このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

革靴の正しいお手入れ方法と、革靴を長持ちさせるコツ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月21日

革靴はデリケートなため、こまめなお手入れが必要だ。たとえ、おしゃれな革靴を履いていてもお手入れをしていないとシワや傷が目立ってしまって見栄えが悪くなってしまうこともある。そこで、革靴をお手入れする方法と長持ちさせるコツについて紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 革靴をお手入れする方法とは?

革靴を手入れする際に用意する道具は、ほどんどの靴屋に置いてある。

革靴のお手入れに使う道具

・シューキーパー
・馬毛ブラシ
・豚毛ブラシ
・クリーナー
・革靴用クリーム
・クロス

革靴のお手入れ方法の手順

1.はじめに革靴の中にシューキーパーを入れ、形を整える。

2.次に馬毛ブラシでホコリなどのゴミを落とし、クリーナーをつけてクロスで表面の汚れを落とす。

2.革靴用クリームを塗って豚毛ブラシで力を入れずにこすり、馴染ませたら、クロスで残ったクリームを拭き取ったら完了だ。

革靴は表面の状態を綺麗に保つための手入れはもちろんだが、形が崩れないためにも定期的に手入れする必要がある。革靴用クリームは塗りすぎず、500円玉程度の量をつけて円を描くように磨くと効果的だ。

2. 革靴をお手入れする頻度

革靴の手入れは、毎日行う必要はなく、クリームを使うような掃除頻度は、一つの目安として月1回でいいだろう。だたし、買って間もない革靴と、1年以上履き続けている革靴ではその頻度は変わる。あまりクリームを塗りすぎても、革が柔らかくなりすぎてしまうので、革靴の手入れに慣れてきたら、期間ではなく革靴の状態を見て、乾いてきたらクリームを塗るようにするのがいいだろう。

また、革靴は毎日同じものを履くとシワや傷につながるので、2〜3足を交代で履く方法がおすすめだ。複数の靴を交代で履くことで、それぞれが傷みづらくなり、結果的にそれぞれの寿命が延びるのだ。1回履くごとにブラシをかけ、汚れを落とすなど軽く手入れをするとより長持ちする。

革靴の1回ごとの手入れは?

革靴は1回履いて外を歩くだけで、ほこりなどのゴミがついてしまうものだ。それを放置すると、革靴の表面の油を吸い取り、乾燥につながる。乾燥は革靴のシワの原因となるので、できるだけ防ぎたいところだ。そのため、1回履くごとに必ずブラシでほこりを落とすことが大事だ。

また、革靴は水分も大敵で、雨などの水分は革靴のシミの原因となってしまうので必ずお手入れしてから収納しよう。濡れてしまった革靴はしっかりと水分を拭き取り、中にキッチンペーパーや新聞などを入れ風通しのよい日陰で乾燥させる。ちなみに、新聞紙の場合インクが靴に付着する可能性もあるので、できればキッチンペーパーの方がよい。また、キッチンペーパーは靴の形に合わせて入れたほうがよい。

3. 革靴用クリームの効果と使用上の注意点

革靴は人の肌と同じように、コラーゲンが含まれている。革靴用のクリームは、保湿の役割を果たし、革靴の乾燥を防ぐことにつながる。クリームを使用する際には、様々な注意点がある。

・クリームを直接革靴につけない
・クリームのつけ過ぎはNG
・仕上げに余分なクリームは拭き取る

クリームを直接革靴につけたり、大量にクリームをつけたりして磨くと、シミの原因になってしまうことがある。そのため、クリームを使用する際には必ず布につけてから磨くようにしよう。光沢を出すためには、仕上げに余分なクリームを拭き取り、さらにナイロン素材の布を使って吹き上げると効果的だ。

基本的な手入れに使用するクリームは、乳化性のものがおすすめだ。乳化性のクリームは、革靴に水分と栄養を与える。その他、表面にツヤを出したいときには、油性のクリームがおすすめだ。革靴を手入れする際のクリームは、その時の状態を見て使い分けることで、よい状態を維持するよう心がけよう。

4. 革靴に傷がついたときの対処法

お気に入りの革靴に傷がついてしまったときには、自分で補修する方法がある。その際に用意するものを紹介する。

・馬毛ブラシ
・色付きクリーム
・豚毛ブラシ
・布

1.馬毛ブラシで革靴のホコリなどのゴミを落とし、色付きクリームと布を使い磨いていく。
2.豚毛ブラシを使ってクリームを均一に伸ばしながらブラッシングする。
3.最後に余分なクリームを布で拭き取る。

クリームを選ぶ際には、革靴の色より少し明るめの色を選ぶことをおすすめする。この方法で手入れをすると、浅い傷であればだいたい目立たなくなるが、それでも気になる場合にはワックスを使って鏡面磨きをすると、傷がさらに見えなくなる。自分でできる対処法で目立たなくなる傷は、自宅で簡単に対処可能だ。しかし、深い傷や大きい傷の場合には専門のお店に依頼したほうがよい。お気に入りの革靴は長く履くためにも、傷はその都度対処するよう心がけよう。

結論

革靴は手入れが大変と思っている人もいるようだが、大事にすると非常に長持ちする。頻度を守り、正しい方法で手入れすることで、綺麗な状態を維持することが大事だ。革靴の手入れをきちんと行い、お気に入りの革靴をより長く履くよう心がけよう。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ