このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
サイドボードとはどんな家具?キャビネットとの違いや使い方アイデア

サイドボードとはどんな家具?キャビネットとの違いや使い方アイデア

投稿者:ライター 松本マユ (まつもとまゆ)

2020年10月18日

サイドボードはオシャレな見た目でありながら機能的な家具で、インテリアに取り入れてみたい方もいるだろう。しかしキャビネットや食器棚との違いがわからず、どう使えばいいかわからないという声も聞かれる。そこで今回はサイドボードとはどのような家具か解説し、使い方のアイデアや置き場所の例、選び方のコツを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. サイドボードとは?キャビネットや食器棚との違い

サイドボードとは収納用の家具の一種を指す。もともとはダイニングに置かれるのが一般的で、食器類を収納したり、テーブルの横に置いて配膳の際に使ったりするものだった。「サイド」が「脇」を意味するように、サイドボードはあくまで補助的な立ち位置の家具だったとされる。

しかし近年はダイニングだけでなくリビングにも置かれ始め、食器以外にもさまざまなものを収納するようになってきた。現在ではむしろ、リビングで使うほうが一般的になっているようだ。「ローボード」とも呼ばれ、テレビ台や飾り棚として使われることも多い。

キャビネットとの違いは?

サイドボードとはさまざまなものを収納できる家具だと説明したが、同じく収納家具であるキャビネットとは何が違うのだろうか。
キャビネットとは箱型の家具を指し、衣服や食器の収納に使う。洋風のタンスのようなイメージでいいだろう。配膳台として使われていたサイドボードが上にものを置けるくらい低いのに対し、キャビネットは高さがあるのが特徴だ。

食器棚との違いは?

ご存じの通り食器棚とは食器を収納するための棚を指し、一般的にキッチンやダイニングに置かれる。サイドボードはもともと食器を入れたり配膳の補助をしたりするために使われたため、サイドボードも食器棚のひとつといえるかもしれない。とはいえ、現在のサイドボードは食器を収納する以外の用途でも使われ、使用用途が幅広い点と趣向性が高い点で異なるだろう。また、食器棚はサイドボードのように背が低いとは限らない。

2. サイドボードとは何を入れてどこに置くもの?

サイドボードとはもともと食器類を収納していた家具のため、カトラリーを入れるための引き出しや皿を並べるための棚がついている。
収納力が高いサイドボードには、食器はもちろん、小物類や雑貨などさまざまなものを入れられる。リビングに置きテレビのリモコンや本などを収納したり、引き出しや扉で中のものを隠せるため、ごちゃごちゃした小物類をしまったりするのにも向いている。
また、サイドボードをベッドの横に設置し、目覚まし時計やメガネなどの小物を置くのもおすすめだ。

3. サイドボードの使い方アイデアとは

サイドボードにはさまざまな用途がある。ここでは、サイドボードの使い方のアイデアをいくつか紹介しよう。

食器棚として使う

サイドボードとはもともと食器棚として使われてきたものだ。収納力が抜群なので、ダイニングに置いて食器類を収納しよう。キッチンが狭く食器棚を置けない場合や、上にものを飾ってダイニングのインテリア性を高めたい場合に使うのも向いている。

テレビ台として使う

上にテレビを置いて使う方法もメジャーだろう。棚の中にDVDレコーダーを収納できる、コード類をすっきり隠せるというメリットもある。リモコン類やDVDも収納できるうえ、リビングの雰囲気もオシャレになりやすい。

本棚として使う

リビングや寝室に置き、本棚として使うというアイデアもある。高さのある棚には雑誌や図鑑など大きめの本も収納できるだろう。文庫本など小さい本はボックスなどに入れるとよりキレイにしまえる。

写真を飾る

サイドボードは背が低いため、飾り棚として使うのもおすすめだ。リビングで思い出の写真やオシャレな雑貨、観葉植物などを飾ることで、インテリア性の高いスペースを作れる。

コレクションを飾る

透明な扉のサイドボードを使い、コレクション類をディスプレイするのもいいだろう。透明な扉で中を見せつつも、ホコリがつかないようガードできる。見せる収納として、機能性もインテリア性も兼ね備えた使い方といえる。

4. サイドボードの選び方のコツとは

サイドボードを上手に選ぶコツは、サイズや素材、色に注目することだ。狭い部屋の場合は低めのサイドボードを選び、圧迫感が出ないようにしよう。ある程度広い部屋には幅広タイプのサイドボードがおすすめだ。
素材は木材が多く、すべてを天然木で作った素材の「無垢材」や、ベニヤ板を加工した「突き板」などがある。扉の部分にガラスを使ったものもあるので、用途に応じて選ぶといい。
色は木目のぬくもりを生かしたもののほか、スタイリッシュな黒、明るくシンプルな印象の白などさまざまだ。色によって雰囲気が変わるため、どのような部屋を作りたいかイメージしてから選ぼう。

結論

サイドボードとは収納家具のことで、リビングをはじめダイニングや寝室などに置いて使える。テレビ台や食器棚、飾り棚など用途もさまざまなので、いろいろな使い方ができインテリアに役立つだろう。自宅に合うデザインやサイズを選び、サイドボードをうまく活用したい。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ