このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
寂しいなんて言わせない!男の矜持【俺チョコ】とは?

寂しいなんて言わせない!男の矜持【俺チョコ】とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 出口美輪子(でぐちみわこ)

2020年2月29日

日本においてバレンタインデーとは、ご存知のとおり「女性が、好意を持つ男性にチョコレートを贈る」イベントだ。仕事などでお世話になっている方向けの「義理チョコ」や、友達にプレゼントする「友チョコ」も浸透しつつあるが、この数年話題になっている「俺チョコ」をご存知だろうか。今回は俺チョコについてご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「俺チョコ」とは?

「俺チョコ」というのは、簡単に言えば「バレンタインに、男性が自分のために買うチョコ」のことだ。最近、「俺の〇〇」という名前の商品がブームになっているが、言ってみれば俺チョコもそのひとつであり、じわじわと人気を集めている。

俺チョコはこの数年でよく聞かれるようになった言葉で、2015年のサロン・デュ・ショコラというイベントで使われたことが始まりと言われている。

日本においてバレンタインはもともと「女性から男性へ」チョコを贈るイベントだが、最近ではバレンタイン前のチョコレート催事場に来る客の4人に1人は男性客と言われている。デパートやお菓子屋さんにはいつもは見かけないようなさまざまな種類のチョコが並ぶ。チョコや甘いものが好きな方にとっては、男女問わず、見ているだけでも楽しいイベントだ。

男性から女性へチョコを贈る「逆チョコ」という言葉も有名になりつつあるほど、甘党の男子は確実に増えているようだ。ある調査では、男子高校生の3人に1人が「バレンタインにチョコを渡す」という結果が出ている。こうした動きからすれば、「男性が自分自身のご褒美としてチョコを買う」という最近の流れも不思議ではないのかもしれない。

2. 「俺チョコ」を楽しむポイント

せっかく自分のためにチョコを購入するのなら、俺チョコを思い切り楽しみたい。そのためには、バレンタイン直前ではなく少し早めの時期にチョコを探しに行くことが大切だ。というのは、バレンタインが迫ってくると女性客が増えたり、人気のある商品は品切れになってしまったりするからだ。また開店すぐの時間帯を狙うようにすると、比較的落ち着いてチョコを見ることができる。

また俺チョコにおすすめなのは、次のようなタイプのチョコだ。
  • 産地別のチョコ...最近では原料のカカオ豆の産地を意識したチョコが増えている。産地ならではの良さを活かすために、甘さが控えめでビターなタイプも多い。甘いものがあまり得意ではない男性にも食べやすい。
  • いろんな種類のチョコの詰め合わせ...同じ種類のチョコがたくさん入っていると、途中で飽きてしまうことも多い。いろんな種類のチョコが入った詰め合わせなら、少しずつゆっくりと楽しむことができる。

3. バレンタインの実情とは?

俺チョコの魅力は分かったけれど、「バレンタインには、やっぱり女性からチョコをもらいたい!」という方や、「どのくらいの男性がチョコをもらえているの?」ということがひそかに気になっている人も多いかもしれない。

2015年に行われたある調査によれば、「去年のバレンタインに何人からチョコをもらいましたか?(家族は除く)」という質問に対して、そもそも「チョコをもらった」という方の割合は全ての年代で半分を切っていることが分かった。チョコもらえた割合が最も多かった30代でも「42.1%」という結果になっており、そのうち「2~3人からもらった」という方が一番多い。「1人からもらった」「4~5人からもらった」という方がそれに続いている。

結論

俺チョコとは「男性が自分のためにチョコを買う」ことで、最近ブームになりつつあることがよく分かった。バレンタインに思いを寄せる女性からチョコをもらうのはもちろん嬉しいことだが、時には自分のためにとっておきのチョコを選んでみるのもいいかもしれない。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ