このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
お年玉は新札じゃないとダメ?折り方や新札への交換方法を解説

お年玉は新札じゃないとダメ?折り方や新札への交換方法を解説

投稿者:ライター 宗形ミナ (むなかたみな)

鉛筆アイコン 2021年4月 1日

お年玉は新札で渡すのがマナーとなっている。しかし、忙しい年末はうっかり新札を用意し忘れてしまうこともあるだろう。なかには、「お年玉に渡すお金は必ず新札じゃないとダメなのか?」と疑問に思う方もいるかもしれない。この記事では、お年玉に新札を用意する必要性を解説する。新札がない場合の交換方法や、ポチ袋への入れ方まで紹介するので参考にしてほしい。

  

1. お年玉は新札じゃないとダメなの?

お年玉は新札であげるのがマナーとされているが、必ず新札でないといけないのだろうか。ここでは早速、お年玉のお札を新札で用意する必要性を解説する。

お年玉を新札で用意する必要があるのは、ご祝儀の意味合いがあるからだ。ご祝儀には、新しい門出を祝うという意味がある。そのため、ご祝儀は新札で渡すのがマナーとされているのだ。

また、新札は未使用のお札であり、すぐに準備できるものではない。そのため、新札で渡すということで、相手に「あなたのためを思って、前々からきちんと準備しておいた」という気持ちを伝えられるのだ。お年玉を新札で渡すことで、お互い気持ちのよい新年を迎えられるといえるだろう。

しかしマナーとはいえ、偶然会った知り合いに渡す際など、新札の持ち合わせがないこともあるかもしれない。その場合は、旧札で渡してもOKだ。ただし、新札ではないことへのお詫びや、子どもの幸せを願っていることを伝えるなど、相手の気持ちに配慮して渡すようにしよう。

2. お年玉用の新札がない!どこで交換できる?

新年を気持ちよく迎えられるよう、お年玉のお札はできれば新札でそろえておきたい。では、お札を新札に替えるにはどうしたらよいのだろうか。ここでは、お年玉用にお札を新札へ替える方法を解説する。

新札に替える方法は、銀行の窓口で依頼するか、ATMで両替するかの2択だ。

方法1.銀行で両替をする

一番確実なのが、銀行で両替する方法である。銀行窓口へ行き、新札に両替したい旨を伝えよう。銀行内にある両替用紙の新札希望にチェックを入れて提出することでも、新札に替えてもらえる。

しかし枚数によっては、手数料がかかる可能性もある。両替で利用したい金融機関が、何枚まで無料で対応してくれるか確認しておくとよいだろう。また年末年始は、通常と営業時間が異なる場合もある。お年玉用のお札を両替しに行ったときに、金融機関が休みで両替できない事態に陥らないようにするためにも、事前に金融機関の対応時間を確認しておくのがベストだ。

方法2.両替用ATMで両替する

銀行に設置されている両替用ATMで新札に替える方法もある。手続きの手間を省けるので、忙しい方におすすめだ。ただし、銀行によっては設置されていないところもある。事前に両替用ATMがあるかを確認しておくとよいだろう。銀行の窓口が開いている時間でないと、使用できない可能性もあるので事前の確認が大切だ。

方法3.ATMで限度額まで引き出す

銀行窓口や両替用ATMでの両替ができなかった場合の最後の手段として、通常のATMで限度額まで引き出すという方法もある。限度額まで引き出すと、そのなかに新札が数枚混ざっていることがあるのだ。急ぎで必要な場合は、ATMで限度額まで引き出すとよい。コンビニなら24時間利用可能のため、どんな時でもすぐに用意できるだろう。

3. お年玉用の新札の正しい折り方や入れ方

新札を用意できたら、あとはお年玉用のポチ袋へ入れるだけ。しかし、ポチ袋に入れる際のお札の折り方や入れ方にも正しい方法があるのをご存じだろうか。ここでは、お年玉用の新札の正しい折り方やポチ袋への入れ方を解説する。

新札は三つ折りにする

ポチ袋へ入れる際、新札は基本的に三つ折りにして入れるのがおすすめだ。三つ折りの仕方は以下の通りである。

方法
  • 肖像画が描かれている方を表へ向ける
  • 肖像画が右手側にくるようにし、左側1/3を内側へ折る
  • 右側1/3を2に重ねるようにして内側へ折る

ポチ袋への入れ方

ポチ袋へ入れる際は、お札が上下逆さまにならないように注意が必要だ。お札を開いたときに、肖像画の描かれている方がポチ袋の表面にくるようにするとよい。こうすることで、見た目がキレイに見えるのはもちろんのこと、お年玉を受けとった相手側もお札を開きやすく、金額がすぐに分かるというメリットがあるのだ。

正しい折り方・入れ方にこだわることで、相手へより誠意が伝わる。お年玉用の新札の正しい折り方・入れ方をマスターしておこう。

結論

お年玉はご祝儀のひとつであるため、新札を用意するのが望ましい。新札は銀行窓口やATMで替えられる。ただし両替用ATMがなかったり、年末年始は金融機関の営業時間が変更になっていたりする可能性もある。ギリギリになって慌てることのないように、余裕を持って準備するとよいだろう。正しい折り方やポチ袋への入れ方をマスターして、お年玉を万全な状態で用意できるようにしておこう。
  • 更新日:

    2021年4月 1日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧