらいたい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年7月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング