このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

革靴のシワを防ぐ方法と治す方法。革靴にシワができる原因って何?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月21日

革靴は履き慣れてきた頃にシワができることがあるが、履きジワを防ぐには、さまざまな方法がある。万が一、シワができてしまった革靴を自分で治す方法はあるのだろうか。今回は、革靴のシワを防ぐ方法と治す方法について紹介する。

1. 革靴にシワができる原因とは?

革靴がシワになる原因の一つとして、反り返りが影響している。革靴を履いていると、甲の部分が反り返ることで次第に履きジワができてしまう。それを放っておくと、ひび割れになることもある。シワは伸ばす方法があるので対処することは可能だが、ひび割れになると治すことができないので、そうなる前にシワを防ぐことが大事だ。

そもそもシワやひび割れの原因とは、乾燥によって引き起こる場合がほとんどだ。そのため、乾燥を防ぐためにお手入れをする必要がある。また、お手入れだけではなく、シワができないための履き方をすると、シワができにくくすることにつながる。

革靴のシワを防ぐ方法

革靴のシワは、毎日履き続けることで甲の部分が反り返ることが主な原因となりできてしまう。そのため、1足を毎日履き続けるとシワになりやすいので、3足ほどの革靴を順番に履くことをおすすめする。そうすることで、それぞれの革靴を休ませてあげることができる。そして、最も気をつけるべきだと言える乾燥を防ぐためには、日頃のお手入れがポイントとなる。脱いだあとに放っておくのではなく、正しいお手入れをすることで、乾燥を防ぐことができるのだ。

では、革靴専用のクリームを使ったお手入れ方法をみていこう。

2. 革靴にクリームを塗る手順

革靴のお手入れをする際に、クリームは必須アイテムだと言える。クリームを使ってお手入れをする際には、まずは使用する道具を揃えよう。

・シューキーパー
・馬毛ブラシ
・豚毛ブラシ
・クリーナー
・革靴用クリーム
・クロス

これらの道具を揃えたら手順に沿ってお手入れを開始する。まず、はじめにシューキーパーを使って革靴の形を整える。シューキーパーを使う際には、靴紐を解いてから入れるようにしよう。そして馬毛ブラシでゴミなどの汚れを落とす。ここまで済んだら、クリーナーをクロスにとって革靴の汚れをさらに落としていく。その際には、力を入れずに優しく汚れを落とすよう心がけよう。汚れがひどい部分は、円を描くようにして磨くとよく落ちる。

しっかり汚れが落ちたら、クリームを使って豚毛ブラシで磨いていく。その際には、クリームを馴染ませるように磨くのがポイントだ。最後に、クロスで余分なクリームを拭き取って完了だ。クリームは革靴にとって栄養を与えるもではあるが、塗りすぎずに少量を全体に馴染ませるのが正しい使い方である。

クリームを塗る際には、マッサージするように革靴に浸透させることが大事だ。その際には、ある程度力を入れても問題ない。では、そんな革靴のシワを伸ばす方法についてみていこう。

3. 革靴のシワを伸ばす方法と色落ちを防ぐ方法

革靴にシワができてしまった際に、簡単に伸ばす方法があることをご存知だろうか。革靴のシワはなかなか伸ばすことができないと思っている人が多く、専門の職人にお願いする人も多い。しかし、実はどこの家庭にもある道具で簡単に伸ばす方法がある。

革靴のシワを伸ばすにはアイロンが便利

アイロンを使って革靴のシワを伸ばすには、まずは革靴専用のクリームを用意する。布にクリームをとり、革靴のシワになった部分につけて、そこに手で水をつける。そしてアイロンを中に設定して、タオルなどであて布をしてスチームをシワの部分に当てる。長時間アイロンを当てるの革が傷むので気をつけよう。そうすることで、シワを伸ばすことができる。革靴を履く際にもう一つ気になるのが、色落ちだ。そんな色落ちを防ぐ方法についてみていこう。

革靴の色落ちを防ぐには?

革靴を履いていると色落ちが目立ってくることがある。お気に入りの革靴の色落ちを防ぎ、より長く履きたいという人は多い。革靴の色落ちは、乾燥が原因になる。乾燥すると、革靴が全体的に白っぽくなる。

さらに、歩いていてこすってしまった部分が色落ちするということもある。それを防ぐためには、やはり革靴専用のクリームを定期的に塗ることがおすすめだ。革靴専用のクリームは乾燥を防ぐだけではなくて、全体をコーティングする効果もある。そのため、日頃から革靴のお手入れは忘れずに行うことを心がけよう。

結論

革靴は大事にすると長持ちするが、お手入れをしなければシワや色落ちにつながるので注意が必要だ。シワを伸ばすことは自宅でできる方法もあるが、失敗を避けるためにもできるだけプロにお願いすることをおすすめする。革靴の正しいお手入れ方法を知り、いつまでも大事に履くよう心がけよう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ