このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
みょうが

みょうがの基本の切り方|そうめんや味噌汁など使い方でチェンジ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

鉛筆アイコン 2021年12月10日

和食においてよきアクセントとなってくれる食材みょうが。みょうがは本州から沖縄にいたるまで自生する植物であり、その独特の香りは日本人に愛されている。薬味や天ぷらなど、用途が広いみょうがはどのような切り方をして使うべきなのか。本記事では、料理にマッチしたカット法も含めて、みょうがの切り方について説明する。

  

1. 基本のみょうがの切り方

みょうが
つぼみのような形状で販売されているみょうがは、初めて扱う場合にはその処理にとまどうかもしれない。どのように洗うのか、皮はどうするのかも含め、みょうがの基本の処理と切り方を見てみよう。

皮はどうする?切る前のみょうがの下ごしらえ

みょうがを切る前の下処理はどうするべきか。その手順の基本はこちらである。
  • 通常は皮は除去する必要はないが黒ずんでいたりする場合は取り除く
  • 穂先の部分に土や泥が付着していることが多いので、その部分を中心に軽く洗う
  • キッチンペーパーなどで水分を除去しておく

切り方1:みょうがの千切り

千切りは、みょうがをカットする際にもっとも用いられる切り方かもしれない。見た目も美しいみょうがの千切りは、以下のような手順となる。
  • 根元の部分を数mm切り落とす
  • みょうがを縦半分に2等分する
  • 根元をV字にカットする
  • 平面となった断面を下にして2mm弱の幅で切っていく
みょうがを縦半分に切った際、内部の芯を取り出しておくとせん切りにしやすい。芯の部分は、別にせん切りにすれば問題ない。

切り方2:みょうがの輪切り・小口切り

みょうがをほかの食材と混ざりやすい形状にする場合は、輪切りにすることが多い。その方法は以下を参考にしてほしい。
  • 根元の部分を数mm切り落とす
  • みょうがを横において、端から細かく切っていく
  • 切ったみょうがは用途に応じて水にさらしほぐす

切り方3:みょうがのみじん切り

タレやソースに活用できるのが、みょうがのみじん切りである。その切り方を見てみよう。
  • みょうがを千切りにする(切り方1を参照)
  • 千切りにしたみょうがを横に置き、端から細かく切っていく

切ったみょうがを水にさらす

香りや苦味が魅力のみょうがにはアクがある。薬味のように生で食べる場合には、水にさらすのが基本である。ただしさらしすぎると風味も激減してしまうため、さらす時間は30秒ほどで問題ない。切るのも水にさらすのも、食べる少し前に行うほうがより風味を維持できる。

2. 使い方に合わせたみょうがの切り方

みょうが
味わいにメリハリをつけてくれるみょうがは、さまざまな料理に活用したい食材である。それぞれの切り方は、どのような料理に向いているのだろうか。使い方にマッチしたみょうがの切り方を見てみよう。

そうめんの薬味のみょうがの切り方

盛夏に食べるそうめんはのど越しがよく食欲を刺激してくれる。みょうがはそうめんの薬味としても活躍してくれる。その場合のみょうがの切り方は、せん切りが向いている。せん切りにしたみょうがは、細長い形状のそうめんに絡みやすいのが理由である。

味噌汁のみょうがの切り方

みょうがはみそ汁の具としても美味しく食べることができる。味噌汁に具材として入れてたっぷりと楽しみたい場合には、みょうがはせん切りにするとよいだろう。いっぽう、ほかの具材が多い場合には輪切りにして、薬味用に絡めると食べやすい。

漬物のみょうがの切り方

みょうががたくさん手に入ったら、甘酢漬けやぬか漬けにして香味を楽しむのも乙である。漬け物にする場合は、みょうがはあまり細かく切らないほうがその食感を堪能できる。甘酢漬けの場合なら縦に4等分か2等分、ぬか漬けの場合も2等分ほどに切って味わおう。

天ぷらのみょうがの切り方

天ぷらにしたみょうがは、おかずとしてだけではなくおつまみにももってこいである。そばやうどんとも相性がよいみょうがの天ぷらは、どのような切り方が向いているのか。みょうがだけをシンプルに天ぷらにする場合には、縦半分に切ったものを揚げるのがおすすめである。いっぽう、かき上げにする場合には少し太めの千切りで対応するとよいだろう。

豆腐の薬味のみょうがの切り方

対照をなす豆腐とみょうがの食感は、夏のメニューとして人気がある。豆腐の薬味としてみょうがを切る場合は、千切りと輪切り、いずれも問題ない。文字通り薬味として使用するのならば輪切りにしてトッピングすればよく、サラダ感覚で食べたい場合には千切りにして楽しむことが可能である。

3. 切ったみょうがの保存方法

地ビールや豆腐
独特の香りが命のみょうがは、できるだけ上手に保存して最後までその風味を楽しみたい。切ったみょうがに関しては、風味が飛んでしまうためなるべく早い消費が好ましい。切ったみょうがが余ってしまった場合には、冷凍保存がおすすめである。専用の袋に切ったみょうがを入れたら、平らにして冷凍する。その際、使いやすいように小分けにラップに包むとさらに便利である。冷凍にしたみょうがの保存期間は1か月を目安としよう。解凍は必要なく、そのまま薬味や具材として調理が可能である。
切っていないみょうがを冷蔵保存する場合は、よく洗った後に水にぬらしたキッチンペーパーなどで小分けにして包み、ポリ袋に密閉すると10日ほど保存がきく。キッチンペーパーは豆に交換することを忘れないようにしよう。また、タッパーなどの容器にみょうがを入れ隠れるくらいまで水を加えて冷蔵保存する方法もある。水は頻繁に交換する必要があるが、この方法で2週間弱は保管が可能である。
この記事もチェック!

結論

和食の世界でその独特の風味が愛されているみょうが。盛夏の食事のおともとして、食欲を刺激してくれる食材である。みょうがはせん切りや輪切りとして活用することが多く、料理に合わせて臨機応変に対応したい。切ったみょうがはなるべく早い消費が好ましいが、小分けにして冷凍するなど、コツも習得して便利に使ってほしい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年12月10日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧