火を使わず簡単"蒸し鶏"!
炊飯器で作れるカオマンガイ

今回は、蒸し鶏を使った「カオマンガイ」という少し聞き慣れない料理にチャレンジしてみよう。「カオマンガイ」はタイやマレーシア、シンガポールで一般的に食べられている料理で、旨味が凝縮されたチキンライスのこと。本来はじっくりゆであげて作るカオマンガイだが、今回は、炊飯器でサッと作れるレシピを公開する。お米も一緒に炊けるため、お手軽であることはこのうえなしだ!

Step1

<子どもと一緒に!>鶏ムネ肉の下処理をしよう

鶏ムネ肉はさっと水洗いして、水気を拭いたら脂身を除こう。脂身を除いた後は、お子さんの出番だ。下味が入り込み易くするために、お子さんにはフォークを使ってブスブスと穴をあけてもらい、砂糖、塩をもみこんでもらおう。さらにニンニク、ショウガをすりこんだあと、片栗粉を表面にまぶす。炊飯器に水、米、酒を入れ、下処理した鶏ムネ肉を入れてスイッチオンするだけ!鶏肉特有の臭みをとるためにも、白ネギ(青い部分)を入れることをおすすめする。お子さんのお手伝い前とお手伝い後は、念入りに手を洗ってもらうことは忘れないように。

この記事もCheck!

Step2

旨みたっぷりの甘辛香味ダレを作ろう

耐熱皿に甘辛香味だれの調味料(★)を入れてラップをする。500wのレンジで1分30秒加熱したあとレモン汁を加える。

この記事もCheck!

Step3

あとは切るだけ!

付け合せの具のキュウリを千切り、トマトは薄切りに。鶏ムネ肉を炊飯器から取り出し、1cm幅くらいに切る。

この記事もCheck!

完成!

炊きあがったご飯のうえに鶏肉をのせて、付け合せにキュウリ、トマトや香草をのせたら完成だ。苦手でない方は、甘辛香味ダレにパクチーも加えてみるとよりアジアンテイストになる。今回は、ご飯も炊くレシピを紹介したが、もちろん蒸し鶏単体で調理しても良いだろう。炊飯器で作れる蒸し鶏の作り方を覚えておけば、さまざまなアレンジにも使えるので、ぜひトライしてほしい。

材料 材料

4人分

  • 鶏ムネ肉1枚(300g)
  • 砂糖3g(肉の1%)
  • 3g(肉の1%)
  • おろしニンニク小さじ1/2
  • おろしショウガ小さじ1/2
  • 片栗粉大さじ1
  • 2カップ
  • 2合
  • 大さじ1
  • 白ネギ(青い部分)2本
  • <付け合せの具> 
  • キュウリ2本
  • トマト1個
  • 香菜やベビーリーフ適量
  • <甘辛香味だれ> 
  • ★おろしニンニク小さじ1/4
  • ★味噌大さじ1と1/2
  • ★練りゴマ大さじ1
  • ★砂糖大さじ1
  • ★ゴマ油大さじ1
  • ★白ネギみじん切り60g
  • ★しょう油大さじ1
  • レモン汁大さじ1
投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部
この記事を共有する
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

おすすめ記事

この記事が気に入ったらいいね!をお願いします!

facebookで最新記事をお届けします。

 
ページトップへ ページトップへ