このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

缶詰を電子レンジで温める方法は? レンジでかんたん鯖缶レシピも

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月15日

気軽に食べられて、料理の一品や非常食としても使える缶詰は、いつの時代も人気が高い。かつてはカレー缶がブームになり、最近では鯖缶が大人気だ。どちらも温めて食べるとおいしいのだが、缶詰の正しい温め方をご存じだろうか。電子レンジや湯煎での温め方、さらに電子レンジを使った缶詰レシピを紹介しよう。

1. 缶詰を電子レンジで温めるのは危険?

缶詰を電子レンジで温めても大丈夫なのだろうか。電子レンジをくわしく知れば、何が危険なのかもわかってくる。まずは電子レンジの仕組みについて紹介しよう。

電子レンジで温まる仕組み

電子レンジは、マイクロ波という電磁波で食品を温めている。1秒間に24億5千万回も振動するマイクロ波を食品にあてることで、食品中の水分子間に摩擦を起こし、発熱させるのだ。よって、水分量が少ないものは温まりにくく、場所によって水分量が違うと、加熱ムラが出てしまう。

電子レンジに金属は危険

金属を電子レンジで加熱すると、火花が散ることがある。金属がマイクロ波を浴びて表面の電子の動きが活発になり、とがった部分から放電して火花が発生するのだ。故障の原因にもなるので、電子レンジに金属を入れるのは危険だ。金属製の缶を使った缶詰は、中身を別の容器に移し替えて温めよう。

電子レンジで上手に温めるには

電子レンジで缶詰の中身を上手にあたためるには、食品の破裂や加熱ムラを防ぐことが大切だ。ソーセージや魚などの皮や膜がある食材や、肉などのかたまりは破裂することがある。よって、フォークで穴を開けたり、包丁で切れ目を入れたり、小さくほぐしてから温めよう。カレーなど、中身に水分が多いものは加熱ムラが起きやすいが、途中で一度混ぜ合わせるとムラがなくなるだろう。

2. 缶詰を湯煎で温める方法

電子レンジもよいが、湯煎で温める方法もおすすめだ。アウトドアでもお湯さえあれば温められるので、覚えておこう。

【手順】

  • 鍋に缶詰が浸かるくらいのお湯を沸騰させる。
  • 沸騰したら火を止める。
  • 缶詰をお湯に入れ、5分ほど置く。
熱伝導率が高い金属製の缶は、すぐに缶自体が熱くなり、その熱で中身をじんわりと温める。湯煎なら全体がお湯に浸かっているので、全面から温めることができるのだ。肉や魚などの缶詰は、温めることで脂が溶け、風味や香りがアップするだろう。ただし湯煎後は、缶詰が高温になり、やけどをする危険もあるので要注意だ。

3. 鯖缶やカレー缶で!レンジを使ったかんたん缶詰レシピ!

人気の高い鯖缶とカレー缶は、温めてご飯に合わせるだけではもったいない。電子レンジを使ったかんたんレシピや、2つの缶詰にぴったりな食材を紹介しよう。

鯖缶

現在大人気の鯖缶は、みそ味、しょうゆ味、水煮など、味のバリエーションを楽しめる。そんな鯖缶を使った、電子レンジでできるかんたんレシピを紹介する。

鯖トマトカレー

人気の鯖缶で、かんたんにおいしいカレーが作れる。鯖はトマトやカレーとの相性もバッチリだ。

【材料】(3人分)
鯖缶(水煮)1缶、トマト缶(カット)1缶、カレールー2かけ、チューブにんにく、チューブしょうが、ケチャップ、ウスターソース(適量)

【手順】
  • カレールーをざっくり刻む。
  • 耐熱容器に材料を入れ、軽く混ぜる(鯖は破裂するおそれがあるので、フォークで刺したり、身をほぐしたりしておくこと)。
  • ラップをして電子レンジで5~6分温める。
  • 取り出してよく混ぜ合わせる。

鯖キムチチゲ

鯖缶を使った、シンプルでヘルシーなキムチチゲのレシピだ。鯖缶の種類はお好みのものを選ぼう。野菜を入れたり、水を追加したりしてもよいだろう。

【材料】(2人分)
鯖缶(お好みで)1缶、豆腐1丁、キムチ、ごま油(適量)

【手順】
  • 豆腐を好みの大きさに切って耐熱容器に並べる。
  • 豆腐の上に鯖缶を汁ごと入れ、キムチを乗せる(鯖は破裂するおそれがあるので、フォークで刺したり、身をほぐしたりしておくこと)。
  • ラップをして、電子レンジで3分ほど温める。
  • 取り出して、ごま油をかける。

カレー缶

具材も豊富で、味付けもしっかりしているカレー缶は、温めてご飯にかけるだけでも料理が完成するが、ご飯以外にもぴったりな食材があるのだ。

パン

カレー缶の中身を電子レンジで1分ほど温める。それをトーストした食パンの上に乗せたり、薄めの食パン2枚ではさんで、ホットサンドにしてもよい。チーズをプラスするのもおすすめだ。

そうめん

そうめんのつけ汁としても、カレー缶は活躍する。カレー缶の中身を電子レンジで1分ほど温めたものに、そうめんをつけていただこう。その他にも、少し手間はかかるが、そうめんとカレー缶をフライパンで炒めたそうめんチャンプルーもおすすめだ。

豆腐

豆腐を好みの大きさに切って、電子レンジで2~3分温める。カレー缶の中身を電子レンジで1分ほど温め、それを豆腐の上にかけて食べよう。冷やした豆腐にそのままカレーをかけた「カレー冷や奴」もおすすめだ。

結論

温めることでおいしさがアップする缶詰は、手軽に電子レンジで温めたい。しかし、電子レンジに缶のまま入れないことや、破裂防止に食材の中身をほぐすなどの対応をすることが重要だ。正しい温め方を守って、缶詰のおいしさをたっぷり堪能してもらいたい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ