このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
コーヒープレスとは?使い方、ハンドドリップとの違いを詳しく解説!

コーヒープレスとは?使い方、ハンドドリップとの違いを詳しく解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 出口美輪子(でぐちみわこ)

2020年2月 7日

コーヒーには色々な抽出方法があるが、そのなかでも最近注目を浴びているのが「コーヒープレス」。コーヒー初心者の方でも手軽に淹れることができ、コーヒー豆の香りや風味を楽しむことができると評判だ。そこで今回は、コーヒープレスの特徴やハンドドリップとの違いについてご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. コーヒープレスとは

コーヒープレスは、19世紀半ばにフランスで生まれた道具である。日本では、紅茶を淹れる時に使われることが多いが、コーヒー用の抽出器具としても使うことができる。

コーヒープレスには様々な呼び方があり、地域によって異なっている。
  • フレンチプレス
  • メリオール
  • プランジャーポット
  • コーヒーマシンピストン
  • プランジャーコーヒー
  • プレスポット
コーヒープレスの特徴は大きく2つある。1つ目は、初心者でも簡単に抽出できる点だ。そして2つ目は、コーヒーに含まれる油分「コーヒーオイル」をしっかりと抽出することができる点だ。このコーヒーオイルには、旨味や甘味が含まれている。紙フィルターを使うハンドドリップの場合には、このオイルが紙によって取り除かれてしまう。つまり、コーヒーそのものの香りや風味を味わいたい方には、コーヒープレスはぴったりの抽出器具というわけだ。また、細かい粉も一緒に抽出されるため「口の中で味が持続しやすい」という特徴もある。

2. コーヒープレスとハンドドリップの違い

コーヒーの抽出方法のなかで、最も一般的な方法と言えば「ハンドドリップ」だろう。ハンドドリップで必要な道具は少なくドリッパーやペーパーなどだけのため、コーヒー初心者や単身世帯の方でも気軽に揃えることができる。

では、コーヒープレスとハンドドリップの違いについて整理してみよう。
  • 味の安定感...コーヒープレスは、分量や時間を守れば誰でも簡単に安定した味に抽出できる。それに対して、ハンドドリップは道具や技術(お湯の注ぎ方や抽出時間)などによって味が異なり、味を安定させることが難しい。
  • コク...コーヒープレスを使うと、コーヒーオイルや細かいコーヒーの粉も一緒に抽出されるため、ハンドドリップに比べて、より深いコクを楽しむことができる。これは、最大の違いである。
  • 舌ざわり...コーヒープレスで淹れたコーヒーは、コーヒーオイルが抽出されるためまろやかで重みが出る。それに対して、ハンドドリップの場合は、紙フィルターを使うためすっきりとした味わいが楽しめる。

3. コーヒープレスを使う時のポイント

コーヒープレスの使い方は、とても簡単だ。挽いたコーヒー豆を用意し、コーヒープレスに入れる。その上からお湯を注いで3~4分間蒸らす。その後、コーヒープレスの蓋をゆっくりと下げるだけだ。ドリップする時間がない時にも手軽に使うことができる。

コーヒープレスは「味の安定感」が期待できる抽出方法だが、より美味しいコーヒーを淹れるために以下のポイントを覚えておこう。
  • 新鮮なコーヒー豆を使う...これは、コーヒープレスに限らず、どの抽出方法で淹れる場合にも共通することだが、豆本来の味がよりダイレクトに味わえるコーヒープレスだからこそ、豆の鮮度にはこだわりたい。
  • 粉は粗挽きにする...コーヒープレスにおすすめの挽き方は、中粗挽きから粗挽きだ。細挽きにすると、金属のフィルター部分に粉が多くついてしまい飲みにくくなってしまう。
  • お湯の温度は95~100℃にする...新鮮な水を沸騰させて、1分程度置いてから使用しよう。ただし、浅煎りのコーヒー豆を使う場合には、沸騰したばかりの100℃のお湯を使うこともある。

結論

コーヒープレスは、豆本来の香りや風味を楽しみたい方にぴったりであることが分かった。忙しい時でも簡単に抽出でき、コーヒー初心者でも安定した味を楽しむことができるなど幅広いニーズに応えることのできる抽出方法である。コーヒー好きの方は、ぜひ試していただきたい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >