このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カーテンレールの天井付けとは?正面付けとの違いやデメリットを解説

カーテンレールの天井付けとは?正面付けとの違いやデメリットを解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年6月22日

カーテンレールには、取り付け方法によって「天井付け」と呼ばれるタイプがある。この記事では、カーテンレールの天井付けにはどのような特徴があるのか、正面付けと呼ばれるタイプとの違いは何かなどを解説する。それぞれのメリットやデメリットのほか、自宅をDIYしたい方向けに、天井付けのカーテンレールを自分で取り付ける方法も紹介しよう。

  

1. カーテンレールの「天井付け・正面付け」とは?

カーテンレールの天井付けとは、窓枠の内側に、ビスを上に向けてカーテンレールを取り付ける設置方法のことだ。また部屋や出窓の天井にカーテンレールをつける方法も、天井付けと呼ばれる。

天井付けのメリットは、窓枠内にカーテンレールが収まることですっきりとした見た目になることだ。また、窓の近くにエアコンやクローゼットの扉などがある場合、窓枠の外にカーテンレールがあればぶつかるおそれがあるが、天井付けなら周囲のものに干渉する心配がない。さらに、天井付けのカーテンレールは廊下や部屋の入り口など幅の狭い場所にも向いている。

天井付けと正面付けは何が違う?

対して正面付けは、窓枠の外側に、ビスを壁に向けてカーテンレールを取り付ける方法を指す。窓枠ごとカーテンで覆えるため、光が漏れないようにできるのがポイントだ。正面付けは光漏れを防ぎたい寝室のカーテンや、窓を大きく見せたい場合に適している。

ただし真横にエアコンなどがある場合、カーテンレールが窓よりも手前に出ることで、レールがぶつかってしまうといった問題点もある。そのため、天井付けと正面付けのどちらがいいか悩んだ際は、まわりの干渉しそうなものの有無にも考慮しよう。

2. 「天井付け」カーテンレールの特徴とデメリット

天井付けのカーテンレールには、窓枠の内側にレールをつけることで、カーテンを閉めても上下左右にわずかな隙間ができるというデメリットがある。それにより光が漏れる、隙間から暖気や冷気が逃げるなどの問題にもつながってしまう。
しかし、天井付けによる光漏れや暖房・冷房効果減少といったデメリットは、以下のように工夫すれば対策できるだろう。毎日を快適に過ごすためにも、ぜひ参考にしてほしい。

光漏れへの対処法

天井付けのカーテンレールと窓の隙間から光が漏れないようにするには、カーテンレールを隠す「カーテンボックス」を使うといい。カーテンボックスでレール部分を覆うことで、上からの光が漏れにくくなる。
左右から光が漏れる場合は、リターン仕様のカーテンレールを使うのがおすすめだ。リターン仕様とはカーテンレールのサイドにリターンフックと呼ばれるフックがある構造を指し、カーテンの端をかけることで横からの光漏れを軽減できる。

暖房・冷房効果減少への対処法

カーテンレールを天井付けすると暖房・冷房効果が下がってしまいがちだが、その場合もカーテンボックスが役に立つ。レールの上部をしっかり覆うことで暖気や冷気の放出を抑え、暖房・冷房効果を維持しやすくなるだろう。また、できるだけ隙間を少なくするために、カーテンの採寸を正確に行うことも重要だ。

3. カーテンレールを「天井付け」にする際の注意点

新居にカーテンレールがなかったときや窓まわりをDIYするときなどは、自分でカーテンレールを設置する機会もあるだろう。カーテンレールの取り付けは一見難しそうだが、実は業者に頼まなくても自力で行える。

ただし、正面付けと同じく、天井付けのカーテンレールも「下地」がないと設置できない。下地とは天井や壁の内部にある柱を指す。下地がないとビスがしっかり固定できないため、設置したカーテンレールが落下してくる危険性もあるのだ。天井付けのカーテンレールを取り付けるには、必ず最初に下地があるか、位置はどこかを確認しよう。

下地があるか確認するには?

下地の有無は、家の施工業者や管理会社に確認するのがもっとも確実だ。また、壁や天井を叩いた際に鳴る音でも調べられる。下地がない場合は鈍い音がするが、ある場合はコンコンと軽い音がする。針を刺して下地を探すグッズも売っているので、それを使うのもひとつの手だろう。

業者に取り付けを依頼した場合の費用相場

DIYが不安な方は、天井付けカーテンレールの設置を業者に依頼することも可能だ。業者に依頼した場合にかかる費用はエリアや取り付け場所によって大きく異なるため、一概にいくらとはいえない。だいたいの目安としては、2~4万円の費用がかかると考えておこう。

結論

カーテンレールの設置方法には天井付けと正面付けの2種類があり、それぞれ向いている設置場所が異なる。どちらにしようか迷った際は、どのような見た目にしたいか、まわりにものがないかなどを吟味し、ご自宅にぴったりのカーテンレールを取り付けてほしい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年6月22日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ